FC2ブログ
みなと亭 (こんなお店に行ってきました。)
2017年12月18日 (月) | 編集 |


みなと亭


福島からの帰り道、
『日立おさかなセンター』という道の駅に、ランチ目的で立ち寄りました。
センター内には、浜焼きのお店やお寿司やさんなど海鮮料理のお店がいくつかありますが、
日曜、昼時という事もあって、凄い人、人、人。
どのお店にも長い行列ができています。

この後の時間の関係もあり、どうしようか迷っていたところ、
比較的行列が短いお店を発見。
店頭の看板メニューには美味しそうな海鮮丼の写真がずらり。
ちょっと惹かれる定食ものもいくつか。
みなと亭8




みなと亭9




みなと亭10



こちらのお店に決めました。

4人掛けテーブル3つとカウンターに4~5席。
店内はとても狭く、尚且つ(この時は)回転があまり良くなかったため、
結局結構お外で待ちました。

◆天ぷら刺身御膳 1280円 (私の)
みなと亭1



天ぷらは、大きめな海老をはじめ白身の魚やイカ、お野菜等。
さっくりと美味しく揚がっています。
みなと亭2




お刺身は、3種類のみ。
海老は美味しかったものの、白身のお刺身は2切れ、イカは普通の歯ごたえ。
みなと亭3




これに、ヒジキの煮物とお漬物、御飯とお味噌汁が付いています。
みなと亭5




みなと亭4



特に不満もなく、印象に残るものもなく、極々普通の天ぷら刺身定食
わざわざ浜まで足を運ぶ程ではないように思いました。



◆海鮮地魚丼 1480円 (夫の)
「折角浜辺の町まで来たのだから、やっぱり地魚だろう。」
と選んだものの、配膳された丼を見てかなりがっかり。
真ん中には鰹がありますが、
釜揚げしらすと玉子焼き、イカで丼表面のほとんどを占めています。
地魚の刺身らしきものは、5枚のみ。それもとても薄く切られたもの。
生のしらすもほんの少しだけ。
みなと亭7




みなと亭6


夫の感想

●イカと釜揚げしらすメインの丼。
●イカもシラスも地元で獲れたのだろうから、地魚丼には違いないのだろうけど。
●天ぷら刺身御膳より200円も高いのに・・・。
●自分も天ぷら刺身御膳にすればよかったなぁ~。w

『確かに、鮮魚だけで満足はできないお店かもしれないなぁ』と思いながら、
何気に店内を見渡すと、
トンカツや鯵フライなど揚げ物の定食を食べている方がとても多い事に気付きました。
不思議に思いながら帰宅後調べてみると、
なんと、このお店とんかつや屋さんでした。ウヒャ。
外観に記されていた【とんかつ】という文字を、私達が見落としていたのですが。

とんかつ屋さんでは、やっぱりとんかつを食べるのがいい。

でも、どうしておさかなセンターにあるんだろう?ボソ。



関連ランキング:とんかつ | 大甕駅


滝味の宿豊年万作 (こんなお店に行ってきました。)
2017年11月19日 (日) | 編集 |


滝味の宿豊年万作


袋田の滝のすぐ近くにある旅館に1泊。
奥久慈の自然と温泉、そして、茨城の食材を多く使ったお料理を楽しんでまいりました。

【滝味の宿豊年万作】
名前に滝味という文字が使われています。
、滝ではありませんから、
お部屋から滝は見えません。

しかし、袋田の滝には一番近い旅館(だと思います。)です。


駐車場はかなり広く、日中は、宿泊客だけでなく、滝を観光する方も利用できるようです。(観光客は有料)
かなりシンプル(言い方を変えると、すみません、チープなイメージ)な外観と比べると、
館内はゆったりと落ち着いた雰囲気。
客室が15しかありませんので、露天風呂などは、いつ利用しても全く混むこともなく、
とてものんびりと過ごせました。
万作31



万作32



さて、お食事。
夕食も朝食も、1階にあるダイニングルーム『時季の音』で。
やはり空間を贅沢にとってある席の配置になっていて、とても落ち着けます。
個室もあります。

夕食のコースは(この日は)4つほどあり、
予約の際に、【常陸牛満喫プラン】を夫がお願いしてました。
◆前菜
白和え (くるみ 柿 穴子 椎茸 きゅうり)
万作2



万作1



◆御椀
菊花椀海老しんじょう
万作4



万作5



◆凌ぎ
常陸牛の握り寿司
万作6



万作7



◆御造り
鮪 鮃 妻いろいろ
万作8



万作9




◆肉料理
常陸牛の石焼き
万作10



万作12



万作11



◆中皿
常陸牛のローストビーフ
万作13



万作14




◆御食事
常陸牛しぐれ御飯
万作15



万作16



万作17




◆香の物


◆デザート
ジェノワーズのシャインマスカット
万作20




◆御飲み物
奥久慈ほうじ茶又は珈琲又は紅茶
万作21



万作3



万作23




器も盛り付けもとても綺麗。
お刺身は新鮮、御椀のお味は薄味で上品。
ジェノワーズも人気洋菓子店のそれに負けない程の美味しさ。
そして、期待の常陸牛のお料理の数々。
握りで、石焼きで、ローストして、しぐれ御飯で、と楽しみ方も色々、
そのどれもがとても美味しく、ボリュームもあります。

<朝食>
前夜の夕食と同じテーブルで頂きます。
焼き魚、玉子焼き、湯豆腐など定番の朝食メニューに加えて、
刺身こんにゃくや山菜など茨城産のものを使ったと思われるものも並んでいます。
席につくと、御飯もお味噌汁も給仕の方が装って持ってきて下さる、という日本旅館ならではのもの。
万作34



万作36


しかし、ダイニングの端の方に、サラダやジュース、牛乳などの洋もの、
塩辛や生卵、キムチなど万人向けではないものも置かれてあります。
万作35



万作41


半バイキングスタイルというのが正しいのかな。これ、とてもいいと思いました。

<アップルパイ 4個で800円></strong>
駐車場の入口にある売店で販売しています。(旅館のフロントで予約もできます。)
以前、テレビで紹介されたらしく、休日は列ができる程の人気商品、とのこと。
購入、帰宅後頂きました。
パイ生地は、バターの香りは弱めですが、照りがよく、サクサク。
中のリンゴも甘さ控えめ。
とても家庭的なお味のアップルパイでした。
万作39



万作40



万作42



万作43




高級旅館ではありませんが、
お料理も美味しく、細やかな心使いが感じられる温かい雰囲気のお宿。
袋田の滝観光の際には、宿泊先の候補のひとつにされてよろしいかと思います。
袋田方面奥久慈の紅葉は今が見頃のようです。



関連ランキング:旅館 | 袋田駅


悠久 (こんなお店に行ってきました。)
2017年05月28日 (日) | 編集 |


悠久




GW、ひたちなか海浜公園のネモフィラを観に行った帰りに、訪れました。
ひたち5





開店時間より少し前に大洗に着いた為、
大洗漁業協同組合近くの直売センターで、ウニの貝焼きや牡蠣などを食べながら時間を潰していると、
目の前の食堂大洗町漁協かあちゃんの店には、待ちの長い列ができています。
『もしかしたら、悠久さんも、同じかも。』
と、慌ててお店へ。
同じでした。トホホ。
並び始めたのは開店30分前でしたが、一巡目には入れず、約1時間以上待って入店できました。

カウンター席と、小上がりに大きな座卓が3つ。
カウンターの奥の方に着席。
すぐ横で、カウンター越しに会計をするため、なんだか落ち着きません。w

◆まぐろ丼 1540円 を頂きました。
厚めに切られた中トロ4枚と赤身4枚、中落ちもあります。
最後にガリをたっぷり乗せてあり、パッと見、それほどではないように思いますが、
まぐろの量はかなり多めで、立派です。
中トロは脂の入り方もちょうどよく、とても美味しいものでした。

悠久1




悠久





この丼に、お漬物とお味噌汁がついて、このお値段はいい。
お味噌汁の中には、しらすがたっぷり入ってはいましたが、
しらすのお味はほとんどなく、普通のあら汁でした。
あ、でも、美味しかったです。
悠久4




悠久3





◆がっつり丼 2060円
夫は、まぐろだけではなく、いろいろなお魚が食べたいと、こちらを。
まぐろをはじめ、帆立や海老、いくらなど12種類の魚介が入っていました。
夫の感想
「おいしかったけど、
 やっぱり、ママと同じまぐろ丼にすればよかった。」
 フッ(-.-)

車だったので、ノンアルコールビールを頂きましたが、
あまり冷えておらず、オイチクナイ。
悠久5




悠久6




悠久7




悠久8




これだけの人気店ですから、大変なのはわかりますが、
板さんはじめスタッフさん達の元気の無さ。
お疲れな様子に、こちらのテンションも下がってしまう程。

まぐろ丼は確かに美味しかったので、まぐろ好きなかたにおすすめしますが、
サービスや雰囲気などを気にする方には・・・。



関連ランキング:寿司 | 大洗駅


はなぶさ (こんなお店に行ってきました。)
2016年09月28日 (水) | 編集 |


はなぶさ


こってり大好きな夫の影響(?w)で、
ず~~っとこってり系のラーメンを主に食べ歩いていた私達でしたが、
2年前に佐野ラーメン(大和)の美味しさに出会ってから、
あっさり系のものも、いろいろ頂いてます。
その中で、かなり美味しいと感じたもののひとつが、
こちらのお店の佐野ラーメンです。


佐野ラーメンではありますが、
ここは、茨城県、結城市。
結城市で頂く佐野ラーメンです。

はなぶさ1



はなぶさ2



◆ 佐野ラーメン 680円
普通盛り200g、中盛り300gは、お値段が同じ。
大盛り400gは、+300円。
ハーフサイズ150gは、-100円。
お得な中盛りでお願いしました。

はなぶさ3



スープは、出汁が効いたあっさり系。
琥珀色をしていますが、醤油の味はそれほど主張していません。
じんわりと美味しく、飲み干せてしまう程。

チャーシューは、表面を炙った豚バラチャーシュー。
程よく柔らかく、とても美味しいです。

麺は、佐野ラーメン特有のピロピロ麺
若干不揃いで、いかにも自家製という感じ。これがまたいい。
シコシコとした食感がいい。

はなぶさ4



スープ、麺、具、すべてが私の好みでした。
とても美味しくて、これなら、大盛りでもペロリ、いけると思いますw
でも、大盛り(100g増)にすると、300円増。
この料金設定は、ちょっと疑問かも。

◆ 焼き餃子(6個)440円
厚めのモチモチとした皮。
餡は野菜多め。
家庭で作る餃子のように、餡がぎっしりと詰まったしっかりとした餃子です。
しっかりとはしていますが、齧るとスープが溢れ出てきます。
もう少し焼き目をつけて欲しいところですが、美味しいです。
ただ、餡にもしっかりと味がついている餃子なので、
これを、薄味のラーメンと一緒に頂くと、ラーメンのお味を消してしまうような。。。
私の鈍い舌では、餃子を頂いてから、ラーメンの美味しさが薄れてしまったように思います。

はなぶさ6

餃子は、佐野ラーメンを完食した後に、頂くことをオススメしますw

◆佐野とんこつ(夫の)
はなぶさ5





関連ランキング:ラーメン | 小田林駅結城駅


昔ながらの水戸納豆
2011年06月22日 (水) | 編集 |
 
    昔ながらの水戸納豆

                  <2011年6月 購入>

福島からの帰り道、友部サービスエリアで購入。
納豆大好き次女へのお土産です。(笑)

わら包みのものが3つ束になっています。
1




からしとたれもちゃんとついています。
2



子供達は、スーパーで買ったパック入りのものしか知らないだろうから、
こんな昔ながらのわら包みのもの、
きっと驚くだろうなぁ、
と買ってきたんだけど、
・・・・・・・・・・
以前、長女が水戸のお友達のところに行った際、
お土産に買ってきたことがあったのね。(すっかり忘れてたおバカな母)
あぁ、
そうだった、そうだった、と言いながら、
開けてみたら、

おぉ
納豆が直接わらについている。

てっきり、
雰囲気を出すためだけの包装で、
中の納豆は、ビニールに包まれた状態で入っているんだろう、と思ってたから、
びっくり。(って、前回がどうだったかも忘れている。やっぱりおバカな母)

3

600~700円位だったような。

かなり大粒。
でも、不思議と、
あの納豆独特の匂い(臭い?)が、ほとんどしない。

納豆好きな人は、物足りなく感じるかも。
美味しさは、いまひとつ。

「本格的な納豆は、本当はこんな風ににおわないのかしら?」
と、次女と話しながら、食べていたら、
夫、
「昔、家で作った時は、かなりにおってたぞ。」
って。

ひょ~~!!
夫の実家では
納豆も作っていたのね。


そうか、昔は、お味噌だって、お家で作っていたんだから、
納豆も作るか。

「作ってちょうだい。」
と頼めば、夫も作れるかも。(笑)
だってね。
小豆と寒天を買ってきて、練り羊羹を、レシピなしで、何もみないで、
ひとりで、鼻歌歌いながら、作れる人だから。
  (※夫は普通のサラリーマンです。飲食関係の仕事ではありません。)




テーマ:ご当地グルメ
ジャンル:グルメ