かいしま (こんなお店に行ってきました。)
2013年06月26日 (水) | 編集 |
長谷寺の近くでジェラートを頂いた時には、
もう、午後2時過ぎ。
同行のひとりが、
「ご飯が食べてぇ~~。。。
 米が食べてぇ~~!!」
と、言い出した。(笑)

当初の予定では、七里ガ浜の人気カフェに行くはずだったものの、
急遽、目的地を江ノ島に変更。

シラス丼が目的。

以前訪問したお店『天海』は、パス!(笑)

「生シラス入荷」
の看板に惹かれて、
こちらのお店に入りました。




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 片瀬江ノ島駅




しらす丼(900円)は、
生しらすと、茹で上げしらすが、
半々に入った丼。

器が、やたら大きくて、
まぁ、
これだけで、なんとなくお得な気持ちになるのは、
私だけかしら?(笑)
1






2



『特に美味しい』というわけでもなく、
かといって、
『美味しくない。』
というわけでもない。

CPも、まぁ、こんなものかと。。。

特徴はないものの、
まぁ、
極々、普通の感じのお店でした。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 片瀬江ノ島駅




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 片瀬江ノ島駅




鎌倉ジェラート (こんなお店に行ってきました。)
2013年06月25日 (火) | 編集 |
鎌倉のあじさい寺(明月院)を後にして、
次に訪れたのは、
長谷寺。

明月院は、意図的に青い紫陽花で統一されていますが、
長谷寺は、色々な色彩の紫陽花が咲き競い、
斜面を登っていけば、遠くに海も見えます。

私的には、こちら長谷寺の方が好き。

しかし、
長谷寺の散策路の『入場待ち時間15分』の看板に、
「長谷寺は観たこととしよう。」
という事となり、
記念写真だけ撮って、さようなら。(笑)
15


同行者のひとりが訪問を希望していたお店でひと休み、となりました。
長谷寺の近くにあるジェラートのお店です。

1


シングルサイズが300円。
ダブルは400円。
トリプルは450円。
となれば、トリプルに決まり。(笑)
ストロベリーチョコレート、そしてトマトをチョイス。

「え~~!トマトーー?」
と、みんなには驚かれたけど、
トマトが一番美味しかったよ。



関連ランキング:アイスクリーム | 長谷駅由比ケ浜駅極楽寺駅







花鈴 (こんなお店に行ってきました。)
2013年06月23日 (日) | 編集 |
花鈴


優しい職場の仲間と訪れた鎌倉。
明月院であじさいを愛でた後に訪れたこちらのお店。

円覚寺のすぐ近く、線路沿いに佇む可愛らしいお店です。

店内からの景色。
1





みたらし団子が3本、お茶、お口直しがついて500円
2





前日、たまたま、知り合いからみたらし団子を沢山頂き、
もう団子は。。。。の私は、
ガラにも無く(笑)
冷やしゼンザイなんぞを頂きました。
3





白玉の上には、金粉が乗っています。
ちょっとだけ高級感。
ゼンザイは、それほど甘くはありません。
でもぉ…、
この量を頂くとぉ…、
辛党の方には、ちょっと苦痛かもしれません。(笑)

しかし、冷房の効いた店内は快適。
奥のフロアーにも、テーブル席がいくつか用意されているようです。

ちょっとひと休みするには、いいお店だと思います。




関連ランキング:甘味処 | 北鎌倉駅




明月院で、「ちょっと待ったーーー!!」 
2013年06月23日 (日) | 編集 |
先週、勤め先の病院がお休みの日(平日)
職場の人達4人で、鎌倉に遊びに行ってきました。

出発した時は、曇り。
しかし、鎌倉に着いたあたりから、雨が降り出しました。

目的のひとつでもある明月院(別名・あじさい寺)観光は、
テレビなどでも、最近頻繁に紹介されています。
なんでも整理券がでるほどの人気とか。
「雨が降って、観光客はきっと少ないよね。」
と、裏をかいたような事を、言っていたものの、
現地について、びっくら。

さすがに、整理券がでるほどではありませんでしたが、
北鎌倉駅のホームは、改札のところから行列ができています。
「みんな、雨降りなのに、よくでかけてくるわ。」
と…、
周りの人達(他人)も言っています。(笑)

詳しく道順を調べてきていませんでしたが、大丈夫。
人の流れに従って歩き、あじさい寺に到着。

1



2


3年前に見た長谷寺のあじさいほどは、綺麗ではありませんでしたが、
まずまず。

明月院本堂の円窓から後庭園を眺めてみたいと、
300円を払おうとした時、(拝観料500円の他にかかります。)
まさかの
「ちょっと待った~~!!!」

うぇ~~ん。
「素足の方は、上がれません。」とな。。。ヨヨヨ。
半分サンダルのような靴を履いて行った私は、素足。
本堂の中に入れませんでした。
これさぁーーー。
ネットでいろいろ下調べしたけど、どこにもそんな事書いてなかったよ。
てか、これ(素足、厳禁)は常識なのかしら?
これからの季節、
素足で出かける方は、注意です。
皆さん、靴下を持って行きましょう。


3



丸窓から、向こうのお庭が見たかった。。。(涙)
4



常識のない私に付き合ってくれた同行の人達、
「もともと興味ないから。」
と、笑ってくれています。
みんなホントいい人ばかり。

「駅からここに来る途中にあったみたらし団子が食べたい」
と、誰かの声に、一同賛成。

あじさい寺を後にしました。

食べごろ
2013年06月20日 (木) | 編集 |
この写真を見て、
「ピーマン、ちと細いなぁ。。」
と、思われた方もいらっしゃるでしょう。

1


でもね、これ、しし唐なんです。
しし唐にしては、大きいでしょう。
コホっ、我が家の今年初の収穫野菜です。

新居の庭は狭いのに、
夫君は、一番陽のあたりがいいところに、
茄子としし唐の苗を全部で6本も植えて、
家庭菜園を始めました。
(お陰で、お花関係は、プランターとか、陽のあたらないところへ。ヨヨヨ。)

私と同じで欲深の夫君(笑)は、
そろそろ食べごろの大きさになっても、
「いやぁ、まだまだ。」
と言って…。

ここまで大きくなりました。

それにしても、これ、ひとつだけ。
他は、まだまだみたい。
まだ花の段階です。

ひとつだけ、
どうやって食べようかなぁ。。。


食べごろといえば…、

先日のゴルフで、ブービー賞より酷い成績(ビリとも言う)を取った夫君が、
持ち帰った賞品(?)が、メロン。

立派な箱に入っているものの、
メロン自体は、高級な種類のものではありませんでした。
でも、
我が家にとっては初物。
どうせなら、美味しく頂きたいな、と、
食べごろを、メロンの下(おしりの部分)を押して、計ります。
私の指で、ブイブイと。(笑)

数日後、わずかに軟らかくなってきたように感じ、
また、
甘い香りもたちはじめました。

入刀。

メロンの上の部分はまだ硬く、
下の部分は、軟らかく、食べ頃。
『この違いって。。。』(汗
毎日、私が、指で押していたところだけが…
と、心で思う私に、

「あっ、ママの指のあとが!」
と、大笑いする夫。

はいはい、
そうよ、私が軟らかくしてあげましたよ。
全体を押してから切ればよかったかなぁ。
ってそうくるか?(笑)


第5回 上尾美酔会
2013年06月19日 (水) | 編集 |
6月16日(日)、
地元の友人に誘われて、
第5回 上尾美酔会
に行ってきました。

お店は、上尾西口の『さかなや』さん

谷津観音の近くのビルの地下1階
日本酒の一升瓶がずら~~りと並んで、私をお出迎えしてくれました。(笑)

営業中の札はでていますが、
この日は、
会に参加予約した人しか入店できません。
1





狭い階段を下り、店内へ。
カウンター、4人掛けテーブルふたつ、奥の小上がりに座卓がひとつ。


指定された席へ。
私達は、テーブル席。(年配者席?笑)

10数名の方が参加されていました。
お店の常連さんがほとんどのようで、
皆さん、和気あいあいといい感じに盛り上がっています。


今回のテーマは山田錦。
6種類の日本酒を呑み比べです。
2






3





右の白色のものは、①番の上喜元のスパークリング。
シュワシュワしてて、乾杯には最適。
4




なかなか手に入りにくいお酒のようです。
10





こちらは、福島のお酒。
うん、
これが一番私好みだったわ、やっぱり(笑)
11





日本酒がメインですが、
お料理もなかなかでした。
さかなやサラダ
5





お造り
千葉県産カツオたたき
大分県産関伊佐木
北海道産つぶ貝

新鮮。
盛り付けも綺麗です。
6





だし巻き卵
7





天麩羅(海老・茄子・青唐)
8





お蕎麦
9




残ったお酒を皆で分けるのですが、
テーブル(座卓・カウンター)ごとに、代表者がじゃんけんをして選びます。
なんとも楽しい~~。

あっと言う間の2時間半、ん?3時間だったかしら?(笑)

かなりの量の日本酒を頂いたのと、
翌日は朝から仕事だったため、
二次会はなしで、真面目(?)に帰宅。

美しく酔った夜(美酔会)でした。ケケケ

余談です。
さて、この日は、父の日。
夫は、私の父ではないから(当たり前だ。笑)
私が出かけても問題ないだろうと思い(夫も了解)、
家を空けたのですが、
まぁ、そのおかげで、
長女が夫の為に、買出しに行き、夫の好きな料理を作ってくれたようで…、
夫がなんだか嬉しそうでした。
いい父の日になったのではないでしょうか。



九龍居 桶川店 (こんなお店に行ってきました。)
2013年06月11日 (火) | 編集 |
九龍居 桶川店


今年の4月にオープンした中華料理のお店。
国道17号沿い。
駐車場も広い。
以前は、なんとかとんかつ(店名忘れた。)
その前は、確か、岩盤浴のお店。
その前は、居酒屋。
その前は、ステーキ『宮』
だったと思う。

『宮』の時期は長かったけど、
その後は、短期間にお店が変わっていたように思う。
今度のお店、大丈夫かなぁ、と少し心配。
だって、なんとなく、どんなお店が入っても、駄目な(長続きしない)処って、あるよね。


さて、初回訪問は、4月末。
オープン時のチラシに惹かれて(笑)だった。
通常1000円以上する海老チリとか海老マヨが580円という大特価。
かなりのお得感は得られたし、
お味もそれほど悪くはない。
でも、通常のお値段だと、夜の訪問は微妙かなぁ、と。。。

そこで、2度目は、平日のランチ。
日替わりランチ 714円
1





海老チリ
かなり大きな海老、ぷっくりしていて美味しい。
お味もなかなか。
2





醤油ラーメン
台湾ラーメンか醤油ラーメン、好きな方を選べる。
セットについているラーメンだけど、
普通に一人前の量。
お味は、昔懐かし中華そばって感じで、好み。
あっさりしていて、後味も悪くない。
美味しいと思う。
3



揚げシュウマイやサラダ、お漬物、ご飯がついて714円。
かなりCPはいい。

他にラーメンセット(787円)などもあるようだし、
ランチは、いいと思う。


3度目の訪問は、夜。
『初夏の大感謝祭』のチラシに惹かれて。(笑)
またまた、海老系のものを頂いてきました。

1






2




店内スタッフさんは、全員中国のかた。
日本語がほとんどわからない人もいるけど、
一生懸命さは伝わってくるので、
特に、不満は感じない。

でも、やっぱり、お客の入りがなぁ。。。
頑張ってほしいな。




関連ランキング:中華料理 | 桶川駅



久々の休日
2013年06月09日 (日) | 編集 |
働き者というのとは、ちょっと違うような気がするが、
私は、ほんの少しでも、気になる仕事(家事も含めて)があると、落ち着かなくて、
常に動いている。

「えーーー!!
 なのに、どうして痩せないの?」
と、不思議に思うかたもいるかもしれませんが…、
それは、それ以上に呑み食いをしているからよ!。ふん、悪かったわね!(笑)

箪笥の中とか、食器戸棚の中とか、
所謂収納スペースは、常に、整然としていないと、
なんだか落ち着かなくて、
私は、いつもゴソゴソと動いている
まるで、ゴキブリ?(笑)

いやいや、ゴキブリとか虫関係が大嫌いだからこそ、
いつも綺麗でいなければいけないと思う、変に真面目(?)主婦なんだと思う。

新しい家に越してきてからは、
やらなければいけないことが山ほど。
仕事が休みの日でも、休むことなく、ずっと動いてきたように思う。

土日お休みの夫は、
最近はパチンコにも行かず、ずっとお家でくつろいでいる。
=
正直、私は、くつろげない。(笑)


今日は、越してきてから初めて、
夫がゴルフで早朝から一日おでかけ。
ヒャッホ~!!
今日は、家事を一切せずに、夕方までのんびりしようと、決めました。

パソコンの前にドカッ。(笑)

ククク
まだ、オテントウ様がでているけど、
呑んでしまいました。

この後、酔って、あなたのところにも、意味不明な電話をするかもしれません。
どうか、お許しを。
って、もう、酔ってるのかなぁ。。。(笑)

たまには、こんな休日もいいね。

新ばし 久 (こんなお店に行ってきました。)
2013年06月09日 (日) | 編集 |
新ばし 久


新橋駅近くにある烏森神社の参道から1本細い路地を入ったところ。
看板などはでておりませんので、
初めて訪れる方は、迷うと思います。
私達、お店の前を何度も行き来してしまいました。(笑)

当日訪問前にお席のみ予約済み。

平日、開店とほとんど同時に入店。
優しい雰囲気の店主さんが温かく迎えて下さいました。

カウンターに置かれたお品書きには、
先附け・お造り・お椀・魚料理・肉料理が『おきまり』と書かれていて、
そのほかのお料理名が並んでいます。
お値段は、書かれていません。
1






2





3





『おきまり』は、おきまりのようで、必ず頂かなければいけません。
内容は、お店任せ。
この日は、
先附け   ほたる烏賊
4






お造り    鰹、平目、帆立
5






6






お椀     蛤のお吸い物
6






魚料理   銀鱈の照り焼き
7






お肉料理  ローストビーフ
8






最後にあずきとイチゴが添えられた抹茶のムースが出てきました。
9



どのお料理も丁寧な仕上がりですが、お味は家庭的。
繊細で、奥深い味わいのお料理を期待されていくと、
ちょっとだけがっかりしてしまうかもしれません。

飲み物は、ビールと日本酒を沢山。(笑)
12






10






11





13






14




好きなお猪口を選べますが、
どれも同じようなぐい呑みばかりで、
選ぶ基準は容量となりました。(大笑)
15







お会計はふたりで、2万円弱。
『おきまり』は、どうやら、ひとり5000円のようです。

カウンターに10席ほどの店内。
入店してしばらくは、お客は私達ふたりだけでしたが、
帰る頃には、満席状態。
ほとんどが常連さんのようで、皆さん、ご飯を注文されています。
そう言えば、私達が着席した際にも、店主さんからご飯をどうするか聞かれていましたが、
コースで出てくる以外、お酒を呑んだ時には、ご飯はほとんど食べない私達は、お願いしませんでした。

帰宅後、他のかたの食べログの口コミをよく読めば、
こちらのお店では、『おきまり』の他に、ご飯とアラカルトのフライを頂くのがベストのよう。
次回、訪問する時は、私達も、美味しいと評判のフライを是非頂いてみたいです。

え?
ご飯は食べないのって?

ご飯の分、呑みたいです。
“ご飯でおなかいっぱい”より“アルコールでおなかいっぱい”が、
私達夫婦のおきまり。(笑)



関連ランキング:割烹・小料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅