千の風になって

2012/10/28 Sun 08:27

2週間前、
急な病で、父が帰らぬ人となった。

「医者は、心配いらない、って言ってるけど、
 イチオウ、連絡しておくな。」
と、入院した翌日の朝、兄から電話を貰ってから半日もたたずに、
この世を去ってしまうなんて。。。

すぐに電車で駆けつけたので、
最期を看取ることはできた。
子供3人(私達兄弟)に手を握られ、
静かに息をひきとった。

父の命を奪った病名は、血栓症による腸閉塞

痛みを訴えてすぐに、救急車でかけつけた病院が
この病気を見つけられず、
というか、適切な検査もせずに、一晩放置。
翌朝、症状が変わらぬ父を見て、慌てた医師が、やっとCTをとり、
ただの腸炎ではないと知り、
隣町の大きな病院に転送。

手遅れだった。

94歳という年齢を思えば、
たとえ、最初から病名を判断でき、手術したとしても
助かったかどうかはわからない。

しかし、
腸が壊疽をおこすほどの痛みに苦しんだひと晩は、
どれほど辛かっただろう。

『医者を責めても、生き返るわけではない。』
とは思うけど、
私はどうしても、最初に診断した医者が許せない。

裁判などをおこすつもりは全くないけど、
あの医者は、自分の診断ミスを充分反省しているだろうか?

こんな今の私を、空から父はどう見ているのだろう。

自分に厳しく他人に優しい父は、
やっぱり、あの医者も許しているだろうか。


鹿児島の貧しい半農半漁の家に、11人兄弟の長男として生まれた父は、
地元の小学校を卒業後、単身、上京。
親戚の家から高校に通った。
書生をしながら大学を卒業し、運輸省の秘書室で働きだしてすぐに、赤紙が届き、戦地へ。
復員後、大学の先輩に誘われ、福島の会社へ。
後に、小さな会社を設立した。

昔の人にも関わらず、英語はペラペラ。
他の事も、何を聞いても、即答できるほど、知識が豊富な人だった。

沢山の書物を読み、
パソコンも使いこなす。
常に向上心を持ち続けた努力家。

「子供は神様だ。」
と、孫を大変可愛がってくれた。

晩年は、会社の座を息子(私の兄)に譲り、
兄の家族に囲まれて
静かに、穏やかに過ごしていた。

このまま、
ゆるやかにゆるやかに衰え、静かに眠るように、
穏やかな最期を迎えることができますようにと願い、
そして、それは可能なことであろうと、家族初め誰もがそう思っていたのに。。。

残念でならない。

=============

兄から聞いた話では、
父が、
『千の風になって』
の歌を初めて聞いたとき、
「戦争で亡くなった戦友達の最期の言葉と同じだ。」
と、歌詞に大変共感したそうだ。

<ここからは、私が子供の時に何度も父から聞いた話です。>
最前線で戦う兵士達は、
戦死した戦友達の小指の先を切り、自分のお弁当箱にしまっておいたそうだ。
もし自分が無事に帰還できたら、
戦友の残された家族の元に、遺骨の一部でも届けてあげなくては、と思ったそうで、
これは、父だけでなく、皆そうしたそうな。
しかし、戦争はすぐには終わらなかった。
どんどんたまる小指。
生き残っている自分達の明日の命もわからない日々。
そんな時、
肉体は滅びても、魂は生き続ける。
魂は、風にのって、日本に、故郷に、家族の元に帰れる。


誰かが発した言葉に、皆同感。
小指は、土に返したそうだ。


父の遺骨は、いわきのお墓に埋葬されたが、
魂は、自由に、千の風になって、
故郷の鹿児島や、私の元(埼玉)や、
学生時代を過ごした都内や、
釣りを楽しんだいわきの海の上を、
先に亡くなった母と一緒に旅行した思い出の場所を、
自由に飛び回っているに違いない。
と、思うと、
少しだけ慰められる。

千の風の歌の話を、兄にしてくれていたのは、
残された私達への父の最後の優しさだった。
つぶやき

ラ・プリマ



祝日の昼、訪問。
ランチタイムの訪問は、2度目。
ちょっと間があいちゃったわ。

前回、頂いたきのこのクリームスパゲッティが、
ちょっと残念だったので、
今回は、塩味でいってみた。


しらすとズッキーニのスパゲッティ 1100円
これに飲み物がつきます。
1






2


う~~ん。
またまた残念な結果に。

あまりにも薄味。
ズッキーニも茹でたしらすも、お味が淡白。
塩味もほとんどしない。
つまり、
酷い言い方をすれば、
なんの味もしない。

「どうしちゃったのぉ?」
と、聞きたくなった。

今まで、こちらのパスタを、
(夜だけだけど、)いろいろ頂いてきた。
勿論塩味のものも。
今までのは、どれも、素材の旨味がいかされていて、
それにちょうどいい塩梅の塩味。
コクのようなものも感じることができた。
ひと口頂いただけで、
「うんまぁ~~い。」と笑顔になれた。

でも、
今回は、
「ん? 味しないぞ。」
残すのは嫌いなので、とりあえずお腹に入れたけど、
途中から、ちょっとつらかった。

同行した娘が、すまなそうに、
「ごめんね。残していい?」って。。。

このお店で、この言葉が出るなんて。。。。
とっても残念なランチだった。

夜と昼の違いが多き過ぎる。
いや、
もしかしたら、夜もこんな感じになっちゃったのかしら?

確かめに、今度は夜訪問してみようと思う。

ホール担当のマダムは、相変わらず笑顔で素敵。
丁寧な接客をされている。

狭い店内は、
満席。

2歳位の子供連れのお客さんもいる。
ここって、幼児お断りだったけど、
ランチタイムはOKになったみたい。

でも、
このお子さん、可愛いけど、
ウルサイ。(笑)
お喋りだけじゃなく、歌まで歌いだす。おいおい。
お子さんだけじゃなく、この子のパパさんまで、歌いだす。ムカっ!
まるで、ファミレスと同様の雰囲気。

お料理だけじゃなく、雰囲気も残念なお店になっちゃったなぁ。。。

ランチタイムはおすすめできない。

食べログのおすすめレストランから、外そうか、
とっても迷っている。





関連ランキング:イタリアン | 北上尾駅

埼玉のお店



鷹匠





東京メトロ千代田線根津駅から、歩いて数分。

趣きのある建物の染物やさんのお隣にあります。
渋い門構え
1






細い通路の向こうに白い暖簾が見えます。
2







入り口を入ると、
左側にガラス張りの麺打ち場、そこを眺めるようにカウンター席が4つ。
奥の小上がりには、長い大きな座卓が3つ。

脱いだ靴を、隅にある下駄箱に入れ、手前の方に着席。

漆喰の白い壁に飾られた秋田蕗の大きな葉が目にとまります。
夏の季語となる秋田蕗を使ってはいるものの、
部屋の隅に飾られたフラワーアレンジメントも含めて、
全体的に、ウォームナチュラルの配色がされていて、温かみが感じられる店内。

天井が高く、座卓が低く、この空間の広がりが独特。
これを落ち着ける空間ととる人とそうでないととる人に分かれるようですが、
私は好き。
3






4







ただ、
この座卓の低さは・・・、
インテリアとしては素敵でも、利用する者にとっては・・・、
足が崩し難い。
ミニスカート、タイトスカートですと、辛いです。(笑)
高さのある座布団のようなものも用意されていましたが、ひざ掛けもあると嬉しいな。
「お互い、見えても見えないふりでいこうね。」って、おいおい。(笑) 
『気の置けない友人との訪問でよかったぁ。』

まずは、ビール、そのあとは、焼酎の蕎麦湯割りを。
6





お通し
7







8




お料理は次のものを頂きました。

盛り合わせ 735円
玉子焼き、かまぼこ、ちりめん山椒、ひじき、豆腐の味噌漬け等
5







生湯葉わさび 630円
引き上げ湯葉にわさびとお醤油をつけて頂きます。
わさびの他に酒盗も出てきました。
「これをつけても、召し上がってみて下さい。」との事。
酒盗は、鰹ではなく、鮪の酒盗。珍しいですね。
先ずは、湯葉につけずにそのままペロン。(おいおい、湯葉につけずにか?笑)
おひょ~~!!
お酒にぴったり~~!!(そうきたか。笑)
ということで、やっぱり、この日も沢山呑んでしまいました。えっ?(笑)
しかし、
湯葉そのものの美味しさを味わいたければ、
わさび醤油の方がいいかもしれません。
酒盗は、そのまま、酒肴としてチビチビ舐める方がいいですね。
(のん兵衛の感想です。笑)
9






10






11




穴子蕎麦 1890円 (季節限定のようです。)
細くて大変喉越しの良い二八蕎麦の上に、
これまた細く美しく切られたきゅうりが沢山。
白胡麻がふられ、
白焼きにされた穴子が一枚、食べやすい大きさにカットされてのっています。
粉山椒をふりかけて頂きます。
穴子の香ばしさも楽しめ、全体的にはすっきりとしたお蕎麦。
12






13




大根そば 1260円 
千切り大根やじゃこなどがのった冷たいぶっかけそばです。
穴子蕎麦もそうですが、こちらのおそばも、
二八蕎麦、田舎蕎麦、好きな方で作って頂けます。
田舎蕎麦でお願いしました。
太くて弾力のある蕎麦は、甘みが感じられるとても美味しいもの。
しかし、かみ締めて頂くという感じが強いので、
千切り大根と一緒に頂くならば、二八蕎麦の方が合っていたかもしれません。

14








テーブルの隅には焙炉が置かれ、板海苔や板わかめを焙れるようになっています。
15






メニューに天ぷら類はないものの、
蕎麦がきの種類もいくつか、他に煮物や合鴨ロース焼きなどもあり、
酒肴は、これで充分かと。
16






17







12時から18時までの通し営業。
可愛らしい猫の呼び鈴を鳴らした時以外、
ホールには、あまり姿を見せないお店の方のさりげない心使いが嬉しい。

ゆっくり、お酒が楽しめるいいお店だと思います。
あ、
勿論、お蕎麦も美味しいです。

すみません。
相変わらず、のん兵衛目線で書きました。(笑)


※ こちらの店、テレビ等マスコミの取材は、一切お断りしているようです。
  「ブログに掲載したい。」
  とお願いすれば、写真撮影等、快く許して下さいます。
 
東京のお店
鮨処銀座 福助 サンシャイン60店



娘達とサンシャインでお買い物の前に腹ごしらえ、もとい、ランチをいただく事に。
アルパ3階のレストラン街をウロウロ。
しかし、
土曜、昼時ということもあり、
どのお店も待ちの人達でいっぱい、行列ができています。

食べることにあまり興味のない娘達、
「食事のために並ばなくても・・・。」等と生意気な事を言いだし、
ついには、
「お昼食べなくてもいいしね。」
なんて、許せない発言(笑)まで。

待て、ちょっと待て、
こんなこともあろうかと、母はしっかり調べておいたのだ。
サンシャインの中には、3階以外にも59階にレストラン街がある。

『どうか空いていますように。。。』と祈りながら、エレベーターでビュ~ン。
空いてました。
空いている、というか、通路を歩いている人がいません。
静かです。
このフロアー、3階とは、雰囲気がかなり違います。

エレベーターのすぐ近くにあるこちらのお店に決めました。
銀座に本店を構えるほり川福助グループのチェーン店のようです。

ちょっとだけ高級感の漂う入り口周辺。

8




カウンター席と、テーブル席があり、
窓際のテーブル席へ。 (窓際の席は、他はすべて予約済みでした。)

席の配置がゆったりしていて、空間が贅沢に取られている店内は、
上質という言葉がぴったりな落ち着いた雰囲気。


静かに食事を楽しめます。

訪れた日が曇りだったこともあって、
地上220mからの眺めは、 感激するほどではありませんでしたが、
晴天の時や、夜でしたら、たぶん、綺麗だろうと思います。


9



ランチのメニューは、
1260円【握り7カン・玉子焼・巻物3切】から、3990円【鮨コース】まで、9種類ほど。



特選ランチにぎり 2100円をお願いしました。
(にぎり12カン+玉子焼き・茶碗蒸し・お椀・アイス)


まずは、茶碗蒸し
4







3



ほどなくして、握りが運ばれてきました。
早っ!
お客の入りが3割位ということもあったからでしょうが、
それでも、入店して10分もかからずに、食事ができるなんて。驚きです。

大きなお皿に、小ぶりなお鮨達が、大変綺麗に並んでいます。
ネタの彩りから、握りの位置を決めてあるみたい。

1








2




『綺麗。』が第一印象。
でも、
次に思ったのが、
『握りが小さい。』
おちょぼ口の私に合わせて、握って下さった、と考えれば、嬉しいけど・・・、 (←図々しいか?笑)
違いますよね。(笑)

そして、
『ネタが薄い。』
シャリの量がかなり少ないので、バランスを考えれば、ネタもこの位でいいのかもしれませんが
薄いだけでなく、中には、水っぽいものもあり、
お魚の新鮮さなどは、ほとんど感じられません。

さすがに12カンもあるので、完食後そこそこお腹はいっぱいになりましたが、
『お鮨を食べた。』という満足感は得られませんでした。

う~ん
私、おちょぼ口だけど、(←まだ言ってるし。笑)
胃は大きいのよ。(これは真実)

お吸い物
5





アイス
6






てまり鮨と刺身サラダのセット 1680円(娘の)
(茶碗蒸し・赤だし・デザート付き)

7




お鮨は残念だったものの、お店全体の評価としては、それほど悪くないのは、
ホール担当のスタッフさん達の接客態度がとっても素晴らしかったから。

中でも、この春から働き出したと思われる新人さんの真剣さには、思わず応援したくなりました。
キラキラ光っていました。
あれから、半年。
今でも、あのスタッフさん、輝いているかしら?






関連ランキング:寿司 | 東池袋駅東池袋四丁目駅都電雑司ケ谷駅


東京のお店
おぐ羅


小さなビルの地下1階。
萌葱色の暖簾に、ホッ。
敷居が高そうな店構えではありません。
『大丈夫ね、私達が入っても』、って。ヘヘヘ(´ェ`;)ゞ
だってね、銀座でNo1のおでんやさんと聞いていたから、ちょっと緊張しちゃったの。

店内に入り、またホッ。
カウンター席に座り、またまたホッ。

お仕事帰りのサラリーマンと思われるお客さんが沢山。
忙しそうに動いているスタッフさんも沢山。
ざわざわしています。
極々普通の居酒屋さん、という雰囲気です。


生ビールと焼酎、
おでんを数種類と、銀鱈の煮付けを頂きました。

お通し
4







おでん
透き通ったつゆは、昆布だしがきいていて、薄めの塩味。
あっさりしていて、飲めちゃうほど。
『関東のおでん、ってみんなお醤油味だろう。』、と勝手に思いこんでいたけど…、違うのね。(´ェ`;)ゞ
関西出身のTちゃんも、気に入ってくれたみたい。よかった。
頂いたおでんの中では、
つゆをたっぷり浸み込んでいたがんもが、一番美味しかったと思います。
1







銀鱈の煮付け
かなり甘い味付け。
あっさり味のおでんと対照的だから、よかったけど…。
身は、脂ものっていて、ふっくらしていますが、
かなり濃い味付けですので、煮魚の出来としての評価は分かれるかも?
2







おでん以外のお料理もたくさんありますが、
お値段は、ちょっと高め。

銘柄入りグラスに入れられて出てきたアルコール類も、
ちょっと高めの値段設定。
3







飲み物が少なくなると、こまめに追加を聞いて下さいましたが、
う~~ん、
正直、落ち着かない。
気弱な主婦ふたり(?笑)は、40分足らずでお店を後にしました。


<余談です>

カウンターの隣の席では、女性の方がおひとりで、ビールとおでんを召し上がっていらっしゃいました。
これから、お仕事のようです。
銀座の蝶々さんをこんなに近くで見たのは初めてでしたが、
やっぱり綺麗ですねぇ。

こちらのお店、夜12時以降の入店も可のよう。
アフターで利用される蝶々さん達もいらっしゃるのかしら?

『やっぱり、ここは銀座なんだなぁ。』
と、お会計の時も感じた田舎の蛾でした。~ф"←蝿ではありません。(笑)






関連ランキング:おでん | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

東京のお店
ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン カフェ・バー


この日、3軒目のお店。
食べログで検索して訪問。

オレンジ色を基調とした明るい雰囲気の店内。
3





通りに面している側が、すべてガラスなので、自然光が差し込む。
道行く人を眺めながら、乾杯。
呑んだのは、
ワインだったと思う。(笑)
1






2






おつまみは、ミックスナッツ。
こんな器で出てくるのって、珍しいような。。。
全部食べちゃ、いけないような。。。
でも、食べちゃったような。。。(笑)
4





ホール担当の方は、とっても丁寧な接客。
居心地は悪くない。
ちょっと呑みたい時や、待ち合わせにも使えるお店。
なかなかいいお店だと思う。





関連ランキング:カフェ | 銀座駅日比谷駅内幸町駅

東京のお店


ロックフィッシュ


泰明庵を出て、次に訪れたのが、こちらのお店。
訪問は、もう4回目かな?
う~~ん、
正直、居心地は良くない。(笑)

なのに、なぜ?と思いますよね。

ここ、
居心地はよくないけど、
ハイボールが、とっても美味しいの。

それから、
午後3時から開いているお店が、他に浮かばなかったから(笑)

お腹は全く空いていないので、
ハイボールのみ2杯、あれ3杯だったかな(笑)のみ。

テーブルの上にピーナッツがあって、これは食べ放題。
お腹はいっぱいなんだけど、
ピーナツをぽりぽり食べてしまいました。(笑)

午後4時前なのに、
お店には、お客さんが結構いらして、
カウンターの方は賑やかでした。
(私達は、テーブル席)

それにしても、
ここ、
常連さんと、私達みたいなお客(訪問が数回)への
応対が違いすぎるような。。。(と、イジケル。。。笑)

でも、
ハイボールは、やっぱり美味しいから、
やっぱりまた訪問しちゃう、と思う。

それから、
どうでもいいことだけど、
ここ、
写真撮影禁止のお店の筈なのに、
食べログに写真がでてくるのって?
何故ざんしょ?






関連ランキング:バー | 内幸町駅銀座駅日比谷駅

東京のお店
泰明庵




Tちゃんとは、毎月一緒に食事(酒飲み)をさせてもらっている。
Tちゃんと私は、
同年代
配偶者がなんとなく同じタイプのサラリーマン
実家の嫁が云々(笑)
元々真面目な性格?(笑)
という共通点があるからか、
話がとっても合う。

いつも楽しい時間を過ごせるし、
何より、
自分が「素」でいられるのが嬉しい。

だからかなぁ。。。
私、いつも呑みすぎて、
正体無くして(笑)
Tちゃんには、迷惑をかけっぱなし。
次の日には、
「竜ちゃん、ちゃんと仕事行けた?」
って、メールをくれる。
ほんと、
こんなに迷惑かけているのに…。
心配してくれる。
私には、勿体無いほど いい人なの。

これからも、ずっとず~~っと 友達でいてほしいと、
心から願っている。


この日も、
Tちゃんとふたりで『蕎麦屋で昼酒』からスタートの女子会。

1軒目のお店はこちら。
訪問は2度目。

お互い、一度訪れているお店なので、
お店で待ち合わせという事にした。

ところが、
うぅ、
私、駅を出てから、迷子になってしまった。
スマホのGPSなんて、全く役にたたないんだわよ。

どうしていいかわからず、
Tちゃんに電話。
やっぱり道に迷っていた(笑)Tちゃんと、大通りを挟んで会えた。
(後日の待ち合わせは、これから、駅でお願いすることに。。。笑)


さてさて、
こちらのお店、
銀座にあって、銀座らしくないお店
の代表と言ってもいいと思う。

極々普通のお蕎麦屋さんという雰囲気。

頂いたものは次の通り。

シントリ菜のお浸し
1





玉子焼き
2





かき揚げ
3





焼酎
4




肉せいろ
5






6



こちらのお店は通し営業。
昼酒でだらだら にはもってこいのお店。

なのに、
3時を過ぎると(訪問は2時近く)
『2階席は閉めたい(席を1階に移してほしい)』
というような事を言われ、お店をでた。

ほんとは、もうちょっとゆっくりしたかった。

というわけで、このあとはしご酒となる。(笑)



関連ランキング:そば(蕎麦) | 銀座駅日比谷駅有楽町駅


東京のお店
 | HOME |