2階のレストラン、海鮮庵のバリバリ天丼には、がっかりしましたが、
さぁ、気を取り直して、お夕飯のお買い物。

水槽に活きた魚を入れているお魚屋さんや、
海老煎餅屋さん
干物専門店などがありました。

1階の様子



魚がずらぁり


海老も沢山


不思議なことに、鰻を売っているお店は少ないように感じました。

ここで、鰻を買う人が多かったようです


これはお魚屋さんの鰻の上に置かれていたものです。
ちょっと、話題になってましたからねぇ~。

今、話題の・・・


蛸です。

買っては来なかったのですが、この蛸の干物には、びっくり。
近くによると、すごい匂いを放ってました。

家から車だとそんなに遠くないので、これからも、時々買い物に連れてってほしいな。
愛知のお店(名古屋、岡崎以外) | コメント(6) | トラックバック(0)
  海鮮庵

夏休みが始まりました。
でも、私達夫婦は、子供達にも相手にされず、行楽の予定もありません。
「夏だしなぁ~、海でも行くか。」と、主人。
「泳ぐのぉー?」(O.O;)
「いやいや、見るだけ」
へえ、珍しいわねぇ、と思いながらも、いそいそと車に乗り込みました。

連れて行ってくれた先は、一色町。
本物の一色産の鰻でも食べたいのかしら?と思っていたら、
“一色さかな広場” というところに、車を停めました。

外観



ちょっと古い建物の中に、魚屋さん、干物の専門店、海老煎餅やさん等が沢山入っています。
ゆーっくりと、見てまわっていると、
途中で、「土、日限定、1日限定5食、天然活車海老天丼」という広告板を見つけました。

これにつられてトコトコと・・・


お店入り口の横


こんなディスプレーも



2階にレストランが入っていたのです。
開店は11時からのようです。今、3分前。
ひとりの男性の後に続いてトコトコと。。。
気付けば、席にすわっていました。(笑)

店内は普通



「やったな、2人目と3人目だ」(実際は一人目の方は、違うものを召し上がったようです)
迷わず、天然活車海老天丼 1650円を注文。

暫くすると、お客さんがどんどん入ってきます。
かなりひろい店内ですが、11時30分には、もうほとんどのお席がうまってしまいました。

私達が注文して、ほんの2~3分して、店員さんがこの限定の広告板をさげてきました。
そして、「すみません。もう5食、でてしまいました」という声が聞こえてきます。
「おっ、本当に限定5食なんだ、」とかなり期待が膨らみます。
(この手の宣伝って、本当に限定○食なのぉ?ってとこ多いですよね。)

20分程待って、登場しました。
天婦羅がとても豪華に乗っています。
周りの視線がいっぺんにこの天丼に集まります。
中には、限定5食に間に合わなかった方なのかしら、厳しい目線をむけている方もいて、ちょっと。。。
「すみませんね。」と心で思う半面
「そんなにじーっと見ないでよ、大きい口開けられないでしょうが」と思いながら、 ばくっ!
あれぇ。
・・・・・・・
美味しくありません。
あまりの期待はずれに、思わず、主人と目線があってしまいました。

衣が硬い



お蕎麦とお味噌汁がつきます



見た目は本当にすごい。
頭つきの海老天がふたつ、南瓜の天婦羅、紫蘇の天婦羅、
一番下には、大きな海苔の天婦羅が敷き詰められています。

海苔の天婦羅、でかっ!



抹茶塩、黄色い大根おろし(?) とっても甘ったるい天つゆがついてきて、
「お好きなお味でお楽しみ下さい。」と店員さんは言って下さいましたが、
どれを使って食べても美味しくありませんでした。

衣が硬い、サクっというよりバリっという感じに揚がってます。
海老の味があまりしません。
ごはんには、ほんの少しタレがかかってはいますが、味はほとんどしない。
天丼という感じでは全くありません。
この甘ったるい天つゆをかければ、天丼みたいになるかしら、と試してみましたが、
やはり、美味しくありませんでした、


主人が食べ物を残したのを久しぶりに見ました。

「残念だったな。」と思いながら、私もお箸をおきました。

この天丼の他に、ひつまぶし膳や、海鮮丼等もありましたので、
もしかしたら、そちらの方が美味しかったのかもしれません。
いつもは、メニューを眺めてなかなか決められないのに、
今日は、「1日限定5食」に飛びついてしまった私がいけなかったな。

・・・・下でお魚買って帰ろう。




所在地     愛知県幡豆郡一色町大字小藪字船江東176 一色さかな広場 2F
電話番号   0563-72-7712
営業時間    11:00~15:00(L.O)
定休日     水曜日
HP



powered by TomiryuMap
愛知のお店(名古屋、岡崎以外) | コメント(2) | トラックバック(0)
メゾン・ド・ヌーヴォー

素敵なレストランを紹介します。

 メゾン・ド・ヌーヴォー

所在地       愛知県安城市箕輪町唐生155番地1
フリーダイヤル  0120-015975
電話番号     0566-76-5975
FAX番号     0566-75-4492
営業時間     AM11:00~PM3:00(OS PM2:15)
           PM5:00~PM10:00(OS PM9:30)
定休日       毎週水曜日
HP http://www.m-nouveau.co.jp/

玄関


外観は普通なのですが、
店内は、とっても素敵です。

店内



店内


アンティーク調のテーブルや椅子、
ところどころに置かれたセンスのいい植物たち、
女性の優しさがあふれているようです。
思わず、「素敵ねぇ」 と、小さく洩らしてしまいました。

お店の方の接客も、申し分ありません。

サービス、雰囲気、私が今まで訪問したレストランの中では、トップクラスです。

こちらのお店、ハンバーグがとても美味しいとのこと。
主人は、迷わず、車海老フライと手ごねハンバーグをオーダー。
いつもの優柔不断な私は、メニューを眺めて、ん~ん。
目にとまったのが、こちら、

メンチカツとハヤシオムライス 1120円

サラダとスープがつきます。

我ながら上手く撮れたなっ


スープは人参のポタージュスープ。

にんじんスープ


舌が鈍感な私は、人参の美味しいさは感じることができませんでした。
人参といわれれば、そうかな?と納得する程度・・
逆に言えば、人参苦手な方でも抵抗なく美味しく頂けますので、
これは、これで、なかなかいいと思いました。

さて、メンチカツとハヤシオムライス。

メンチカツは、黒毛和牛を、
オムライスには、ごとうもみじ卵を使用との事。
メンチカツとハヤシオムライス


大きなお皿で登場。
かなりの量あります。
完食できるかしら?と心配するほど。(ホホホ、できましたわ^^)

ケチャップライスの上にトロトロ卵、そしてデミグラスソース。
その上にメンチカツが二つのってます。

オムライス、実は、お家でよく作る私のお得意の昼食メニューです。
外で頂いた事は、滅多にありません
ちょっと、期待して、ひとくち。
うん、私って、やっぱりお料理上手かもしれない(←今、女性の敵を少しつくりましたね。笑)
同じ味でした。
他店のオムライスをしらないので、比べることができませんが、
普通の味だと思います。

上に乗っているメンチカツ。
これには、脱帽。
美味しい。肉汁がジュッとでてきます。
やわらか過ぎず、かた過ぎず。
お肉の旨みを味わえます。
これだけ美味しいメンチカツ。
やはり、ハンバーグも美味しいわよね~~。
主人のハンバーグも少し、パクリ。
おや?メンチカツの方が、私には、ずっと美味しく感じました。

車海老フライと手ごねハンバーグ
(200g1430円を。150gは1330円です)
車海老フライと手ごねハンバーグ


ハンバーグは、使っているお肉は良いのでしょうが、
玉葱やつなぎの物との割合がちょっとだけ悪いのか、
それとも、こね方が足りないのか、
ナイフを入れると、ホロホロと崩れていきます。
期待していたジューシーさが、少ないように感じました。

釜炊きご飯


ランチについてくるご飯は釜で出てきます。面白い。
炊き方もなかなか、とのこと。
こんなに素敵な洋風の店内に、釜ででてくるご飯。
でも、美味しさにこだわると、洋風も和風も関係ないのかしら(^^)
ちょっとアンバランスなところがまた、気取りがなくていいのでしょうね。

                     <2008年4月訪問>

powered by TomiryuMap



愛知のお店(名古屋、岡崎以外) | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME |