福臨閣



12月の日曜日11時前、
夫と車で、冬休みに入った次女を迎えに行った帰り道、
突然、夫が「ラーメンでも食べて帰ろう。」と、言い出した。

『どこのラーメンやさんに連れていかれるのだろう。。。』
と思っていたら、
なんと、
車を中華街の近くの駐車場に停めて、
「さて、まま、オススメのお店は?」
って、急に言われたってねぇ。。。わかんにゃいわよ。

食べログで検索する時間も貰えず、中華街大通りに向かって歩き出す。

途中、J飯店の別館を発見。るん♪
「ここがいいな。」
と言ったものの、
開店時間までまだ30分近くある。
気短な夫は、「待てないな。」 とな。(泣)

結局、【1日30食限定の白玉コース2,500円が半額の1,250円】という看板と、
呼び込みの綺麗なオネエサンに惹かれて、
こちらのお店を選びました。夫が!(笑)




中国古典様式をモチーフにしたと思われる店内。
2階と奥の方には、円卓もあるようですが、見える範囲は、すべて四角のテーブルのみ。
開店からそれほど時間が経っていないにも関わらず、お客の入りは6割程。
(帰りには、待ちの人もいました。)

コース料理は、1800円から10000円まで6種類。

頂いたものは、
勿論(笑) 白玉コース
10





 

三種前菜の盛り合わせ (3人分)
1






海鮮豆腐の卵白スープ
2






芝エビのチリソース炒め (3人分)
3






豚肉とピーマンの細切り炒め (3人分)
4






鶏肉の香味ソースとマヨネーズかけ (3人分)
5






小籠包
カニ卵入りシューマイ
6






五目チャーハン (3人分)
7






杏仁豆腐
8




芝エビのチリソース炒め初め、どのお料理も、味付けは濃くなく、食べやすい。
エビはぷりぷり、野菜はシャキシャキ、チャーハンはパラパラ。
素材、技術等は、悪くない、と思うけど、
「では、何が美味しかった?」と聞かれると。。。難しい。
インパクトにかけるような。。。

しかし、9品すべて頂くとお腹はいっぱいになる。
チャーハンはかなりの量だった。(笑)
質より量を好む人向きなコースだと思う。
定価の2500円なら、不満の残る内容だが、1250円なら、CPはまずまずかと。

接客は、女性スタッフさん達がかなり良いのに比して、
男性スタッフさん達は、かなり・・・。
笑顔や返事は全くなし。
無言で、お料理を、テーブルの端にドンと置いていく。
何が面白くないのかわからないが、
食べている私達まで不愉快になるような態度に、入店をちょっと後悔。


そして、
もっと後悔したのが、
オーダーの際、温かいウーロン茶をお願いしてしまった事。
「飲み物はこちらから選んで下さい。」という言葉に、
てっきり無料でウーロン茶がつくのだろうと、思ってしまった私が悪いんだろうけど…。
おちゃ~~!!じゃなかった。あちゃ~~~!!
有料だった。
500円。
まして、このウーロン茶、風味は全くなく、美味しくない。

9



白湯のようなウーロン茶のついたこのコース料理が、1750円と思うと、
CPは全然よくなくなる。(笑)

ほひゃ~~!!と苦笑いする私に、
「現地(中国)じゃ、お茶が有料は当たり前。」
と、さらりと言う夫。
って、知っていたなら、オーダーする際に言ってくれれば・・・、
ビールにしたのにさ。(笑)

お水は無料なのかしら?


最後にまたまた余談です。========

お店をでて、車に向かう途中、
次女が、
「ちょっと、あのお店に寄ってっていい?」
と言い、一軒のお店に入って行き、
一階の売店で、杏仁ソフトクリームを買い、
ニコニコしながら、ソフトをペロペロ。
「ここのソフト美味しいんだよ。
 実は、昨日、ここでサークルの人達と飲み会だったんだ。」
とな。
見れば、レストランには、待ちのお客がいっぱい。
人気店のようだ。
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000099/
『う~~ん、
 ここにすればよかったなぁ。』
と思う私の心を見たかのように(笑)
「さっき、ママ達が、お店選びを迷っている時、
 このお店の事、言おうかな、と思ったんだけど、
 きっと、パパとママのことだから
 このお店で人気の食べ放題のコースにするだろうな、って思ったから、
 言わなかったよ。」
と、笑いながら言う。

うん、
いい子だわ。
両親のメタボを心配してくれて。(笑)
それに考えてみたら、
次女にとっては、
連日中華だったのよね。
それでも、
文句のひとつも言わないし。
元々、あまり主張する子ではなかったけど、
ますます大人になってきたのかな。(笑)


帰りは、ベイブリッジを渡り、横浜の海や街を眺めながらの湾岸ルート。
海大好きの夫。
船大好きの次女。
なんだかとっても嬉しそう。
年末の穏やかなひととき、
ちょっとしたドライブだった。




関連ランキング:広東料理 | 日本大通り駅元町・中華街駅石川町駅

神奈川のお店

レパコガーデンのお菓子

2013/01/16 Wed 23:30


レパコガーデンのお菓子



福島市にあるお店のお菓子を頂きました。


可愛い円柱の箱に入っています。
1





中には、マドレーヌやダックワーヅなどの半生菓子とクッキーが入っていました。
お味は…、
気づいたら、無くなってました。(怒)
ま、
それだけ美味しかったんだろう、って事で。(笑)
2



福島市のお店ということで、ちょっと余談です。

私の生まれ育ったいわき市は、冬でもそれほど積雪はありませんが、
福島市は、かなり雪が降る街です。だと思います。
会津地方などは、もっと積雪がある。と思います。
同じ福島でも、かなり気候が違うんですよ。

『人柄というか性格も違う』とよく言われます。
会津の人は、おっとりとしていて優しく、
いわきの人は、浜関係の人が多いせいか、気短、威勢はいいと…。

うん、
確かにそう言われればそうかもしれないけど、
いわきの人の中にも、おっとりしている優しい人は沢山いるし、
会津の人の中にも、威勢のいい人はいるよね。

って、
当たり前かもしれないけど、
地域によって云々って、一概には言えないように、
最近多く思います。




家の周りをほんの少し雪かきしただけで、
筋肉痛になっている竜海です。(笑)






関連ランキング:洋食 | 南福島駅笹木野駅福島駅


頂いた物
玉笑


JR原宿駅から歩いて10分、となっているものの、
細い路地をくねくねと…。GPS機能が上手く働きません。(苦笑)
お店に着くまで、かなり迷いました。

コンクリートのモダンな外観。
1






看板はなく、お店の前に置かれた小さな行灯が目印です。
2





3





入り口右手に個室がひとつ。
L字型のカウンターに数席、4人掛けテーブルひとつ、2人掛けテーブルふたつの小さな店内。
黄緑色の塗り壁。
焦げ茶色の美しい床。
華美な装飾はなく、
カウンンター前の小窓から差し込む光が、やわらかな和の雰囲気を醸し出しています。
5






14







頂いたお料理は次の通り。

玉子焼き 735円
4






つまみにしん 1050円
6






海老の味噌漬け焼き (2本で)1050円
7






花巻そば  1575円
8






粗挽せいろ 1050円
9




飲み物は、ビールと日本酒をいくつか。
10






11






12







星の入ったお蕎麦は、コシが強く、風味も喉越しもいいものの、
やはり量はかなり少なめ。
(美味しいお蕎麦ってどこもみんな量が少ないよねぇ。)

海苔と海老を見間違えて(って、おいおい。大笑)オーダーした花巻そばも、CPはいいとは言えませんが、
美味しいお蕎麦であることは確かだと思います。
13






15






16






17






18







そして、
その美味しいお蕎麦よりもっと満足できるのが、おつまみ類の素晴らしさ。
程よい甘さのふわふわ玉子焼き。
6日間炊き上げたというつまみにしんは、柔らかく、薄味で上品です。
一番気に入ったのが、
才巻海老を西京味噌に3日間漬けこんで焼いたという海老の味噌漬け焼き。
特に海老の頭部分が美味しい。海老の味噌が西京味噌の甘さでより活きているような。
大変満足のいくひと品でした。


使われている漆器や陶器にもお店の拘りを感じます。

落ち着いた雰囲気の中、
趣きのある器を愛でて手にして、ホっ。
美味しいおつまみを口に、ホホ。
美味しいお蕎麦を口に、ホホホ。
美味しいお酒を口にた~~くさん。ホホホのホ。

たまにはいいですね、こんなひとときも。

また訪れたいな。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 明治神宮前駅表参道駅原宿駅


東京のお店
メヒコの蟹ピラフと雲丹ピラフ


4年位前、食べログに、いわきにあるメヒコマリンタワー店のレビューをアップした時、
他のレビュアーさんから頂いたコメントで、
(当時はコメントを普通に受けていました。現在はどの方からも受信をしない設定になっています。)
都内にもメヒコの店舗がある、というのを知りましたが、
未訪問のままで今まで。

浅草と東京ベイ有明、2店舗ありますが、
東京ベイの方で、
年末、仕事帰りに、長女がお土産に買ってきてくれました。

ビッグサイトのすぐ近くにあるそうです。

朝、注文しておいて、
帰りに、受け取ってきた、とか。

お持ち帰りのものは、
いわきの実家では、昔はよく利用していたのですが、
ここ2~3年は、全くありませんでしたから、
なんだか、とっても懐かしい~~。


パッケージの紙のデザインもちょっと変わりましたね。
昔は、メキシコのおじさん(可愛いキャラ)だったような。。。
割り箸の袋のデザインは、昔のままです。
1






2





蟹ピラフ
ドドーーン、と蟹がのっています。
ほじほじして身を取り出し、頂きます。
3





雲丹ピラフ
雲丹ピラフを、お持ち帰りのもので頂いたのは、初めて。
おや、
おやおや、
たっぷりの雲丹で炊き込まれています。
生の雲丹とはまたちょっと違った美味しさ。

これは、かなり気に入りました。
4



どちらも、ひと折、2500円弱らしい。
かなりの量が入っているので、
CPはまずまずかと。

都内で購入できるのは嬉しいなぁ。
「また、買ってきておくれ。」
と、長女にお願いしておきました。




関連ランキング:シーフード | 有明駅国際展示場駅国際展示場正門駅

東京のお店
台湾小籠包 モラージュ菖蒲店


モラージュ菖蒲の1階レストラン街にあるお店。

モラージュには、以前は、趣味の材料の購入&ランチ目的で、
友人と、平日よく訪れていましたが、
私の仕事が忙しくなって、平日のお休みをとるのが難しくなってからは、
しばらく訪れていませんでした。

久しぶりに日曜のお昼に行ってみたら、
うわっ!
人がいっぱい。
平日は、がらっがらっなのに、
日曜の混み具合といったら、
かなりのもの。

昼時のレストラン街は、どこのお店も待ちの列ができています。

時間をずらして、午後3時30分頃に再び。

未訪問のこちらのお店に決めました。

テーブル席のみ。
店内のお客の入りは、7割位。



小龍包 619円(5個)
熱々で、薄い皮の中には、スープがまずまず(?)の量。
以前、都内で頂いた某有名台北レストランDhttp://d.rt-c.co.jp/の小龍包よりは、
スープは多い。(笑)
お値段的にも、こちらの方がお安い。
正直、台北Dより美味しいかも。
1






2






石焼坦々麺 829円
3






石焼海鮮八宝麺 934円
ムム。
海鮮となっているけど。。。
野菜ときのこしか見あたらない。(笑)
5






どれどれ。
4





中から、海老を発見。
烏賊も発見。
でも、
やっぱり具が少ない。
とろみのついているスープは、お味濃い目。
麺自体は、悪くないように思うけど、
石焼にしたからかしら?
なんとなく、麺がのびているような。。。
麺がスープを含みすぎるのか、
途中から、スープがほとんどない状態に。ヨヨヨ。
あまり美味しくなかった。
これで、1000円近いお値段は、ちょっと…。
6




店名通り、
小龍包はなかなか美味しかったけど、
麺類はそうでもないかも。

再訪は微妙。





関連ランキング:飲茶・点心 | 菖蒲町その他

埼玉のお店

平和な時代に、

2013/01/10 Thu 11:35

ここのところ、テレビで頻繁に取り上げられているのが、
高校の運動部の顧問の先生の体罰の一件。

あぁ、
まだこんな風潮が黙認されているところもあったんだ、
と、驚く。


私の卒業した小学校、中学校、特に中学校は、
先生の暴力は、常習だった。
かなり酷かった。
昔(昭和50年あたりまで)は、どこの学校もそうだったのだろうか?
当時、都内から転校してきた子の話だと、
「前校では全く有り得ない」、と言っていたけど。。。

私は運動部には所属していなかったが、
普通に学校生活を送る中で、
一日、何人もの生徒が殴られるのを、見てきた。
いや、
見てきただけでなく、実際に、平手で頬を叩かれたことも数回あった。
女生徒だろうと、先生達は、全く手加減しなかった。
所謂往復ビンタなるものを受ける女生徒だって、沢山いた。

勿論、どんな理由があろうとも暴力は絶対にいけないのだが、
殴る理由が…。
そんなことで、頬が真っ赤になる程殴る必要があったのだろうか?
と、
今でも、あの当時の暴力が酷かった先生の顔を思い浮かべることもある。
(何年経っても忘れない。執念深いのだよ、わたしゃ。ヒヒヒ)


あの当時、あの学校の先生達は異常だったと思う。

例えば、
授業が始まり、ベルと同時に、自分の机の上に、
その日に学習するであろうと思われる教科書のページを開いていないだけで、
往復ビンタ。

大きな音に驚き、ちょっとよそ見をしただけで、
往復ビンタ。

忘れ物などしたら、もう大変だった。

叩かれるだけでなく、
蹴られ、2m位、飛んだ子。
口から、血を流した子。

さすがに、鼓膜が破れ、病院に運ばれ、
親が騒ぎ出し、地方紙がそれを取り上げた時だけは、
一旦、ほんのひとときだけ、先生達の暴力はなくなったが、
すぐに元の黙阿弥。
私が卒業するまで、3年間、ずっと先生の暴力はあった。
生徒は、みなビクビク、オドオドとした毎日。
本当は、中学校時代って、一番楽しい時期の筈だが、
私は、もう二度とあの頃には、戻りたくない。
ただ、
同じ境遇で頑張って耐えてきた生徒同士は、
特別な連帯感のようなものもあったように、思う。
あの時期には、戻りたくないが、
クラスメートには会いたい。


その後に入学したのは、女子高。
暴力は、全くない。
されたことも、見たことも、聞いたこともなく、
なんて平和な学校なんだろう、と、
しみじみ、この学校に入れてよかった、と思ったものだ。

その後、私は、先生から暴力を受けたことは一度も無く、
たぶん、子供達も、先生からの体罰の経験はなかったと思う。

『いつの間にか、平和な時代になってよかったなぁ』、と思っていたから、
今回の事件は、自分の中学校時代を思い出し、
なんだか切なくなった。

自殺する位なら、学校を辞めればよかったのに。
と、大人は思えるが、
そんな風に考えることもできない位、追い込まれていたのだろうと思うと、
気の毒でならない。

どうでもいいこと
あげは 丸井大宮店 (再訪)


『大宮でお茶』と言ったら、
最近は専らこちらのお店。
私、段々新しいお店の開拓なんざぁ、興味がなくなってきたような。。。
所謂食べログ魂なるものがなくなってきつつあるんだわな。(苦笑)

ま、これは仕方ない事かな。。。

考えてみれば
昔から、
食べる事は好きだし、外食も大好きだったけど、
それよりもっと大好きだったのが、お洒落だったし。
お洋服とかアクセサリーとか雑貨とか、
ウインドーショッピングだけでも楽しめた女子(女子?ん?笑)だったし。



大宮でのお買い物で一番利用するのが、丸井。
こちらのお店は、この丸井3階にあるカフェ。

この日は、娘達と3人でお買い物。
途中で疲れて、お茶、となった時、
長女の希望する違うカフェを無視して、こちらを選んだ私。
勿論、こちらのお店が気に入っているから だけど、
ちょっとひと休みするだけに、
あまり歩きたくなかった、というのもある。(笑)


頂いたのは、抹茶アイス 630円
普通に美味しい。

1






2





ごまアイス 630円 (娘の)
小ぶりだけど、アイスが3個入っているので、
ひとつトレードしてこちらも頂いたけど、
こちらのアイスの方がより私好みでした。
抹茶アイスより甘くない。
3



お値段はちょっと高めだけど、
雰囲気も接客もいいし、
何より、丸井の中にあるので、
きっと、
次もここで休憩すると思う。(笑)


※丸井のカードで支払いをすると、
 15時過ぎなら、5%引きになります。






関連ランキング:和食(その他) | 大宮駅

埼玉のお店

白松がモナカ

2013/01/06 Sun 21:32

白松がモナカ


「仙台のお土産」
というと、
笹かまぼこが有名ですよね。

お菓子類だと、
ちょっと前までは『萩の月』
今は、喜久福の『ずんだ大福』
が、人気があるようですが、

私の中での仙台土産といえば、こちらの最中。
1



大納言・胡麻・大福豆の3種類があります。
(季節もので栗もあるみたい。)

私が一番好きなのは、胡麻。
2


最中の大きさも何種類かあるみたいですね。
↑のものは、普通サイズだと思います。


余談です。
ちょっと昔、
いわきの親戚の家に、都内で有名な最中をお土産に持っていった時のこと。
その家に同居していた従姉妹のご主人(宮城出身)が、
「最中と言ったら、白松がモナカ。他のものは、俺は食べない。」
と言われ、
「そんな事わざわざ言わなくても…」
と、その時はちょっと思ったけど、
その位、『宮城の人にとっては、大切なブランドだったんだなぁ』
と、今は思います。


最中繋がりで、またまた余談です。
亡くなった父も、最中が大好きでした。
いわきに帰省する時は、よく『虎や』の最中をお土産にもって行きました。
その最中を都内で買ってきてくれたのは、大抵長女でした。

先日、その長女が、
「今日、デパ地下で、虎やの前を通ったの。
 すぐにじいちゃんの顔が浮かんだんだ。
 でも、
 もう、
 『じいちゃんに、じいちゃんのために、買うことは、もうできなくなっちゃったんだなぁ』
 って思ったら、悲しかった。」
と、ちょっと涙目で話した。

一緒に住んでいたわけではないので、
常時、亡くなった祖父を想っていたわけではないだろう。
娘の私でさえ、今でも、遠く離れた故郷で、父は元気でいるように思えるのだから。

でも、こんなちょっとした事で、思い出してもらえる父は幸せだったし、
こんな娘を持てて、私は幸せだな、と思う。
(すみません、また親馬鹿です。笑)




関連ランキング:和菓子 | 広瀬通駅あおば通駅勾当台公園駅

頂いた物
 
グーテ・デ・ロワ ホワイト



職場での頂き物の中で、
ガトーハラダのラスクが結構多い。(嬉)

美味しいよねぇ~~!

だ~~い好き。

正式な商品名は、グーテ・デ・ロワ
フランスパンとバターから作られたラスク。
サクサクとした食感とバターの香りがいい。


今回、頂いたのは、グーテ・デ・ロワ ホワイト
グーテ・デ・ロワの片面にホワイトチョコレートがコーティングしてあるもの。
これもまた美味しいね。

上質なチョコレートを使用しているからかな?
10月1日から5月下旬までの限定販売らしい。

1





2





3






製造販売しているお店、本店は、なんと群馬。
以前は、取り扱っているデパートが少なくて、
簡単に購入できなかったけど、
今は、都内や千葉、神奈川、大阪、勿論埼玉でも購入できる。
ネットでも購入できるみたいです。





関連ランキング:洋菓子 | 新町駅

頂いた物
CAFE やいち




北本駅西口から徒歩2分。
駅前ロータリーから小道に入ってすぐの処に、とっても素敵なカェがあります。

お店の前に、1台分の駐車場(軽なら2台可?、大型乗用車はちょっと無理かなぁ。)があります。
1






2






3





趣きのある扉をカランコロンと音をたてて開けると、
左側に陶器類が主のギャラリー、
右側がカフェ。
4




カフェエリアには、大きなテーブルひとつ、
2~4人掛けのテーブル3つ。
5






6






8






9






10



手作り感たっぷりの、大変趣きのある内装は、
DIY好きな方にはたまらないでしょうね。
11






12






13



オープン時間は、11時から19時まで。
飲み物とスイーツを目当てに訪れる方が多いようですが、
実は、ランチ用のメニューも数種類用意してあり、
どれも丁寧に作られていて、なかなか美味しい
です。

今まで友人と何度か訪問していましたが、
今回は、ひとりで。(私っ!偉いっ!)
12月、土曜日。
実は、この後に開かれる飲み会に参加までの時間潰しでした。ヘヘヘ(´ェ`;)ゞ

頂いたものは次の通り。

◆自家製ジンジャエール 500円
レモン、香辛料、しょうがスライスを、
天然のはちみつにじゅっくり漬け込んだジンジャーシロップを炭酸で割ったもの。
甘いけど、爽やか。
とても飲みやすいジンジャーエール
です。
底の方に沈んでいるシロップ漬けのしょうがを、
細長いお洒落なスプーンで、頂くこともできます。
しょうが好きでしたら、是非、召し上がってみて下さい。
でも、
しょうが好きでない方も一度召し上がってみたら・・・、
しょうがが好きになるかもしれません。  その位、美味しいと思います。
14






15



◆バナナガトーショコラ 500円
しっとりとした生地には、チョコレートがたっぶりと使用されているのがわかります。
ふわふわとかいうやわらかい感じではなく、
しっかりとしたケーキ。
残念ながら、バナナの風味はそれほど感じられませんが、
珈琲との相性はかなりいいかも。
かなりボリュームがありますので、
『食後にちょこっとデザート』
というよりも
『昼食を軽くすませて、お夕飯までもたないわ。』 的な時がいいかも(笑)
16




飲み物とデザートを一緒にお願いすると、
スイーツセットとなり、200円お得の800円になります。
17





メニュー
18


他にも、
注文を受けてから、豆を挽き、店内にある茶釜のお湯で丁寧にハンドドリップで抽出した茶釜珈琲(500円)
無農薬栽培の一番茶を乳酸発酵させ、まるでハーブティのような香りが楽しめる阿波晩茶(500円)
北本産蕎麦粉を使った塩バターキャラメルガレット(800円)や、レアチーズケーキ等の他に、
あんみつあんこロールなど和ティストのものなどもあります。

注文したものが出来上がるまで、
店内のギャラリーを観覧することもできます。
(勿論、購入もできます。)

カフェエリア担当のスタッフさんは、この日はおふたり。
程よく放置して下さいます。

好きな雑誌や本を眺めたり、
なぁーんにも考えずにぼーっとしたり、
ひとりだけの時間を心穏やかに過ごすには、最高のお店だと思います。
20







願いは、
お喋り好きなおばさんのグループと一緒にならない事ね。(笑)


       

※ 年始は1月7日までお休みです。



関連ランキング:カフェ | 北本駅

埼玉のお店
あけまして・・
と言いたいところですが、
・・・・・
喪中です。


でも、新年のご馳走は、例年通り、頂くことにしました。


ご近所のレストラン『どっかる』のおせち。
半月前位に電話予約済み。
1






2




4~5人分 20000円
3





一の重
ロブスターショウフロワ
牡蠣の燻製
ずわいがにのテリーヌ
自家製スモークサーモン
海老のエスカベッシュ
4





二の重
ローストビーフ
鴨の燻製
日向鶏のマリネ
チミンのガランティーヌ
豚足とハムのジェリー寄せ

6






三の重
あわびのチュミチュリソース
アナゴのテリーヌ
カスラ
有頭海老のボイル
帆立の燻製
真鯛のエスカベッシュ

5




いい素材のものを沢山使っていて、
CPはかなりいいと思います。

全体的に薄味。
でも、
日持ちを考えてか?
なんとなくジューシーさがいまひとつのような。
同じような仕上がりになってしまったような。。。

お醤油とかマヨネーズとか、
今まで必要がない内容でしたが、
今年度は、あった方がいいかな?というものもいくつか。



一番美味しかったのは、
ずわいがにのテリーヌ

次に美味しかったのが、
アナゴのテリーヌ

って、我が家は全員テリーヌ好き、ってことかも(笑)

実は、このふた品(ズワイガニのテリーヌ・アナゴのテリーヌ)が毎年魅力的で、
こちらどっかるのおせちに決めた、と言っても過言ではない。

でも、
20000円のおせちでも、
4~5人分となっているため、
こちらのテリーヌが人数分、ない。

そこで、(内容がすべて同じという)2人前のものもお願いしました。
(我が家は5人家族)
一重 10000円
7






8





ところが、
目的のテリーヌが。。。。
どちらのテリーヌも。。。
入っていない。(泣)

9





ま、
いいんですけどね。
美味しいから。
でも、
追加の2人前(一重)は、なくてもよかったような。。。
10



『来年は違うお店にしてみようかしら』
と思いながらも、
バクバクと
元日の昼前には完食した我が家です。(笑)



関連ランキング:フレンチ | 桶川駅北上尾駅

埼玉のお店
 | HOME |