手打ちうどん いしづか



【今日11月29日は、いい肉(1129)の日】って、知ってましたぁ?
 
ということで、
お肉、それも牛肉が汁に入ったうどんをご紹介したいと思います。
(随分と話題をとばしました。笑)

牛肉汁うどんを頂けるお店は、『手打ちうどん いしづか』さん。
桶川にある老舗です。
桶川駅東口から歩いて数分、旧中仙道沿いにあり、駐車場は、建物の横の敷地に4台分あります。
isi1



私、こちらのお店には、今から10数年前に、宴会利用で、一度だけ訪問済み。
昔(その時期まで)は、今のようにはアルコールを呑んでいなかったのに、
頂いたお料理の記憶が・・・、全くない。(笑)

【肉汁うどんが美味しい&その肉は牛肉】
という情報は、
4年前にアップされたsavanna-fox さんの口コミで初めて知りました。
いつか頂いてみたいなぁと思いながらも、なかなかチャンスがなく、
今回、念願かなって(再)訪問となりました。


お店に入って、正面が厨房、左側の小上がり座卓が3つ位,右手と奥にテーブル席があります。
民芸調の家具などが置かれていたり、足元には間接照明があったりと、なかなか趣きがある店内。
isi2





isi3



ホール担当の方は、笑顔もなく、余計な話等は全くして下さいませんが、
感じは決して悪くなく、もくもくとお仕事をされているご様子。

メニューを見るまでもなく、
◆ 肉汁うどん (つけうどん) 680円をお願いしました。

注文を受けてから、茹で始めるようで、ちょうど15分待って、ご対面。
isi4






麺は太く、ねじれていて、ちょっぴりワイルド。
ちょっぴりというのは、思ったより色白だったから。
逞しいお母さんというイメージ。(←私ではありません。笑)
もっちりとした食感がいい。(←やっぱり私?大笑)

isi5






つけ汁は、胡麻の浮いた汁面の上に、沢山の葱。横から三つ葉がちらりと顔をだしています。
isi6






『あれ?牛肉はどこだ。』、とお箸を中に入れると、
いやぁ~~、た~~くさん、入ってました。
汁は、どちらかというと、薄味。
すき焼きの汁のような、甘じょっぱいものとはちょっと違います。
これは、『うどん自体の旨味も消さないようにと、考えられた味付けなんだろうな。』と勝手に解釈。
国産牛を使っていると、メニューには記されてましたが、
正直言って(すみません。)それほど高級なお肉には、私は思えませんでした。
isi7



しかし、このお肉の量と、うどんの美味しさで、このお値段。
お得だと思います。


夫が頂いた◆肉うどん(680円)は、温かい汁の中に、うどんと牛肉や野菜が入ったもの。
汁のお味は、つけうどんより、もっと薄味で、醤油の風味が少ない。
濃い~~の大好きな夫には、ちょっと物足りなかったようです。
isi8







待っている間に、メニューを拝見しましたが、
こちら、呑み目的で訪れても満足できそうな品揃いです。(嬉)
特に、天ぷらは、盛り合わせだけでなく、海老や烏賊、かしわや色々なお野菜、ひとつからお願いできるようですので、
夜利用又は昼酒にもぴったりな私好みのお店のようですよ。ククク。
isi9





isi10





isi11





isi12






また、
当時、savanna-fox さんが提案されていた【ご飯のセットが200円】、メニューにでていました。
肉汁うどんと一緒に注文すれば、お肉をご飯にのせて牛丼としても楽しめるようですね。
次回、やってみます。


余談です。=======
こちらのお店のある通り(旧中仙道)は、
さほど長くなく、飲食店も数えられるほどしかありませんが、うどんやさんは数軒あります。、
これは、江戸時代、桶川宿が、近隣の村々で生産された農作物(麦や紅花)の集散地であったことが多いに関係しているようです。

少し離れたところにある蔵造りの古い建物↓は、かつて穀物問屋だったとの事。
isi13





isi14




おうどんを召し上がった後にでも、観に行ってみて下さい。
なかなか素敵ですよん。





関連ランキング:うどん | 桶川駅

埼玉のお店
「いつも利用しているスーパーで売っている大根より、
 他のスーパーの方が、5円とか10円安いから、って、
 わざわざ、そこのスーパーまで行く人がいるけど、
 そんな事、考えられないわ~~~。」
とのママ友の言葉に、

『う~~ん、この人とは、心からの仲良しになれないかもしれない。』
と思った私。(笑)

結局は、彼女が遠くに引っ越すまでの数年間、仲良くお付き合いしたんだけどね。
(こういう面以外では、気があったし、彼女は、とても優しい人だったから。)

でも、私は、新聞のちらしで、スーパーの特価品のチェックは好き。(笑)、
確かに、1本5円安い大根のために、その一品だけを購入するためだけに、
車で、遠くのスーパーにでかける事はしないけど、
近くにある3~4軒のスーパーのちらし内容を見比べて、
その日に行くスーパーを決めることがほとんど。
これって、普通の主婦の行動よねぇ?

そして、
その折込広告のちらしの中に、飲食店の割引券のついたものなんぞを発見すると、
思わず見入ってしまい(笑)
ファイリングしてしまうという主婦の鏡だ。(?笑)

有効期限がきれたものなどは、こまめに捨てる。←変なところが几帳面。(笑)

割引券の中には、ドリンク100円券とかいろいろあるけど、
【おひとり様、ひと品限り、200円引き】
なんて魅力的なものもあって、
そういうところには、「ちょっと行ってみようか?」と、即行動に移す。

この日もそうだった。

って、なんて長い前置き。(笑)



華屋与兵衛 上尾店


本社は東京。
関東(埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城)に多くの店舗を持つ和食ファミリーレストランチェーン店。

こちら上尾店は、上尾の町外れにあるので、車利用の方がほとんどだと思う。
駐車場は結構広い。

外観も店内も綺麗。
テーブル席とお座敷があり、
昼でも宴会が行なわれていることもある。

松花堂、握り寿司、天ぷら、とんかつ、そば、うどんと、なんでもOK的にメニューは豊富。
小丼や小うどん、小そばのついたセットメニューも多く、
なんとなくお得な気分で沢山食べてしまいそうなお店(笑)

この日、頂いたのは、
大海老おろしそば 穴子握り付き 1218円
yohe1




yohe2




yohe3




yohe4



海老は確かに大きい。美味しい。
穴子はやわらかい。でも…。

そして、おそばにかける汁が少ない&オイチクナイ。
大海老おろしそば、全体のバランスが、なんだかよくない。

200円の割引き券を使って
1218円→1018円になったけど、
あまりお得に感じられなかった。

と、お料理の感想はこれだけ。(前置きのなんと長いことだ。笑)

でも、好みが多少違う人が集まっても、各々好きな(和風)料理が食べられて、
ゆっくりとできるお店。

ホール担当の方は、皆さん、とっても感じがよかった。




関連ランキング:和食(その他) | 北上尾駅上尾駅桶川駅


埼玉のお店
またまた、ふなっしーネタですみません。

一昨日、患者さん(Aさん)が、にこにこしながら、数枚の写真を見せてくれた。
なんと、
先週末、羽生で開かれたゆるキャラさみっとの写真だった。
http://www.city.hanyu.lg.jp/kurashi/madoguchi/character/02_culture/02_kankou/yuruchara/yuruchara.html
いろんなゆるきゃらと一緒にAさんが笑っている。
写真を見ていて、私まで、なんだか嬉しくなってしまった。


Aさんは、全身に麻痺があり、重度の障害を持っている。
とっても辛い時は、車椅子を利用されるが、
時間はかかっても、ひとりで歩いている。
言葉はかなり聞き取りにくいが、一生懸命に話されるその内容は、
結構、ダジャレとかもまじえて話されて、面白い。

羽生のゆるキャラさみっとには、
お友達と車ででかけたようだ。

写真の中に、
ふなっしーも写っていた。

私;「うわっ!ふなっしーだ。」
Aさん:「うん、いたよ。
     お話もしたんだよ。」
私:「え~~、いいなぁ~~。」
Aさん;「『どちらから来たんですか?』
     とか聞いてくれて、いろいろ話して、笑ったりね。」
と、とっても嬉しそう。楽しかったようだ。

ふなっしー、あの船橋訛り(?)で、
Aさんに話しかけてくれたんですね。

ほとんど言葉を出さないゆるきゃらの中で、、
ふなっしーのあの独特なお喋りも、人気のひとつなのかもしれない。

何事にも一生懸命なふなっしー。
そして、きっと、中に入っている人は、
心も優しいんだろうな、
と思う。


ゆるきゃら、
た~~くさん、増えすぎて、
その内、飽きられてしまうかもしれないけど、
こういうお祭りは、楽しいからいいな、と思った私は、
やっぱり、ミーハーだからでしょうか?(笑)

あ、
オカザえもん、残念でしたね。(笑)
↓ 注)音声ありです。



つぶやき
長女が、千葉のお友達のところに遊びに行ってきて、
お土産に買ってきてくれた
ふなっしーパン



f1




f2



ひゃ~~~!!
可愛い~~~なっしーね~~~~!!

f3



ふなっしーの内蔵(笑)
f4


メロンパンみたいで、とっても美味しい。
このパン、
あのドンクが作って、販売している。

ひょ~~~!!
ふなっしーも、やるなっしーーっ!!




関連ランキング:パン | 南船橋駅船橋競馬場駅大神宮下駅



頂いた物
レストラン リューズ



日展鑑賞の前にランチを、ということでお店探し。
食べログを参考にして、日展会場にも近いこちらのお店を選びました。
予約の際、電話に出られた方の受け答えが大変丁寧で、好印象を持ちました。


地下鉄日比谷線六本木駅から歩いて数分。
緩やかな坂道を登った先のビルとビルの間の幅広の外階段を降りていくと、
左側に看板が見えてきます。
r1





r2




お店は地下1階にありますが、
エントランスに面したガラスからさしこむ光のお陰で、店内は暗くはありません。
そして、全体的に落ち着いた色調の店内は、シックで大人の雰囲気。
夜利用もかなり素敵でしょうね。


厨房の見えるカウンターに数席、奥には、半個室のような席もあるようですが、
私たちは、窓際のふたり席に案内されました。
バックを椅子の横の床に置こうとしたら、真っ白な布を敷いて下さいました。
接客は、大変丁寧。

この日の客層は、ほとんどが中年の女性グループ。
『美味しいお料理とともに、お喋りも楽しみたい』という方がかなり多かったように思います。
でも、この時は、このざわざわ感が、この手のお店に慣れていない私達には、有難かった。(笑)
全く緊張することなく、食事が楽しめました。

さて、まずは食前に飲み物。
「この後の日展鑑賞に、酔った状態ではさすがにねぇ。。。。」
と、
軽く、
ビールを頂きました。(-_-) (呑むんかいっ!笑)
私としたことが、なんとこのグラス1杯のビールで結構酔ってしまいました。(不覚だ。)
r3




お昼のお料理のメニユーは、3600円、5800円、8400円の3種類。(サービス料が10%つきます。)

前菜、メイン、デザートそれぞれ数種類の中から好きなものを選ぶプリフィックススタイルの
3600円のランチコースをいただきました。
r4





r5



アミューズ
冷製のスープとブルーチーズのマドレーヌ

r6







前菜
フランス産鴨フォアグラのソテーをビーツと共に フランボワーズの香りで(+800)

フォアグラのソテーは、火入れの状態も大変良く。しっとりまったり。
素材もかなり良いものを使っているように思えました。
何もつけずにそのままでも充分な美味しさですが、
フランボワーズのソースや下に敷かれたビーツ(赤カブのようなお野菜)とともに頂くと、
また違った美味しさを楽しめます。
r6




r7






メイン
根室産真鱈をモンサンミッシェルのムール貝とポテトピュレと共に パセリ風味で

盛り付けも味付けも、繊細で美しく、上品。
厚みのある真鱈を覆うように添えられたポテトピュレの口当たりの滑らかさと、
粗く刻まれたムール貝とパセリのソースが、全体を優しくまとめている感じ。
上質と言う言葉がふさわしいようなお料理でした。
r8




r9




デザート
レモンのクリームを詰めたフロマージュブランのムース ライムのジュレと共に

可愛らしい盛り付け。
ふわふわムースの甘みとライムジュレやレモンの酸っぱさが、うまく調和していて、
まるで、素敵なハーモニーを奏でているよう。(←フフフ、詩人みたいな感想だわ。)
r10




r11





食後の飲み物
珈琲

r12






小菓子
フィナンシェとパートドフリュイ

r13



メインといい、デザートといい、
こんなに優しい味わいのフレンチを、私は初めて頂きました。

しかし、娘が選んだメインやデザートは、味付けがしっかりとしたもののようでしたので、
どのお料理も、薄味で優しいというイメージではなく、
お料理によって、変化をつけてるようですね。
あ、勿論、娘のお料理もとっても美味しかったそうです。


娘のメイン
豚肩ロース肉のブレゼ 粒マスタードのソースと共に 焼野菜とサラダを乗せて

r14





r16






デザート
キャラメルムーストプラリネのガトー ヘーゼルナッツのグラスを添えて

r17






r18





パン
とっても美味しくて、ぱくぱく。
お料理を待つ間に籠の中のものを全部食べちゃいたい位でした。
ぐっと、我慢して(笑)
メインのためにひとつずつ残していた、という健気な私達(大笑)
r19




ところが、ギャルソンさんは、このあたりもちゃ~~んと見ている。偉い!(笑)
お替りを持ってきて下さいました。
パンは、やはり熱々の状態。
さすがに、もうかなりお腹がいっぱいでしたが、
折角温めて下さったのに、全く手をつけないのも申し訳ないわね、
と、パクリ(笑)
勿論、籠全部は食べませんでしたよ。
r20




サーヴのテンポはかなりゆっくり目。
お手洗いから戻った時にも、必ず椅子を押して下さるほど丁寧な接客。
帰り際には、シェフが、わざわざ挨拶に出てきて下さいましたし、
イケメンのギャルソンさんは、お外まで。(嬉)
お料理は勿論ですが、サービス面でも、大変満足できたお店でした。



=====ちょっと余談。m(_ _)m=========

食べログのお店の詳細に、【日本酒あり】と表示してあったことを思い出し、
ギャルソンさんに伺うと、
その日は、八海山と何か(←忘れた)と…。
シェフが新潟出身というのも関係しているのでしょうか。
いや、それにしてもフレンチのお店に日本酒とは・・・。素敵。
自由な発想というか、お客のニーズに応えたものなのかしら。
私的には有難いですっ。(笑)

私: 「よし、次回は、カウンターで。日本酒をちびちび。そして、この素晴らしいフレンチね。」

娘: 「はいはい。(-_-)   はぁ~~。」




関連ランキング:フレンチ | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

東京のお店
今、(いい事で、ではありませんが)ちょっと話題になっている日展を観てきました。
日本画、洋画、工芸、書道など
とても沢山の作品が展示されていますので、
すべてを観ることはせず、(時間的に無理だわ。)
日本画と洋画をじゅっくり、という感じで。

日本画は、私は一度も描いたことはありません。
絵の具が高いから(笑)
いや、
実際はそれだけが理由というわけではないのですが。

「日本画と洋画の区別って、よくわからない。」という方、多いと思います。
私もそうでした。
今もぱっと見ではわからないものもあります。
絵の具や道具が違う。描き方が違う。
描く難しさや楽しさも違ってくるそうです。 
(長女談)



さて、日展。

日本画を観てから、洋画の会場に入った瞬間、
なんとも言えぬ、感動が。
(こんな感動は初めてでした。)

私の中のイメージでは、

日本画は静。
油絵は動。


まさにその通りで、
油絵の力強さ、迫力に、圧倒されました。

いつもに比べると、
若い方の作品も多かったのかしら?(笑)
斬新で、ハっとするようなもの、いきいきとした作品が多かった気がします。

私の恩師の作品も勿論展示されてました。
(音声ガイドがついてました。借りればよかった。。。)
恩師の作品は、どちらかというと、いつもは暗めのイメージなのですが、
今回は、明るく淡い色使いが加わって、優しいイメージの作品。
『あぁ、やっぱり素晴らしい。』
と、改めて感動&尊敬。
先生はもうかなりご高齢。
いつまでもお元気で、素晴らしい絵を描き続けていただきたいです。


午後3時過ぎに会場に入って、
気づいたら、もう閉館の時間が近づいていて。
あっという間の3時間でした。

お外に出ると暗くなっていて、
「こりゃぁ、ミッドタウンのXmasイリュミネーションを観ねぇわけにはいかねぇなぁ。」
と、近くの東京ミッドタウンへ、てこてこと移動。

こちらも例年通り、素敵でした。

mid4






mid3





mid1





mid2



どうでもいいこと

にゃんこ移動

2013/11/20 Wed 02:25

にゃんこ、お隣の庭に移動。
どうでもいいこと

暇人

2013/11/13 Wed 03:25

土曜に食べログにアップした大宮のお店『かのん』の口コミの最後に、
また、食べログから削除依頼。下書きに戻されていた。
問題部分はこれ↓

=============
最後に(`・ω・´メ)
店内にいたおばさんグループ2~3組に、言いたかった。

「お料理食べて、飲み物飲んで、少し休んだら、お店出ようよ。
 お喋りは、違う処ですればいいじゃん。
 おいおい、席で化粧までするなよ。
 お外で待っている人が沢山いるの、見えているでしょ!」

私達が入店して時には、すでに食べ終えてたのに、お店を出る時、まだお喋りしていました。(怒)

常に満席というのは、こんなお客もいるからかも。




口コミガイドラインの、
「6. 個人への誹謗中傷、店舗への断定的批判、及び不適切な表現は禁止します。」
に該当するんだって。

まぁ、ちょっと素直に書きすぎたかな、とは思っていたけど、
個人っていったって、
訪問日時を書いていないんだから、
特定の個人を攻撃したわけでもあるまいし。。。ブツブツ。

勿論、お店への断定的批判にはあたらないだろうしね。。。
むしろ、本当は、『こういうお客がいるとお店側は大変だろうなぁ』、という気持ちで書いたんだけど。



私は、誰かに相当嫌われているんだろうなぁ。
というのも、
食べログの口コミって、1件1件、社員が読んでチェックしているんだって。
だから、
私のこの口コミを担当者が読んで問題としたのなら、もっと早くに連絡がくるはず。
だって、この口コミは、次の日の埼玉のピックアップ口コミに選ばれたものだったんだから。(笑)

こんな些細な事にまで、【問題あり】と食べログ側に連絡していく暇人がいる、って事ね。
誰だかは、見当つくけど。

まぁ、気にして見てくれているんだと思えばいいか。(笑)
どうでもいいこと
かのん


【大宮駅周辺で、美味しいパスタが頂けるお店】ということで、
ずっと前から、気になっていたお店です。

しかし、日曜日が定休日。
平日に何度か訪問しましたが、いつも満席でふられてばかり。
待つことを覚悟で、先日、昼、訪れました。
やはり、満席。待ちの人はなし。
「お料理ができるまで、20分位かかりますが、よろしいでしょうか?」
というお店の方の丁寧なお言葉。誠実な対応に好感が持てます。
たぶん、お勤めの方の短い昼休み時間内の利用も多いからでしょうね。

かのん1



お外で待つ間、メニューを見せて頂きましたが、
店内から漂ってくるにんにくのいい香りに、心は決まってました(笑)
『にんにくだ。にんにく、食うぜ。ぷは~~!』

待つこと数分で着席。

店内はカウンターに4席。テーブルいくつか。かなりこじんまりとしています。

ホールにおひとり。厨房におひとり。ふたり体制のようです。
お忙しいでしょうに、大変丁寧な接客をされていて、感心しました。


ランチ メニューは、A・B・Cと3つ。
デザートが付くとか、ドリンクが付くとか、そう言う分け方ではなく、
全部で10程あるパスタの種類で分かれています。
【使っている具材によってお値段が違う。】
考えてみれば当たり前ですね。
大盛料金も違ってくるのは、麺だけが大盛になるのではないから。
このあたりの拘り方もいいですね。


かのん2




かのん3


すべてのランチに、サラダとパンと飲み物(珈琲か紅茶、アイスもOK)がつきます。

◆Bランチ 1000円(ヴォンゴレ ビアンコ)をお願いしました。

熱々で登場。
にんにくとオリーブオイルのとってもいい香り。
麺の太さは普通。麺の量も普通。
殻つきではありましたが、アサリ自体は、それほどぷっくりしていませんが、
麺にアサリとにんにくの旨味が、程よく絡んでいて、とっても美味しい。
濃い目の味付けも私好み。

『う~~~ん、大盛にすればよかった。』(笑)


かのん4




かのん5




かのん6




同行者の
キャベツとアンチョビのスパゲッティ 900円

かのん7



メニューを手渡された時に、日替わりのパスタが終わってしまった事は聞いていました。
日替わりは、木の子とベーコンのクリームソース。
お隣の方の、クリーム系のパスタもとっても美味しそう(見てたんかいっ!笑)
次回は、クリームのパスタを頂いてみたいです。
でも、待っている間に、にんにくの香りにまた誘われちゃうとなぁ。。。(笑)
あ、
にんにくというよりガーリックと言った方がいいわね。
『ガーリっ君の誘惑に負けちゃうかも~~。』ってか。(笑)
ついに、妄想の世界に入り込んだおばさん(私)です。



=============
最後に(`・ω・´メ)
店内にいたおばさんグループ2~3組に、言いたかった。

「お料理食べて、飲み物飲んで、少し休んだら、お店出ようよ。
 お喋りは、違う処ですればいいじゃん。
 おいおい、席で化粧までするなよ。
 お外で待っている人が沢山いるの、見えているでしょ!」

私達が入店して時には、すでに食べ終えてたのに、お店を出る時、まだお喋りしていました。(怒)

常に満席というのは、こんなお客もいるからかも。



関連ランキング:イタリアン | 大宮駅


埼玉のお店

コンビニおでん

2013/11/09 Sat 10:50

『あまちゃん』を観ている頃は、続けて放送される『あさいち』も、(仕事がお休みの時は)必ず観ていた。 
結構為になる内容が多かったし、なによりアナウンサーのキャラが好きだから。
ところが、
『ごちそうさん』を観なくなって、違う番組を観ていると、
ついつい15分を過ぎてしまって、あわててチャンネルを変えることも度々。
アラームをかけておこうかしら。(笑)

先日、放送された【おでん特集】
【コンビニおでん】の汁の味が、家庭で簡単にできるという。

我が家だけなのか、地域的にそうだったのかわからないが、
私は、18歳で家をでて暮らした学生寮の食堂で初めて【おでん】を食べた。
母親の作ったおでんというものを食べたことがなかった。
夫に聞いたら、夫の実家でも一度も食卓にでてこなかったというから、地域的なものが強いような気がする。

結婚後、料理本を参考ししたり、お友達に聞いたり、テレビの料理番組を参考にしたりして、
自分なりに【我が家のおでん】をつくり続けてきた。
きちんと昆布でだしをとって…、時間をかけて…。それこそ自己満足の世界(笑)

ところが、
あのコンビニおでんを初めて食べた時、
『もしかして、こっちの方が美味しいかも?』と思った。(笑)

昨日、『あさいち』で放送された通りに作ってみた。
なんと簡単。
沸騰したお湯にオイスターソースとだしの素(ほんだし)、お塩をいれるだけ。

おぉ、
確かにコンビにおでんの味に近いような気がする。
でも、何か足りない。
レシピ以上にオイスターソースを入れたり、お醤油もちょろっといれたり、
あれこれと、勝手に味を調えていたら、
いつもと同じ味になってしまった。(笑)


でも、帰宅した家族は、
リビングに入ってくるなり、
「コンビニの匂いがするぞ。」って。
どうでもいいこと
季の屋 アリオ上尾店



今年の6月にオープンしたアリオの1階に入っているお店。
綺麗に並んだサンプルに思わず見入ってしまった。(笑)
平日、昼、12時前に入店。
お客は2~3組。
その後、あっと言う間に満席状態。
人気があるのね。

『この内容で890円はいいかな』、とこれをお願いしました。
他におうどんがついて1000円位の坊ちゃん御膳(だったような?)とか、
とんかつセットとか、メニューは結構豊富。
季




それほど待たずにまどんな登場
小鉢の中身は、日替わりのようで、メニューとは違っていたものの、
写真とほぼ同じような盛りというのは、感心。
まどんな懐石 890円
季





天ぷらは、衣が多めのぼてッとした揚がり具合。
(衣少な目、サクっが、私は好み)
でも、海老が結構大きかったから、許せる(笑)
季




ロール寿司は、サーモン・玉子・サニーレタス・胡瓜が入っていて、
下にちょっと甘めのドレッシングも敷いてある。
勿論お醤油皿も添えてある。
季




お味は中華風。
同行者曰く「安っぽい味だけど、なんだか落ち着く。」って。
ふたりでニヤケた。(笑)
季




茶碗蒸しの中には、ちゃんと海老も鶏肉も入っていた。
季





季



いろんなお味が楽しめたけど、
これと言って特別美味しいというものはなかった。
でも、890円なら充分な内容だと思う。
だって900円しないんだから、ってこの10円で、主婦は騙されちゃうのよ(笑)

客層は、平日だったので、女性のグループがほとんど。
結構年齢層が高い。
車椅子使用の方や杖をついたおばあちゃんが結構いた。
今は、お家でお茶のみするより、
こうしておばあちゃん達も、お友達と外でランチをすることが多くなったのかな?
いいことだと思う。

入り口のすぐのところには、4卓ほどあるお座敷もあった。
ここは、小さなお子さんを連れた方達で、いっぱいだった。

使い勝手はいいお店だと思う。
たぶん、休日は混むでしょうね。

メニューにまどんなとか坊ちゃんがついたものがあるのは、
このお店の本社が愛媛県にあるからかな?
坊ちゃんというと、なぜか坊ちゃん団子を思い浮かべてしまう。(笑)
http://www.utuboya.co.jp/menu.html
ランチのデザートに、坊ちゃん団子がついたら、楽しいだろうな。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 上尾駅宮原駅西大宮駅



埼玉のお店

屋台 連ちゃん

2013/11/05 Tue 01:54

昨日の市民祭りの屋台に続けて、今日も、また屋台です。
おぉ、屋台2連ちゃん。

昨日より、全体的にお値段がちょっとお安い。
お味もまずまず。

こちらは、次女の通う大学の学園祭。

塩焼きそば 300円
yoko2






揚げシューアイス 200円
yoko1





モツ煮 250円
yoko3





わらび餅 100円
4




スープチャーハン 300円 を作っているところ。
5




次女は、2年生。
去年は都合が悪く観に行けなかったし、
もう、来年からは、学園祭とかには、参加しないだろうから、
今回が最後のチャンス。
夫は、一度もキャンパスの中に入ったことがない。

次女が所属するサークルが、食べ物の屋台を出すようなので、
できれば、物陰からこっそりと、次女の売り子さん姿が見たかったが、
次女は、その時、(構内の)違うところにいたようで、
見られなかった。残念。

それでも、
夫婦で2つ購入し、
学園全体で行なっているコンテストの
【美味しかったものを選ぶ投票用紙】に、こっそりと書いて出し、
「これで、2票は確実だわね。」
って、
なんて健気(?)な親ざんしょ。(笑)

そして、娘のアパートに届けたいものもあったので、車で出かけたため、ビールもなし。

展示物も
イベントも観ず、
呼び込みの学生さんに負けて(ん?笑)
屋台の食べ物を買って食べて帰ってきただけだったけど、
ちょっと楽しかった。

学園祭自体は、(この日のこの1時間あまりは)凄く盛況とまではいかず、
ライブとかも、ほとんど無名の人(誰だったか忘れた。笑)

ライブって、普通は、大学出身のアーティストとかがでるのかしら?
(最近の事情が全くわかりませんが)
B'zの稲葉がそうだけど、
う~~ん
でないな。(笑)

あいにくのお天気だったから、
人の出も悪かったのよね。。。
昨日の方がきっとよかったよねぇ。。。
明日はいいお天気のようだけど、普通の日だから。。。(学園祭は明日もある。)


滅多にメールをくれない次女から、
夜、
「今日はありがとう。」
と、メールが入った。

どうでもいいこと
3連休の真中の今日(11/3)は、桶川市民まつり
9時30分から15時30分まで、旧中仙道を交通止めをして行なわれた。

今年、第38回。
我が家が桶川に来る前から続いているのね。

子供達が小さい頃、何度か連れて来たことはあったが、
夏の夜に行なわれるお祭りほどの賑わいはなく、
露店も少なく、なんとなく寂しいお祭りだなぁ。。。という記憶しかなかった。

今の家に越してきて、中仙道はすぐの処。
わざわざ、というほど構える必要もなく、
お散歩気分で夫と出かけてみた。

わざわざではないけど、
もしかしたら(いや絶対よ。笑)呑んじゃうかもしれないので、
お買い物とか車を使う用事はその前にすませておくという、
この完璧なオオザル(夫)コザル(私)



それほど広くない旧中仙道が…、
ひろ~~い
と思える程、人がいない。(笑)

露店も少ないのに、
行列もない。(笑)

唯一、人だかりができていたのが、
こちら桶川のマスコットキャラの
オケちゃんの前。
うん、可愛いわね~~。
1

隣で少し顔を見せているのが、
隣町の北本のマスコットキャラ、トマぴょん(だったと思う。)

その隣にいた桃のマスコットキャラも可愛い。↓
胸に【カワミン】の名札。
う~~ん、
川越?の?
と思ったら、
なんと
川島町のマスコットキャラだった。
そして、桃ではなく、無花果だという。オホ。
2



結論
『オケちゃんは、隣町とも仲良し。』



さて、
このお祭りの一番の人気【皇女和宮行列】
1861年、和宮内親王が、14代将軍徳川家茂にお興し入れするために、中仙道を通って降嫁した際に、桶川宿本陣に宿泊したという歴史があり、
それを再現したのが、
この【皇女和宮行列】
3





4





5




皇女和宮のモデルは、確か、一般公募していたような。。。
えーーーーっ
こんなに美しくない人が選ばれたのぉーーー?
と思う年もあるのは事実(笑)

でも、今年の和宮様は、普通に可愛い人でよかったわ。
(普段、私のブログには、人物の顔写真は、絶対載せませんが、
 このような掲載も承知の上だろうと思いますので、掲載します。)

6





7




行列を見送ってから、テコテコと歩いて、
ことぶき広場(旧桶川南小)へ。

ここでは、ひとり500円で、熱気球の試乗ができる。
できれば乗りたかった。
9




10



搭乗券の販売は終わっていた。
でも、
熱気球はその時点でもその後も何度も上がっている。
恨めしそうに(笑)
その様子を観察していてわかった事。
「係りの人と関係のある人は、乗れる」

私と同じように、熱気球に乗りたくて見つめている子供達の横から現れた一家。
係りの人が、その一家を見つけると、
「乗っていいよ~~。」
って。

搭乗券の確認とか全くしていないから、
もう、これは関係者の知り合い以外何物でもないのは明白。

ちと、頭にきた。
私は別に乗らなくてもいいけど、この様子を見ている子供達はどう思っただろう。

この熱気球の運営をした団体を知って、
やっぱりな、と思った。
ロータリークラブよ。
(個人的に結構嫌い。内緒ね。笑)

ま、
市で運営しているなら、文句のひとつも言うけど、
こういう団体がボランティア目的(500円もとるけど。)でしていると言われたら、
文句言えないわね。

でもなぁ。。。
なんとなくすっきりしなかった。



餅つきをしていた。
着物の柄、
もうちょっとなんとかならなかったのだろうか。。。。
12




2時間位の間に、頂いたもの。
中仙道沿いで、生ビールと骨つきソーセージ。
(写真撮る前に食べてしまった。笑)
13




広場でボーイスカウトの団体が売っていたカレー(超甘いレトルトと類似)と
300円が200円に値下げされたピザーラのピザ。
15



夫はこの他に日本酒と焼き鳥を食べて結構ご機嫌。

終了は15時30分。
その30分位前に帰宅の途。
中仙道、もう、露店も何もかも終わっていて、
超~~~寂しかった。

でも、
歩いて数分のところで、これだけ楽しめたので、いいかな。
どうでもいいこと
寿司 久寿美


最初っからちょっと余談ですみません。m(_ _)m=========

2年前に訪れた浅草のお鮨やさん。弁天山美家古寿司
真面目な店主さんが握るお鮨を、やはり真面目なお客さん達全員が、静寂の中、もくもくと。
だ~~れも笑わないあのお店の光景は独特で、
私は、【笑っちゃいけない】というタイトルで、食べログに口コミをアップしました。

それを読んでくれていた友人から、
先日、
【笑っていいお鮨やさん】があるけど(笑)、行かない?」
とお誘いを頂きました。

勿論、OK牧場。(←古っ 笑)。

友人達と4人で、土曜、夜、訪問しました。

銀座、並木通り、ビルの2階。
店内に入ってまず綺麗な白木のカウンターが目に入ります。
他にテーブルと半個室があります。
明るい。
店内が明るい。
そして、迎えて下さったお店の方達の明るい笑顔。その笑顔を見て、
【笑っていいお店】と言う意味がすぐにわかりました。

とかく、カウンターでお鮨、まして銀座で、となると、
場慣れしていない私のような者は、緊張してしまいます。
お鮨の美味しさはわかっても、
楽しい時間を過ごすことができない事も度々。
こちらは、そんな緊張感を全く持たずに、楽しく美味しくお鮨とお酒を頂けるお店なんです。


まずは、ビールで乾杯。その後は、日本酒を沢山。(笑)
1






2







3




お任せでおつまみをいくつか、握りを数貫握って頂きました。
4






5






6






7





8






9






10





11






12






13





14






15






16





17




炙ったものが好きという友人の言葉には、葱鮪や秋刀魚の炙り鮨もさりげなく。
玉子焼きは、出汁の風味と甘さが強く、お鮨やさんにはちょっと珍しいかも。(私は好みでした。)
鮑も穴子も、そして中トロもとっても美味しい。
この道30年という板長さん自ら築地で仕入れてきた最高のネタを使われているというのが納得できます。

私達は、すべてお任せで頂きましたが、
10000円のコースで、とか最初に予算を伝えても、あの板長さんなら、OKでしょうね。

銀座のお鮨やさんだからって、緊張なんかしなくていい。
わからなかったら、素直に聞けばいい。
自然体で振舞っても、柔軟に受け入れてくれるお店だと思います。


気取らず気負わず、でも、美味しさは銀座級。
いいお店だと思います。



関連ランキング:寿司 | 新橋駅内幸町駅銀座駅

東京のお店
 | HOME |