五郎八



金沢初日の夜は、こちらのお店で。
食べログと友人の話を参考にして、決めました。
金沢の郷土料理や新鮮魚介が頂けるお店のようです。

香林坊という繁華街の路地裏にあります。
開店より少し前にお店に到着。
入り口横に置かれたベンチに腰かけて待っていると、ポツポツと雨が。ヨヨヨ
軒先の下なので、濡れることもありませんでしたが、
板長さんが、開店時間前にも関わらず、入店を勧めて下さいました。

外観から想像していたより、広い店内。
カウンターに10数席、テーブル席もいくつか、奥や2階にもお席があるようです。

カウンターの方に着席。

まずは、ビール。
カレー味の帆立や、鴨肉の乗ったお通しがでてきました。
6






7






8






9




卓上のメニューの他に、紙に書かれたおすすめメニューが壁に沢山貼られています。
次のものをお願いしました。
10




お刺身盛り合わせ 
厚めに切られた中トロや鰤、甘エビなどまさに海の幸が盛り沢山
出てきた瞬間、
「おぉ!」
と、小さな歓声をあげてしまいました。
どのお刺身もと~っても新鮮。
噂通りの美味しさに満足満足。
隅の方に乗っていたお豆腐(堅豆腐?)にはちょっと戸惑っちゃったけど…(笑)
1







   
ほたるいかの沖漬け
大きめのほたるいかです。
タレの味はそれほど強くなく、ほたるいか独特の苦味のようなものも感じられて、
かなり私好み。
2








のどぐろの塩焼き
のどぐろは、体長20センチ位。思ってた程は大きくありませんでしたが、
塩焼きにすることによって、程よく脂が落ちた身は、とろけるような美味しさ。
3






   
鴨治部煮 
金沢の郷土料理と言えばこれは絶対外せませんっ。
鴨やお野菜、生麩などが、甘めのだし汁で美味しく煮込まれています。
とろみはそれほど強くなく、食べやすく、 
山葵で食べるところが面白いですね。
4




  

海鮮コロッケ 
クリーミーなコロッケは、蟹の風味がギュっと詰まっています。
俵型のものが5つで、このお値段は、かなり良心的。
5


   

飲み物はビールと日本酒を嗜む程度に。
(↑本当は、日本酒メニュー上から順に、という恐るべし飲み方。笑)
地酒、美味しかったぁ~。銘柄、憶えていないけど。ヘヘヘ(´ェ`;)ゞ。
11





鰤味噌(お店からサービスして頂いたもの。)
12



「今日はね、平日だから、お客さん、そんなに来ないと思いますよ。」
と、板長さんは笑っていましたが、
どうしてどうして、
6時を過ぎたあたりから、会社帰りのサラリーマンや、常連さんがぞくぞくと。
地元の方に愛されているお店なんですね。

板長さんはじめお店のスタッフさんは、どの方もとても親切。
居心地もとってもいい。


2時間程の滞在でしたが、
お隣の席の方から、金沢のお話を伺ったり、
鮎の塩焼きをご馳走してもらっちゃったり。  ふっ (-.-) 美しいと得ですね。ガハハ
板長さんからは、
「お客さん、嬉しそうにお酒呑みますね。」
と褒められたり。ヘ(・_・ヘ)エヘヘ ん?(笑)
とっても楽しいひとときを過ごせました。

のどぐろ、冶部煮、新鮮お刺身、北陸の味が安心価格で楽しめますので、
旅行者にも嬉しいお店。
評判通りのいいお店だと思いました。
  ※席数はかなりありますが、予約された方が安心だと思います。



関連ランキング:居酒屋 | 野町駅北鉄金沢駅金沢駅

石川のお店

金沢市内観光一日目

2012/07/18 Wed 01:21

今回の旅は、金沢市内だけで3日間観光、という贅沢(?)な日程。
でも、この時期だから仕方ないのだけど、
降水確率はどの日も50%以上という悲しさ。ヨヨヨ。
こりゃ~、観ておきたい処は、雨降りの前に、先に観ておこうってことで、
初日に伺ったのがこちら。
金沢といえば、ここよね。
兼六園
日本三名園のひとつ。


ことじ灯篭
あまりにも有名な景観。
この灯篭をかなり近くで観られるの。
嬉しくて、自分の写真も沢山撮ってもらっちゃった。
ふふふ。お見せできないのが残念。
良く撮れたので、遺影に使うことにした。(笑)

1






2






3





金沢城址公園
4






5






6






7






8


兼六園といい、こちらの公園といい、
管理がとてもよくされている。
芝生の緑が眩しかった。

小さな旅
壽屋


初日のお昼は、こちらのお店。
 (数日前にお席とお料理は予約済みです。 )

最寄のバス停(武蔵が辻)から歩いて数分。
近江町市場を抜け、大通りを渡ると、古い木造の家屋が見えてきます。

金沢市指定保存建造物に認定されているというこちらの建物は、150年前に建てられた金沢町家。
以後、建て増しをしながら、大切に使われてきたものです。
江戸の末期、明治、大正、昭和、平成と5つの時代それぞれに、
金沢の名工たちが、座敷をつくってきたとの事。
 (すべての座敷を拝見できれば、歴史の流れも楽しめたかもしれません。)
料亭としての使用は、90年以上。
金沢を代表する老舗のひとつです。
1






2






3






4






5






6






7






8



私達が通されたのは、昭和初期のお部屋『宴の間』。
戦前の豪奢な気風を残す大広間です。
老木の床柱や合天井は見事。
畳に敷かれた絨毯が、趣きを下げてしまっているように思えますが、
テーブルと椅子を置くには仕方ないのでしょうね。
室内には、4人掛けのテーブルが4つ。
かなり間隔をあけてあり、清掃や空調状態は完璧。
居心地は申し分ありません。
 
(個室希望の場合は、ひとり315円必要となります。)
9






10






11




加賀精進料理 お斎 4725円を頂きました。

12



湯葉、お麩、野菜の炊き合わせ
14







酢の物
13






れんず豆の煮物
15





お造り(胡麻豆腐、落花生豆腐、蓮根型に切られた蒟蒻)
16






鰻もどき(正体は、蓮根。)
17






韃靼蕎麦
18






19






里芋のすり流し 梅肉添え
20






御飯 (白米に赤紫蘇のふりかけ) 
汁 (あおさ海苔と豆腐のお味噌汁)
香の物
21






22






23






24





黒胡麻のお汁粉(冷)
25



※ひと品ひと品、お店の方が、丁寧に説明して下さいましたが、
 すみません。正確に憶えきれませんでした。

輪島塗りや九谷焼の器が使われ、盛り付けも美しい。
品を感じます。

 金沢らしいわ。(←勝手にそう思いました。笑)

大変手の込んだお料理の数々。
植物性の単純な材料だけで、ここまで満足できるものを作り出せるのは、料理人の技でしょうね。
「ほぉ~。」
「ひょお~。」
と感心しっぱなし。(笑)

一番面白かったのは、蓮根で作られた鰻の蒲焼もどき。
あのシャキシャキとした食感がほんの少し感じられて楽しい。

お味で印象に残っているのは、ご飯と共にでてきたお湯斗
本来、食事の最後にお椀を綺麗にするために供されたものですが、
ご飯の上からかけてお茶漬けのように食べてもよい、との説明に従い、お茶漬け風で。

お米を炒って、たっぷりのお水で、煮込み、お塩を少し加えただけ、とのことでしたが、
まるで上品なだし汁のよう。他に何か入っているんじゃないかしら?と今でも思う(笑)
炒ったお米の香ばしさに包まれて、なんだかほあ~んと幸せな気分になれました。
26




着物姿のお店の方(若女将さん?)は、丁寧な接客態度。
時折、ユーモアを加えた話術に、
全く緊張することなく、
加賀の精進料理を楽しめました。




関連ランキング:郷土料理 | 北鉄金沢駅


石川のお店
金沢を旅してきました。

往復の飛行機とホテル2泊で、2万円台というものを利用したのですが、
なかなかいいの。
飛行機は、JAL。
ホテルも、新しくて、綺麗で。立地的にも観光するのにかなり便利。
いやぁ~~、
安いよね~~。
今は、新幹線(JR)より飛行機が安い、とは聞いていたけど、ホントね。

実は、恥ずかしながら、
私、飛行機に乗るのは、20数年ぶり。
どんだけ出不精なんだ!と言われそうね。(笑)
いやいや、その間、北海道にも行ってるけど、
北海道は、愛車でまわりたかったので、
フェリーで行ったり。。。


羽田空港には、鹿児島の親戚が上京してきたときとか、
福島の父が、鹿児島に帰省する際に、見送り&お迎えに、
何度も訪れていたので、
ターミナルビル(第1)は、結構、知っている。

しかし、しかし、
送迎するのと、飛行機に乗るのとでは、違うので、
かなり緊張しちゃった。
手続きとかも複雑そうだし、
羽田までの電車(特に高崎線)が遅れでもしたら、
飛行機は待っててはくれないだろうから(当たり前だわね。笑)
かなり余裕を持って、自宅を出たら、
かなり早く羽田に着きました。

搭乗手続きを終えて、ほっとしたところで、
朝ご飯。

『確か、上の階の方に、飛行機を見ながら、食事ができるお店があったよなぁ~』
と、案内板で確認して、こちらのお店に。

ROYALと名のついたお店が3軒並んでいます。
イタリアンと、洋食と、そして、こちらのコーヒーショップ。

朝早くだったので、窓際のお席へ。

コーヒーショップとはなってますが、
かなり広い店内。

入り口からは見えませんが、奥に喫煙席もあります。
ガラスで完全に仕切られています。グットだわ。

モーニングメニューは、6種類くらいありましたが、
どのメニューにも、飲み物がつきます。


BLT&チキンサンドセット 1180円
熱々でかなり美味しい。
ま、
お値段もいいから、当たり前かな?
ヨーグルトの上にのっているのは、
マンゴー。
黄桃だと思ってたから、ちょっと嬉しい。(笑)
1





2


折角、窓際にお席に座ったのに、
飛行機の写真撮ってないし。。。(呆)

ポケモン飛行機もいましたよ。
うひゃ、
可愛い。

食事を終えて、いよいよ、飛行機の中へ。
窓際の席だったので、
富士山が綺麗に見えました。

搭乗時間は4~50分。あっという間。
その間、飲み物が頂けるのね。
紅茶とか珈琲とかりんごジュースにしておけばいいものを、
キウイジュース、なんぞをお願いしました。
なんだか、わけわかんないお味でした。
(笑)






関連ランキング:洋食 | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅


東京のお店
つけめん102 大宮店


まだ梅雨もあけていないのに、デパートでは、もう夏物のバーゲンが開始。
この日は、娘とふたりで、大宮でお買い物、なぁんて上品なものではなく、バーゲン品探しよ。(笑)
本性丸出しで頑張るであろうその前に腹ごしらえ、もとい、ランチを頂きましょう、てことでお店探し。
私の一番希望は、こちらのつけ麺やさん。
好きなレビュアーさんが何度も訪れていて、ずっと気になっていたお店なんです。
しかし、イタリアンやフレンチ等スイーツのついたランチを好む娘を思って、
洋食系のお店などいくつかのお店を挙げて、娘に希望を聞いてあげました。(優しい母です。)
すると、なんと、なんと、こちらのお店を選んだではありませんか。
これは、もう、夫がのり移ってしまったとしか思えない。(驚愕)
娘に選んだ理由を聞けば、
「お友達同士とかひとりでは、ラーメンやさんには、入らない(入られない)から」って。
確かに。。。
若い女性がひとりで気軽に入れるらーめんやさんって、なかなかないものね。
「それにね、ママが行ってみたいと思うお店なら、きっと美味しいに決まってるもの。」って、ふっ、可愛い奴だぜ。


平日、午後1時過ぎに訪問。

1


店内の券売機で食券を買って待ちの列(数人)に加わりました。
すぐに、女性スタッフさんが出て来て、券の確認をします。
これは、茹で始めの時間を推し量り、少しでもお客の待ち時間を少なくしようとするお店側の配慮だと思います。
運も良かったのでしょう、3~4分待って店内へ。
カウンターの一番手前の席に通されました。

キビキビと働くスタッフさん達の元気な掛け声が響く店内は、
カウンターに十数席のみというごくごく普通のラーメンやさんと言った雰囲気。

お冷と小皿に乗ったレンゲが出てきます。
数分待って、つけ汁、程なくつけ麺が登場です。

つけ麺(大盛) 750円 並盛と大盛は料金同じです。

2


麺は太め。もちもち。美味しい。
これは、想像通り。
3






問題は、つけ汁。
実は、私、とろ~り系のつけ汁は、今まで美味しいと思ったことがありません。
沢山の方が高評価をつけている某店(鴻巣のJや上尾のK)では、自分の舌に自信をなくした程です。

こちらのお店も、食べログでは、どろ~り系と書かれている方が多い。
恐る恐る口に運びます。

ひょ!!
美味しぃ~~!!

思った程のどろり感はなく、しかし、麺が上手く絡み調度いい。
豚骨と魚介がブレンドされているとの事。
魚介の風味がほんの少し勝っているような、そこがまたいいお味をだしています。
具は、ナルトと角切り叉焼。
薄く切られたメンマが沢山。これがいい食感で、かなり私好み。
このまま、最後までいっきに完食できそうでしたが、
折角なので、卓上の揚げネギも投入してみました。
これまた美味しくなるから、もうたまりません。
あぁ、特盛りにすればよかった、と後悔。(笑)
4







途中、冷めたスープを温めるために、焼き石のサービスがある、というのは知ってはいましたが、
お願いする程冷める間もなく完食。

ポットに入った割りスープを加えようとしたら、
「焼き石もありますよ。入れましょうか?」
と、声をかけて下さいました。

『麺がもうなくなったのに、いいのかしら?』と恐縮しながらお願いしますと、
真っ黒な卵のような焼き石をレンゲの上に。
5



「いっきに、レンゲごとスープに沈めて下さいね。」
「レンゲを被せるようにすると蓋の役を果たして跳ねませんよ。」
「お洋服から離したところで、やって下さいね。」

と、とても沢山の細やかなアドバイスを下さいました。
カウンターの中の男性スタッフさんも皆さん、とっても優しい。

じゅ!ごぼごぼごぼ・・・・

うひゃ~~!!
楽しい~~~!!!
と、目を輝かせた私達。
(すみません、焼き石投入、初体験でした。)
6



最後の一滴まで、温かく、大変美味しく頂きました。

美味しければそれでいいんだ、と、接客にそれほど力を入れないらーめんやさんが多い中、
こちらのお店のように、
お客を大切に思って下さっているこの心使いは、やっぱり嬉しい。
人気の理由は、つけ麺の美味しさだけでなく、
スタッフさんの温かい心にふれることができるお店だからなのかもしれません。


ずっと、ず~っと、今のまま温かいお店でいてほしいな。

再訪は確実です。





関連ランキング:つけ麺 | 大宮駅



埼玉のお店
あげは 丸井大宮店



食べログを始めた頃は、ひとりで喫茶店にも入れなかった私も、最近は、なんとかね。オホ。
待ち合わせまでの時間潰し目的で、時々、○タバや○トール等を利用できるようになりました。
でも、食事となると、やっぱりかなり緊張してしまう小心者。
おひとり様ランチは、ちょっとハードルが高いんです。
どんなにお腹が空いていても、帰宅まで我慢していましたが、
先日、どうしても外食をしなくてはいけない事に。


おばさんのおひとり様ランチデビューです。

初めてのお店はやはり無理。
娘や友人と、今まで喫茶目的で、何度か訪れたことのあるこちらのお店に決めました。

平日15時 訪問。

場所は、大宮駅西口から歩いてすぐ。丸井大宮店の3階。
ガラスで仕切られた一角は、木のぬくもりが感じられる素敵な空間。

ソファー席や テーブル席の奥に、窓に面したカウンター席があり、そちらに着席。
明るくて、気持ちがいい席です。
出窓には、趣のある装飾品。
窓の向こうには、大宮駅が見えます。
1




この日のランチメニューは3種類。
どれもオーガニックを感じさせるものばかり。

日替わりお昼ごはん 1000円 を頂きました。
2







主役のおかず(りんご生姜焼き) 
千切りキャベツの上に薄い豚肉が3~4枚。
りんごを加えたことによって、生姜の辛味が和らぎ、
優しいお味になっています。
3







ご飯(玄米か十穀米を選べます。十穀米で。)   
別容器に入った黒胡麻をかけて頂きます。
深いお茶碗にたっぷりの量。→途中で、おかずがなくなりました。(笑)
4







お味噌汁   
茄子と舞茸などが入っています。
お味噌は、麦味噌。独特な甘みがあり、とても美味しい。
素朴で、なんだか懐かしい味です。

5







サラダ
ベビーリーフとサニーレタス。
蓮根とさつま芋のチップが乗っています。
ドレッシングは少なめ。
6







お惣菜2品
茎わかめ、パプリカ、もやしなどのナムル
7






カボチャと何かの煮物     
味付けが、好みではなく、残してしまいました。
8




契約農家からの届けられる新鮮野菜を使われているそうですが
正直、
わかりません。
(すみません。スーパーでいつも購入しているものとの違い、私にはどうしてもわかりませんでした。)
煮物の南瓜に関しては、
隣のお席のお客さんが、
「この南瓜は、全然おいしくないわ。私が作ったものの方がずっと美味しい。」
と。ウンウン。

しかし、
健康を意識したメニュー構成。
カロリーもかなり低め。

女性に人気があるのは、充分理解できます。

ホール担当の女性の丁寧な接客も店内の雰囲気も、大変心地いい。

若い女性が、ひとりで、読書をしたり、パソコンを開いたりしながら、
お茶を楽しんでいる姿を多く見かけました。
おひとり様ランチ初めての私も、
全く緊張することなく、ランチタイムを楽しめました。

飲み物単品も、こちらのランチもお値段は少し高めですが、
のんびりと、自分の時間を楽しみたいときなどに、利用するには、最適。
大宮駅周辺では、貴重なお店だと思います。





関連ランキング:和食(その他) | 大宮駅

埼玉のお店

増築

2012/07/01 Sun 00:29

桶川駅西口側の階段の上、
何かのコードの上にお家を造ったつばめさん。
小さいよぉ。オヨ。
子供達が大きくなって、入りきれなくなり、
(もしかしたら落下したのでしょうか?)
どなたかが、隣に、建て増しを。(笑)

電車の時間が迫っていたので、
上手く撮れなかったのですが、
このプラスチックトレーの中にも、
つばめの子がいました。

1

どうでもいいこと
 | HOME |