Toshi Yoroizuka Mid Town



今までアップした私の食べログの口コミを見てみると、
ケーキなど洋風スイーツのものが極端に少ない。
(お味ではなく、見た目重視でご紹介したものが、2件のみ。)

『まぁ、のん兵衛ですから、甘いものにはそれほど興味がない。』 というのは確かなのですが、
それでも、イチオウ(←強調)は女子ですので、ケーキなんぞも、普通に食べてはおります。
ただ、驚く程のものに今まで出会えていなかったため、こちらにはアップしていなかった、というのが本当のところ。

そんな私が、『こりゃぁ~~!!スンバラシイ~~!!』と唸ったケーキの事を、今回書いてみたいと思います。

知る人ぞ知る、というより、誰でもみんな知っている?(なのに私は全く知らなかった。笑)
トシ・ヨロイヅカのデザートです。

ル・ポ 420円
固めのシューがカットされたものに挟まれたクリームがやばい、もとい、コホ、美味しいです。
甘めのクリームにラム酒の風味。
下のシュー生地に、ラム酒が少し浸みていて、ちょっとサバランのような感じではありますが、
サバラン程アルコールが主張していません。
甘いものもお酒も大好きという大人のかたに、超お薦めです。
t1




t2




t3





クレーム・ピスターシュ 360円
派手な飾りつけなどはありません。
見た目、透明なカップに入った普通のピスタチオのプリン なのですが、
これは、
ピスタチオ風味豊かなとても美味しいクリームのかたまり。
ひと口頂いて、
「あぁ、お豆の味がする。」
と、デザートなのに、素材をここまで上手に活かしている事に感動しました。
そして、生クリームも沢山使われているのでしょうか、
まるで、クレーム・ブリュレのようにやわらかく、滑らかな食感です。
ピスタチオ好きなら、是非食べてみて下さい。絶対気に入ること間違いなしです。
t4




t5



今回購入した六本木のミッドタウン店は、テイクアウトだけでなく、
店内のお洒落なカウンターで、目の前でデザートが作り上げられていく様子を眺めながら、頂くこともできるようですので、
次回は、是非、アシェットデセール( 皿盛りのデザート )を目で舌で楽しんでみたいと思いますが、
お店のHPや他のかたの口コミを拝見すると、
テイクアウトのものと比べると、お値段がかなり高価になっているようですね。
CP的にどうなのでしょう。
お店の雰囲気やサービス、一瞬の芸術作品にたいする感動が、どれだけ影響するか…。
楽しみです。

今回の私の評価は、あくまで、この上記のふた品についてのものです。

※ケーキ等要冷蔵商品のテイクアウトは、保冷剤で1時間まで(無料)。
 専用の保冷バック+保冷剤なら2時間まで可能。(有料)



<余談です。>============
長女と「うひゃ~~!!美味しい~~!!」と、ニコニコ食べている横で、
ブランドものが嫌いな頑固な夫は、
「俺は、ガ○ガ○君がいい。」
と、冷凍庫から取り出して、ガリガリ。(`ε´)
「まぁ、そう言わず食べてみてよ。」 ( ・_・)ρ
と、無理やり口に入れてあげたら、
なんと素直に
「美味しいな。」
って。
そして、なんと
「どこで買えるんだ?」
と。。。
興味を持ってくれたみたい。
オミヤに期待できそうです。

フフフ。
【ブランドを知らなくても、ブランド嫌いな人でも、この美味しさは認める】って事ですね。




関連ランキング:ケーキ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅


東京のお店


ラ スフォリーナ


現在開催されているオルセー美術館展を観賞する前に、ランチのお店として、食べログで検索。
こちらのお店から国立新美術館まで歩いて3分という近さに惹かれて決定。
ネットで予約しました。(ランチタイムの予約は、コース利用のみ)

平日、昼、訪問。

ミッドタウンから国立新美術館に向かう通りから、ちょっと入った処。
煉瓦の塀と緑に囲まれ、ちょっと隠れ家風の外観。素敵です。
テラスには丸テーブルがいくつか置いてあり、どうやらこちらはワンちゃん連れもOKの様。

(訪問した日が、真夏の為、さすがに利用されている方は、ひとりもいらっしゃいませんでした。)
す1




す2




す3


店内は、窓際に2人用のテーブル席がいくつか、4人用のテーブルがふたつ。
カウンターに数席。
木のぬくもりが感じられる落ち着ける雰囲気。

ランチタイムは、平日限定のパスタランチと3種類のコース。
●パスタランチ 1400円
   お通し・パスタ・食後のお飲物
●コース A 2600円
   お通し・前菜・パスタ・デザート・食後のお飲物
●コース B 3800円
   お通し・前菜・パスタ・メイン・デザート・食後のお飲物
●シェフにおまかせコース 5800円


前菜、パスタ、メイン、デザート、飲み物。それぞれ数種類が用意してあり、
好きなものが選べるブリフィックススタイルになっています。(シェフおまかせコース以外)、

コースB(3800円)をお願いしました。
お通し (ティジェッラ・生ハム・チーズ・レタス・トレビス)
熱々のティジェッラを自分で横に切れ目を入れて、具材を挟んで、サンドイッチのように頂きます。
す4



す5




前菜 (ホロホロ鳥とフォアグラのテリーヌ)
す6



す7




前菜(フォアグラのスモーク)  同行者のもの
す8



す9



パスタ (リコッタチーズとほうれん草を詰めた トルテッローネ)
す11



パスタ(ジェノベーゼ) 同行者のもの
す12



メイン(仔牛のコトレッタ サフランリゾットを添えて)
す13


す14



す15


デザート(ヨーグルトのセミフレッド マチェドニアをのせて)
す16



す17



レモンタルト 同行者のもの
す18


飲み物 (カフェラテ)
す19




す20


他に
自家製フォカッチャ
す21




お口直しに白ワインとハーブのグラニテまででてくる盛りだくさんのコース。
す22


ボリュームがあり、すべて頂くと、かなりお腹がいっぱいになります。私としたことが、フォカチャを残してしまった程。
女性又は少食のかたは、パスタランチか、メインがつかないコースAがいいかもしれません。

想像通りの美味しさのコトレッタ
想像したこともなかったような(笑)ちょっと変わった美味しさのテリーヌ
想像以上の美味しさのパスタとデザート


どのお料理も美味しいものばかりでしたが、その中でもやはりパスタが素晴らしい。
「イタリアンレストランですから、パスタが美味しいのは当たり前」、と言ってしまえば、それまでですが(笑)
他店と比べても、かなり高レベルのように思いました。

ビール 800円
す23



グラス白ワイン
ヴェルナッチャジミニャーノ レ カルチナイエ 1000円

す24



サーヴのテンポも調度よく、
しなかやな動きとにこやかな笑顔のホール担当の男性の接客。

メニュー選びの際には、この日仕入れたという立派なポルチーニ茸を見せて下さり、
これを使いお料理内容のアレンジも可能と、紹介して下さいました。
六本木というお洒落な場所にあるだけに、ちょっぴり緊張していた私ですが、
お店の雰囲気やスタッフさんの応対のお陰で、
大変ゆったりとした時間を過ごすことができました。

※最後にひとつだけ(食べログにも)言いたい。
食べログの店舗情報には、カード可 (VISA、MASTER、AMEX)となっていますが、
実際は、カード不可、現金のみとの事。

支払い額(今回は1万超えでしたが。。。)等も関係しているのでしょうか?
そのあたりの確かなところを、記載してほしいです。
こちらのお店は、食べログ店舗会員に登録しているため、私が編集することができません。



関連ランキング:イタリアン | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅

東京のお店


あぢとみ食堂



本当のところはどうなのか、私にはよくわからないのだけれど、夫によると、
【中華料理店や食堂のラーメンと、ラーメン専門店のラーメンは、根底から何かが違う】のだそうな。
そして、夫は、ラーメン専門店のものの方が断然好みらしい。
そんな夫が、
「今日は、ここのお店に行きたいんだけれど…」
と、こちらのお店をあげた時は、ちょっと驚いた。
【あぢとみ食堂
店名に食堂という文字がある。
「食堂? 今日は、ラーメンじゃなくて、丼物とかが食べたいの?」
と思わず聞いてしまった。
「いやいや、このお店、どうやらラーメン専門店らしいんだ。」
と、夫は、ネット(食べログ?)で情報を得たらしく、ニコニコ顔。

土曜、昼、訪問。

川島町の国道254線沿い。地理的には東松山に近いと思うが、
一体最寄り駅はどこになるのだろう?と。。。
正直、車がないと訪問はかなり不便なところにある。
にもかかわらず、店内は満席。待ちの人が何人かいる。

あぢとみ1



周辺は長閑な田園地帯。
お店の横には小川が流れている。
あぢとみ2



両側に広い窓があるためか、とても明るい店内には、
カウンターに数席と、4人掛けテーブルをくっつけたものが2列。20人位は着席可能。勿論、相席。
窓際には、待ちの人用の席がある。

券売機はなく、待ちの間に注文、退店時に会計のスタイルのお店。

店内の壁の上の方に置かれたテレビからは、民間放送が流れている。
ホール担当は、エプロンをつけた元気な店員さん(おばちゃん)。
昭和の古びた食堂という雰囲気とはちょっと違うが、今風のお洒落なラーメンやさんではない。

メニューは、夫が調べた通り、数種類のラーメンとつけ麺。
サイドメニューとして餃子やライスはあるが、丼物、定食等のご飯ものはいっさいない。
まさに、ラーメン専門店だ。
あぢとみ3




あぢとみ4



お店のイチオシはタンメンのようで、ほとんどのお客さんがこれを注文している。
夫は、タンメン(780円)+野菜大盛り(100円)を、
私は、北海道バタータンメンをお願いした。

北海道バタータンメン 880円
あぢとみ6




(たぶん)普通のタンメンとの違いは、片隅にバターがあるかないか、だけ。
あぢとみ7



まずは、バターを溶かさずに、スープを頂く。
程良い塩味で、なかなか美味しい。
『この味付けを苦手という人はまずいないだろうな』と思った。

麺は、色白で、もちもち。
あぢとみ8


もやし、キャベツ、玉葱、ニラ、人参などの野菜がたっぷり乗っていて、
この野菜達がシャキシャキとしていて、とても美味しい。

途中から、バターを溶かして頂くと、また違った美味しさに変わり、最後まで飽きることなく楽しめた。


タンメン(780円)+野菜大盛り(100円)
あぢとみ9

野菜大盛りをお願いした夫のタンメンは、所謂野菜マシマシのてんこ盛り状態で登場。
かなりの量がある。
普通盛りでも、麺250グラム、野菜300グラムあるらしいので、
気軽に大盛り注文は注意が必要だ。
夫は、完食したものの、暫く、
「うぃーーーっ! 満腹ーーーっ」
と、嬉しそうに(笑)うなっていた。

近くにある人気店の『四つ葉』さんが、開業1年なのに比して、
こちらのお店は、なんと来年で50年を迎えるらしい。
食堂という響きのように、気取らず、地域に馴染んでいる。
地元民に愛され続けているお店
のようだ。

次回は、タンメンと同様に人気があるという黒醤油太麺を食べてみようかな?
でも、やっぱりあのシャキシャキ野菜にまたあいたいかも。(笑)
帰り道、野菜畑を横目に走りながら、なんだかほのぼのした気持ちになった。



関連ランキング:ラーメン | 川島町その他

埼玉のお店


俺のイタリアンJAZZ


銀座で4人で食事会(呑み会とも言う)が終わったのが、夜8時半頃。
「もう一軒行けそうね。」
と言いながら、ふらふら歩いていると、
いつもは行列ができている俺のシリーズのお店の前で、
呼びこみをしている人がいる。

『まさか、あの俺ののお店が、呼びこみをする?』
と思って近づくと、
まさに、そのまさか、だった。
「只今、空席があり、すぐにご案内できます。」
と誘われ(?笑)
即、入店。

入り口入ってすぐのカウンターの方に着席。

『う~~ん、折角、俺ののお店に入れたのだから、
安くて美味しいという評判のものも、ひとつだけ頂いてみようかしらね。』
と、
殻付きウニのコンソメ 980円と、
白ワイン 980円をお願いした。

ほとんど待たずに、ワインとお料理が登場。
俺の1




俺の2



ワインは大きめのグラスにたっぷりだったし、
ウニのコンソメも、なかなか美味しい。

銀座でこの料金で呑めるのは、凄いと思う。

ひとつ、いや、ふたつケチをつけるとすると(嫌な性格の私。笑)
お通し(300円)が、あまり美味しくなかったのと、
ひとり300円のミュージックチャージが取られていた事。

音楽(JAZZ)は奥の方から聞こえていたけど、
まさかチャージが取られるとは思っていなかった。

でも、
この日は、友人と話こんでいたから、
音楽は特にいらなかったけど、
ひとりで、もしくは、二人以上でも、音楽も楽しもうという目的で訪れ、
そして、
JAZZの生演奏が目の前で行われる奥の方の席で、ゆったりとできたら、
とてもいいのかも
しれない。




関連ランキング:イタリアン | 新橋駅内幸町駅銀座駅

東京のお店

中国料理 彩鳳  (再訪)


久しぶりに訪れました。

日曜、昼、家族3人で訪問。

前々回訪れた時の記事はこちら↓
http://kotaroumamachun.blog61.fc2.com/blog-entry-415.html

夫は、日替わりランチ(900円)を。
(写真なし)

息子は、蟹肉炒飯 (880円)を。
(写真なし)

そして、私は、やっぱり(笑)
大好きな焼きそば什錦炒麺 880円を頂きました。
彩鳳1

大宮の銀座アスターの焼きそばと比べると、具材がやっぱり豪華ではなく、ちょっと寂しい感もあるけど、
何しろ、お値段がひと皿500円位違うのだから、それは当たり前よね。
お味は、とても美味しいと思う。
麺の焼き加減もいい。

他に下のふた品もとって、3人で。
ホウ油牛肉 1800円
彩鳳2



乾焼蝦仁 1800円
食べ終わる頃、写真撮り忘れに気づいて、撮りました(笑)
この写真アップしようか、迷ったけど、
美味しかったので、
蝦のぷりぷり感だけでも伝わればいいな、と思って…。
彩鳳3


3人でお会計は6000円と少し。
やっぱりCPもいい。

以前は、ホール担当の女性スタッフさん達の感じが良くなかったけど、
今回は、特に問題なく、むしろ感じが良くなっていたように思う。
新しいスタッフさんが加わった事も関係しているのかな?

他県でひとり暮らしをしている息子は、
昔からここがお気に入りなので、
また、帰ってきたら、訪れると思う。

ランチタイムの客層は、ほとんど家族連れ。
それも、年配者が多い。
だから、落ち着ける。(笑)


投稿済の食べログの方のレビューは、更新はしないけど、
評価を、ちょっと上げました。





関連ランキング:中華料理 | 北上尾駅上尾駅桶川駅

埼玉のお店


晴山


食べログで好きなレビュアーさん達の口コミを拝見していて、
一度は伺ってみたいと、憧れていたお店でしたから、
お誘いを受けた時は、嬉しくてたまりませんでした。

土曜、夜、訪問。
晴山1



晴れ2



折角なので、この時期にしか頂けない鮎のついた15000円のコースを希望。
【お料理だけで、15000円!】
私のような普通のパート主婦には、ちょっと、いやかなり贅沢な金額、
「夫には、内緒だわね」と、友人とにんまり。
結論から言えば、お値段以上の満足感が得られ、このコースを選んでよかったと思います。



鮎のついたお任せコースの内容は次の通り。
バイ貝、賀茂茄子 胡麻クリームで
晴れ3



晴れ4



太刀魚と椎茸 玉葱のソースで
晴れ5





鱧のお椀
晴れ6




晴れ7



喉黒のお造り
晴れ8




晴れ9



鮑と雲丹の稲庭うどん
晴れ10



晴れ11




晴れ12




鮎の塩焼き 牛蒡餅 とうもろこしの天麩羅
晴れ13




晴れ14



穴子と冬瓜の煮物
晴れ15





鱧と鱧子の炊き込みご飯
晴れ16



晴れ17




晴れ18





晴れ19




晴れ20




晴れ21



デザート 葡萄尽くし
晴れ22




晴れ23




旬の食材がふんだんに、そして、器も季節を意識したものが多く使われています。
鮎が盛られた団扇形のお皿には、
『もしかしたら、和紙で作られていたりして?』
と、こっそり指先で触れて確かめたほど。(笑)

盛り付けも素敵で、目でも楽しめます。

お椀や煮物から感じた出汁の印象は、きりっとしていて、ストレートな感じ。
ふわぁ~~としたものではなく、すっきり澄みきっています。


身厚でふっくらとした鱧や太刀魚など、まず食材の質の高さに、感心。
そして、丁寧に施されたであろうお仕事に感心。というか感謝したくなる程、素晴らしいお料理の数々でした。

中でも、◆鮑と雲丹の稲庭うどんは、もう、もう、悶絶もの。うぅ~~~。
柔らかい大きな鮑、その鮑の肝で和えた稲庭うどん、大好きな雲丹がのっています。
鮑の肝ソースがまろやかで大変美味しく、この上ない幸せ感でいっぱいになりました。
私が今まで頂いた鮑を使ったお料理の中で最高でした。
どのコースにもこのお料理がつくのかどうかはわかりませんが、自信を持ってお薦め出来る一品です。

アルコールは、ビール1杯と、日本酒1種類、それも2合を5人で、という謙虚(?笑)な呑みかたをしましたが、
正直、もうちょっと、美味しいお料理と一緒に呑みたかった。
愛知や岐阜などのいい地酒も揃っていました。
晴れ24




晴れ25




晴れ26



お料理が出される間合いも、調度良く、
お店の方達の接客も丁寧。

今回は奥のテーブル席でしたが、カウンターで、ガラス越しに厨房を眺めながらも楽しいでしょうね。
是非、再訪したいです。

美味しいお料理、素敵なお店に出会えた事に感謝。
幹事さんに感謝。
食べログに感謝です。




関連ランキング:懐石・会席料理 | 三田駅田町駅白金高輪駅

東京のお店
 | HOME |