い志い


葛飾柴又のスイーツと言えば、
草団子やお煎餅、葛餅などがあげられますが、
実は、こちらのロールケーキも、かなり人気そして有名なようです。

ロールケーキは、普通のケーキのように型崩れの心配がそれほどいらないので
箱ごと落とした経験もあるドジな私(ヾ(´ω`;)ゞエヘヘ)には、
お土産にするには有難いスイーツ。
しっかり下調べをし、保冷バックを持参して訪れました。

お店は、お漬物と和菓子を商う老舗。
帝釈天の参道にあります。
いしい1


【ロールケーキは、人気商品ゆえに、売りきれの場合もあり】との口コミもありましたので、
着いてすぐ、参拝前に取り置きをお願いしておきました。

米米ロール 1250円
名前の米米は、生地を、うるち米ともち米、2種類の米で作ってあるところに関係していると思われます。
ふんわり、というより、ちょっぴりもっちり、そしてしっとりとした生地です。
その表面には、和三盆糖、甜菜糖が振られ炙ってあり、カリカリの食感と甘い香りが漂っています。
中のクリームは、フワフワ滑らかな口当たり。甘さ控えめ。

堂島ロールはじめいくつかのお店のロールケーキを今まで頂いてきましたが、
こちら米米ロールの特徴は、クリームよりも生地にあるように思います。

ふわ~~っと口の中で無くなってしまうような優しさではなく、
ふわ~~っと口の中で無くなってしまうようなクリームを、
カリカリの香ばしい甘い生地が、守るように包み込んでいるような(実際は巻きついている)
しっかりとした、というか、生地の存在感を感じるロールケーキ。
とても美味しいと思います。
いしい2



いしい3



いしい4



いしい5


大きさ、お値段は普通、かな。(他店のものと比較)
和を意識した包装は、お土産にぴったり。
2時間までの保冷剤をサービスして下さいます。

栗羊羹 300円位
いしい7




テイクアウトですから、通常、食べログのサービスの評価はなし、とするところですが、
あえて、★5 としました。
店員さんは皆さん、きさくで、感じがよく、とても温かい接客をされてました。




関連ランキング:和菓子 | 柴又駅新柴又駅

東京のお店


川千家



11月初旬、寅さんで有名な柴又に遊びに行った際に訪れたお店を、
いくつか書いていきます。

まずは、こちら【川千家】さん。

昔ながらの趣を今なお色濃く残している帝釈天参道に並ぶ様々なお店は、
古びていてこじんまりとした佇まいがほとんど。
その中にあって、こちらのお店は、周辺の風情を壊さない心使いが感じられるものの、
かなり大きくて立派な構え。老舗のようです。
川千1




参道側と反対側にも入り口があり、中で繋がっています。
どちらから入ってもOKですが、
食堂利用の場合は参道から、
川千2




お座敷利用の場合は反対側から、という感じでしょうか。
川千3



食堂の方へ。
ボックス席に通されました。

頂いたものは次の通り。
鯉のあらい 760円
酢味噌で頂きます。
引きしまった身は、程よい弾力。
しかし、表面がちょっと乾いてしまっているようなぱさつきを感じました。
川千4



川千5



骨せんべい 440円
普通に美味しいです。量は結構あります。
川千6





うな重(松) 4000円
うな重は、梅(2800円)、竹(3300円)、松(4000円)とあり、
これは、鰻の大きさで違うとの事。
ちょっと迷ったものの、『折角だもの』と松をお願いしましたが。。。
出てきた器が他店の通常の鰻重箱より、ふた周り位小さい。
川千7


蓋を開けて見ましたが、
やっぱり鰻も大きくない。
身は薄くボリューム感もありません。
蒸しが入った関東風。柔らかい。タレも程よい甘さです。
それほど特徴は感じられない素朴(普通?)なうな重です。
川千8




川千9




あっさりと美味しく頂きましたが、
やっぱり鰻が小さいのが残念。←シツコイ私(笑)
『ここ数年続いた高騰が今年は落ち着いた、と聞いたような気もするけど。。。』
そして、
松でさえこんなに小さいのですから、他(竹・梅)ならどうなるのかしら?』が正直な気持ちです。

他に、ビール日本酒を頂きましたが、飲み物はお値段がちょっと高め。
川千10




川千11




川千12




今回、私達は、食堂の方を利用しましたが、
お座敷の方は、会食や宴会向きのようで、
すべて個室、要予約、コース料理のみ
、となっていました。
この日は、七五三のお祝いで訪れる家族連れが目立ちました。


<独り言>  ぼそっ。
ホール担当のスタッフさんは、この日は(たぶん)全員が中年の女性。
細やかな心使いやてきぱきとした受け答えをされている笑顔の方がほとんどの中で、
おひとりだけ非常に残念な接客態度の方がいました。(詳細記載後削除依頼予想の為、省略)
このたったひとりの方の影響で、お店全体のイメージがかなりダウン。
人情溢れる柴又ですから、気さくで元気な肝っ玉かあさんのような方ばかりだろうと期待していただけに、
なんだかがっかりしてしまった柴又1軒目のお店でした。




関連ランキング:うなぎ | 柴又駅新柴又駅

東京のお店


Toshi Yoroizuka Mid Town



ミッドタウンのイルミネーションを見た後は、
こちらのケーキを購入。
人気店なので、夕方では、売り切れてしまうかなと、
日展鑑賞の前(4時間前位)に、一度訪れて、取り置きをしてて貰いました。

ジャンピエール 550円
テカテカのチョコレートで包まれた中には、
ピスタチオのクレーム・ブリュレとナッツの美味しさがギュっ。
ジャンピエール



モンブラン 540円
かなり細長い形をしていますが、
無事に持ち帰ることができて、よかった。(笑)
モンブラン1


うひゃ~~!!
中には、生クリームたっぷり。
モンブラン2



雅 540円
薩摩芋とほうじ茶を使った人気商品らしい。
ほうじ茶の風味が、とっても豊かなクリームには、
参りました。
超~、うんま~~~~い!!!
今までいくつか頂いたToshi Yoroizukaのケーキの中で、最高かも。
雅


他にはいつもの
クレームピスターシュも購入しました。


クリスマスケーキのパンフレットを頂いてきたので、
早速予約を入れました。
楽しみです。



関連ランキング:ケーキ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

東京のお店


佐とう


昼はラーメン屋さん
夜はお寿司屋さん

との口コミが多くありますが、
【金曜と日曜のみ、夜(17:30~20:00)の営業を開始しました。】
という張り紙が、店内と入り口にありましたので、
もしかしたら、現在は、お寿司屋さんとしての営業は、されていないのかもしれません。
satou1




satou2




satou6



土曜、昼、訪問。
お店の前と、少し離れたところに駐車場があります。

使い込まれた店内には、
寿司ネタを入れるガラスケースの乗ったカウンターに数席と、座敷に4人掛けの座卓がいくつか。
ラーメンは、奥の厨房で作られるようで、カウンターの中には、誰も入っていません。
お客の入りは2割ほど。
とても静か。
というか、なんだか寂しい雰囲気。
人気店と聞いていただけに、ちょっと不安な気持ちで、着丼まで待ちました。
satou3



satou4



メニューは、
中華そば・煮干そば・濃厚中華そば・つけ麺・ワンタン麺
(夜限定としてエビそばもあります)

satou5




satou7



麺の量は、小で200グラム。多めです。
中は300グラム、大が400グラム。料金は100円、200円とアップ。

私は煮干そば、夫は濃厚中華そばをお願いしました。
ラーメンには、お漬物がついてでてきます。珍しい。

煮干そば(小)680円
麺は中細。スープとの絡みはよい。

味玉、海苔、叉焼、穂先メンマ、葱、ナルト、そして、煮干の粉が乗って出てきます。
まずは、煮干粉を混ぜずに、頂きました。
魚類系の他にも何か様々なものが加わったと思われる醤油味のスープは、
あっさりしているものの、コクもあり、美味しく仕上がっています。
煮干の風味は少なめですが、
粉を溶かすと、かなり味わいが変わり、煮干煮干・・・になります。
(笑)
私個人的には、煮干粉を混ぜない方が美味しく感じましたので、
もしかしたら、煮干そばより普通の中華そばの方が私には合っているかも。
satou8



satou9



satou10



satou11



濃厚中華そば(大)850円
うどんのように極太の麺は、もっちりとしていて力強い感じ。
食べ応えがあります。
麺自体とても美味しく、スープとも上手く絡んできます。

スープは、まさに濃厚
最近は割合どこでも食べられるような系統の味ですので、
新鮮さは感じませんでしたが、文句なく美味しいスープだと思います。

味玉、海苔、叉焼、穂先メンマ、葱、揚げたニンニク、ナルトがのっています。
叉焼が柔らかくて美味しい。
(たぶんですが)
麺の量が小は叉焼1枚、中にすると、叉焼2枚になるような。
     ↑
実際に夫と自分のを見比べ(観察)&他の方の口コミを読んで推測。(笑)

satou12



どちらのラーメンも美味しいと思います。
特に、濃厚中華そばは、ボリューム満点元気の出るラーメン。    
待っている間感じていた不安など、どこかに飛んで行ってしまった程。
お店全体から感じる暗い雰囲気と全く異なるラーメンでした。   


<余談です>===m(_ _)m
決して感じが悪いわけでもなく、丁寧な接客をされていたホール担当の方は、
このラーメン、食べているのかなぁ?
食べたら、きっと元気になる筈。
元気で頑張って。




関連ランキング:つけ麺 | 羽貫駅内宿駅伊奈中央駅

埼玉のお店

ミッドタウン2014 

2014/11/18 Tue 13:26

日展鑑賞の後、ミッドタウンのイルミネーション
★スターライトガーデン★を見てきました。
毎年、お決まりです。(笑)

ミッドタウン20145




ミッドタウン20144


今年は下から打ち上げられる光が加わって、
いつもより、華やかさがアップしたように思います。
ミッドタウン20143



館内には、こんなツリーも。
よく見ると、小さなサンタでできています。
ミッドタウン20142




天井も綺麗に。ダイヤモンドダストというらしい。
ミッドタウン20141



点灯されて最初の金曜の夜(夕方)
思ったほどは混んでいませんでした。
クリスマスが近くなると、混雑するのかな?
HPには、混雑カレンダーなどもあります。
参考まで。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/xmas/2014/
どうでもいいこと


ア・ニュ


私達親子の恒例行事となりつつある(笑)日展鑑賞の前の、都内でちょっぴりオサレなランチ。
今年は、日展会場のある六本木のお隣の駅『広尾』にあるこちらのお店を訪問して参りました。
数日前にネットでお席とコースを予約済です。

平日、昼11時30分、訪問。

広尾散歩通り沿いのビルの1階。
スタイリッシュな外観&店内。
アニュ1



まずは、食前に、グラスシャンパン(1500円)を。
アニュ2



ランチコースは4種類。
その中から今回頂いたコースは、
ムニュー ドゥ ルクス 3400円
 (前菜、お魚料理、お肉料理、デザート、食後のお飲物)
お魚料理は決まっていますが、他は、数種類の中から好きなものを選ぶスタイルです。

(前菜) ブルーオマール海老のムース 産地直送 こだわり野菜と共に
とっても安定感のないお洒落な器にお野菜がのって登場。
ちと食べにくいです。(笑)
しかし、オマール海老のムースは大変美味しく、前菜としてお味的には申し分ありません。
アニュ3



アニュ4

 

(本日のお魚料理) 鯛のポアレ
上質な鯛が使われているのでしょう、ぷりっとした弾力のある鯛に、程よい火入れ。
クリーミーな魚介出汁のスープと非常に合い、とても美味しいです。が、量はかなり少ないです。(笑)
アニュ5



アニュ6




(お肉料理) 和牛頬肉のマデラ酒煮込み
ナイフがスーーツと入る柔らかさは、ちょっと驚く程。
この手のお料理では、柔らかさNo1でした。
しかし、お肉の下に敷かれたインカのめざめ(ジャガイモ)をピューレ状にしたソースと、
その下のソースが、なんだかなぁ(←このお洒落じゃない表現。笑)というボヤケたお味。
付け合わせのお野菜(縮みホウレン草など数種類)は、超塩がきき過ぎ。
味付けが濃いのは割と平気な私も、このお野菜類は残してしまいました。
アニュ7



アニュ8




(デザート) 葡萄のテリーヌ スパイスを効かせたジュレ添え
葡萄のテリーヌというより甘くない葡萄の羊羹に、
舌が痺れる程酸っぱい葡萄と、
美味しくないスパイスがエスプーマ状で、添えられています。
正直、これは、全く美味しくありませんでした。食べましたけど(笑)
アニュ9



アニュ10



(パン) 温められたフランスパン
アニュ11





(バター) 無塩と塩入のもの2種類
アニュ12



(飲み物) ディンブラ・スリランカ(紅茶)
食後の飲物は、珈琲だけでも数種類、同じく紅茶もハーブティもいくつかの種類を揃えてあります。

以上のものに、サービス料(10%)と消費税がかかりますので、ひとり6000円弱。
遭遇した客層が良くなかった(お隣のおばさんの香水の臭いがきつすぎ等)のもあって
居心地があまりよくなかったのも残念。

私達が頂いたコースまたはお料理が、たまたま良くなかった(好みではなかった)だけかもしれませんが、
【なんだかなぁ。。。。】が感想のランチとなってしまいました。

娘が頂いたもの
(前菜) ア・ニュのテリーヌ ピパーチのソース グレックレギューム添え
アニュ13




(お肉料理) リー・ド・ヴォーと栗のフリカッセ
アニュ14



(デザート) 塩キャラメルのなんちゃら (正式名わかりません。)
アニュ15


しかし、ホール担当のギャルソンさんは皆さん、てきぱきと、そして丁寧な接客をされていて、
中でも、最年少と見られるかたの笑顔とサービスには大変癒されました。




<食べログには書けない独り言>

広尾というお洒落な街にあるだけあって、
お客はセレブなおばさんが多かった。
皆さん、高級そうなお洋服に、アクセサリーじゃらじゃら。
あまり周りを気にしないのか?結構大きな声でお喋り。
ちょっとウルサイかな、とは思ったけど、
まぁ、このあたりは我慢できました。
ただ、
香水は控えめにしてほしいなぁ。。
お隣の席のセレブな中年女性達。
全員がつけていたわけではないと思いますが、
あきらかに、この人はあの香水をつけているとわかる程の人も。
隣の席に着いた途端、というか、歩いて席に近づいて来た時から、
『うっ。香水の匂い、きつ過ぎ。』
と、感じました。
なんだか、美味しいお料理の香りが消されてしまったようで、
とても残念。ちと怒り。
どうして、こんなに香水つけるのかしらねぇ。。

そのセレブな中年女性達は、
私達の頂いたコースより高額のものを召し上がっていたようで、
途中、ギャルソンさんが、
ワゴンに木の箱をのせて恭しく登場。
中に白トリュフが入っているみたい。
(私達からは、木の箱の蓋で、中身は全く見えません。笑)
「トッピングにいかがですか?」と紹介をしていました。
(ちなみに、白トリュフを削ったものを数枚かけて2000円なり。)

すると、
香水セレブさん、
「あらぁ。。いい香り。この香りは・・・、云々」
と、トリュフの香りについて話だしました。

すぐ横に白トリュフがあるのに、
私達には全くその香りはきません。
オバサンの香水の香りだけ。

あなたが香りについて話すのかよ。
と、
心でつっこみを入れながら、
隣の人のところに来た白トリュフの香りに期待した私。(大笑)
娘も同じことを思っていたみたいで、
ふたりでにやけてしまいました。









関連ランキング:フレンチ | 広尾駅恵比寿駅

東京のお店

デとディ

2014/11/09 Sun 11:17

先日、
デスクトップというところを、
ディスクトップと言ってしまった。
話をしていた友人は、さり気なく、
「デスクトップね。」
と教えてくれて、その話題には発展しなかったが。

そうなのだ。
私は、
この手(パソコンとか横文字)の話が苦手なのに、
なぜか気取って、すぐに
「ィ」
と、発音してしまう癖がある。

ちょっと前に流行った
デスノートを、
ディスノートと言ってたし。(このノートかよ?笑)

なのに、
なぜか、
今でも、
東京デズニーランドだ。
どうでもいいこと


高半


大きな丼に、山のように盛られた天麩羅。
そして、やはり大きな丼のご飯が見えないほど敷き詰められたお刺身。
こちらのお店のお料理の画像が気になって、気になって。(笑)
先月、日曜のお昼に訪問したものの、
駐車場は、満車。その駐車場に入るために並んでいる車の列に、
この日は、とりあえず、撤退。

日を改めて、再訪問。
今回は、冷たい雨の降る土曜の1時半過ぎ。
高半1




高半2




ふっふっふっ。
無事、入店できました。
高半3



古民家風の趣きのある店内。
大きなテーブルと、ふたつの座敷があり、座敷の方に。
高半4




高半5




高半6



メニューは豊富。
各種定食もの、丼もの、おうどん、それらが、色々セットになったもの。
お子様メニューも数種類揃えてあります。
お値段は、1000円位。普通でしょうかねぇ。
注)夜は、料金設定が変わるような気がします。確認して下さい。

海鮮丼と天丼は、どちらも、
小750円 中900円 大1000円 特大1550円と、4つの中から量が選べます。
勿論(笑)
どちらも特大で。
そして、好きな食べログのレビュアーさんの口コミで最近知った牛ステーキ丼もお願いしました。
あっ、今回の訪問は3人で、です。

海鮮丼(特大) 1550円  (お味噌汁と香の物が付きます。)
画像で見ていたほど、上に載っている海鮮物のボリュームは感じられなかったものの、
ご飯の量が多い。
掘っても掘っても、底に辿り着きません。(笑)
このご飯の量からすると、お刺身類の量は、ちょっと足りない感が。。。仕方ないかなぁ。
しかし、お刺身類は、どれも厚切りで、新鮮。美味しいと思います。
高半7



高半8



天丼(特大) 1550円 (お味噌汁と香の物が付きます。)
こちらは、配膳されるなり、
「うひゃ~~!!」と感嘆の声を出してしまいました。
海鮮丼の丼と同じ大きさの丼に、天麩羅の山。
3本の大きな海老天は、つき刺さっているみたい。
他には、舞茸、しめじ、エリンギ、南瓜、茄子、ピーマン、他に色々。
一番下には、とっても大きなかき揚げ。
物凄い量の天麩羅です。
ちょっと甘めのたれを吸っているので、ボリュームも半端ない感じです。
そして、やはりご飯も多い。
掘っても掘っても、でした。
高半9



高半10




牛ステーキ丼 1380円 (お味噌汁とサラダと香の物が付きます。)
こちらは、大盛はなしのようで、サイズはひとつのみ。
他のふたつの丼が特大サイズなので、
ちょっと小ぶりに見えましたが、普通に丼サイズ。
敷き詰められた牛肉は、いいお肉を使っているようで、焼き加減も◎
玉葱みじん切りの入った醤油タレがたっぷりかかっています。
このタレがとっても美味しい。
ご飯にまで浸みていて、お肉がなくても美味しい。えっ?(笑)
いや、それほど、美味しいタレでした。
高半11




高半12




以上、3つを、3人で、分けて頂きましたが、
残念ながら、ご飯を少し残してしまいました。反省。

食後、満腹満足感に浸りながらも、
「海鮮丼と天丼を、特大サイズでご飯少な目 という頼み方ができるのなら、次回は、それでお願いしたいな。」
と他のふたりは言ってましたが、
私は、次回は絶対
牛ステーき丼。
3つの丼の中で、一番美味しいと思います。

ホール担当の女性は、とってもきさくで、いい感じの方。
「いろいろ食べてみたいわよねぇ。」
と、笑いながら、分け皿も快く持ってきて下さいました。
『私達が午前最後の客かしら?』と思いながらの入店でしたが、
その後もぞくぞくとお客が来店。
(たぶん)時間を少しオーバーして来店された方に対しても、
にこやかな接客をされていて、
店内にはほっこりとするようないい雰囲気が漂っていました。

再訪したいと思います。



関連ランキング:定食・食堂 | 北上尾駅上尾駅桶川駅

埼玉のお店


らぁめん想縁



桶川駅東口を出て、旧中仙道を越え、17号線を越えた先にあります。
駅から歩くと20分位はかかるかな。
近くにヨークマートというスーパーがあります。

今まで2度ほど訪問しています。

駐車場は、お店の横に5台分あります。

想縁2



想縁3


さきに食券を買うスタイルのお店。

(私達が訪問した時は)店主さんがおひとりだけで、頑張っていました。
カウンターに数席のみ。テーブルはありません。
厨房も店内も大変綺麗に清掃がされています。
この店主さんは、綺麗好きなんでしょうね。
まあ。当たり前といえば当たり前なんですけど、
客が食券を購入するため、両替をされていた時、
お金を扱った後、綺麗に手を洗われていました。
想縁1



想縁5




想縁6



想縁7



初回頂いたのは、なぜか(笑)
汁なし坦々麺
想縁8


麺は太麺
ガツンとくる辛さの中に、美味さがあり、
結構好みの味でした。
ただ、麺の茹で加減?
湯切りの仕方?
麺の表面のネバネバ感のようなものが、
美味しさを邪魔してしるような気がしました。
想縁9



らぁめん醤油味
これがお店の代表メニューなのかな?
【京都の名店の流れを受け継ぐ】
となっています。
が、
京都の名店自体が、私は全くわからないので(笑)
このあたりの説明はなし。
想縁10


麺は細麺
背脂と九条葱がたっぷりのっています。
叉焼は薄めのものが数枚。
見た目程こってりはしていない。
食べやすいけど、
あまり印象に残るお味でもない。
想縁13



想縁11



お客の入りはまずまず。
男性のおひとり様がほとんど。
皆さん、お店に入って椅子に腰掛けるとすぐに、こちらの炊飯器からご飯をよそう。
『みんな、らーめんにライスをつけるんだ。』と思って見ていたら、
なんとこのご飯の上に、らーめんについている叉焼をのせて、
叉焼丼を作って、食べている。


想縁4


ほぉ~~
と真似してみた(笑)
想縁12


ご飯と叉焼の味だった。まんま。(笑)
想縁14


しかし、このご飯は、炊飯器にあるだけ。
自分の前の人で終わりってこともあるらしく、
だから、
みんな、椅子に腰掛けたら、真っ先に炊飯器に行くのね。



関連ランキング:ラーメン | 桶川駅

埼玉のお店

桶川ちゃぷそば 200円

2014/11/03 Mon 20:27

今日は、桶川市民祭りでした。
昨年は、和宮行列を見たり、おけちゃん(桶川マスコットキャラ)を見たり、
と、全くの見学者でしたが、
今年は、午前中、あるサークルのお手伝いを頑張りました。
ヘトヘトに疲れ、
辿り着いた元南小のグランドの会場で、やっとこさ、昼食&呑み。ぷふぁ~~。

そこで、見つけたのが、
桶川ちゃぷそば

桶川ちゃぷそば2


う~~ん、
ケチャップ味の焼きそばのよう。。。

ひとつ購入して、その場で食べてみました。
ケチャップ味の焼きそばでした。(まんま。笑)

桶川ちゃぷそば1


決して不味くはありませんが、
美味しいとも言えません。(笑)

だれでも想像できる
ケチャップ味の焼きそばでした。

ケチャップは、薄味。
麺は、焼きそばの麺を使っているのでしょうが、
長さ2~3センチの短さ。
(冷凍のものとか使っていたのかな?)
きっと、炒めているうち、切れてしまったのね。
プッツン。プッツン。

具材は、キャベツと玉葱。
お肉とか海鮮ものは入っていません。

超あっさりです。

決して不味くはありません。
でも、美味しくもありません。
でも、200円だから、許せます。(笑)
そこそこお腹はいっぱいになれます。

ただ、これを桶川発のB級グルメとして広めたいというのは、
正直、かなり難しいかも。

でも、
・・・・・・・・・・
桶川市商工会青年部が作り出しているもののようで、
売り子をしていた人達が、とってもいい感じの青年だったので、
おばさんは、もうそれだけで、許せました。(笑)


この青年部には、飲食店関係の人はいないのかなぁ~?
もうちょっと味付けとか具材を工夫すれば、なんとかなりそうなんだけどなぁ。。。
どうでもいいこと
 | HOME |