博多 一幸舎 博多デイトス店


福岡最終日。
BUMP OF CHICKENのライブが目的の短い滞在の中で、訪問できた飲食店は5つだけ。
数的には少ないが、美味しいお料理、素敵なお店に出会うことができた。
お土産に明太子も買ったし、もつ鍋も食べたし、
でも、
やっぱり、
【博多に来たのに、豚骨ラーメンを食べずに帰るわけにはいかない。】
って事で〆は豚骨ラーメン。
でも、時間があまりない。
そんな私達と同じように、
時間的に余裕のない旅行者にとって、とても便利だと思うのが、
JR博多駅に直結しているデイトスという所の2階の「博多麺街道」
ラーメン屋さんが9店舗、他にうどん、そばのお店が集まっている。

娘の調べによると、豚骨ラーメンの美味しい人気店がふたつあるらしい。
ほぼ勘のみで、こちらのお店に決めた。

平日、13時過ぎ。
券売機の前に数人の列。
それほど待たずに着席。
カウンター席とテーブル席、合わせて30数席。結構広い。
店員さんの元気な掛け声。とても活気がある店内にワクワク。
でも、豚骨スープ独特の強烈な匂い(臭いに近い)が漂ってきて、ちょっぴり不安。

◆ラーメン 750円
待っている間気になって仕方なかった臭いは、丼からは全くなし。
トッピングはチャーシュー、きくらげ、ネギ。
スープの表面に泡が浮かんでいる。
帰宅後の調べによると、このが美味しいスープの証らしい。
濃厚ではあるが、クセがない。
クリーミーで美味しいスープ
だった。
一幸舎1



チャーシューは肩ロース。薄くスライスされている。
一幸舎3



麺のかたさが選べる。
普通でお願いしたが(他店に比べると)ややかため。
芯が残っている感じの食感。かなり好みで美味しい。
一幸舎2



卓上にある生にんにくや辛子高菜、白生姜を投入する事を忘れてしまうほど、
飽きることなく完食。
注)折角なのでw、辛子高菜だけをちょっと食べたが、超辛い。
一幸舎4



私が今まで食べてきた関東の豚骨ラーメンと、それほど大きな違いはないようにも思えたが、
濃厚クリーミーなスープと、麺の食感は印象的だった。


===余談です。m(_ _)m======
学生時代、福岡市内出身の先輩の博多弁が好きでした。
「~と?」「どげん」「っちゃん」「〜やけん」
今回の福岡訪問では、お店の中でもバスの中でも電車の中でも、
全くと言っていいほど、博多弁を耳にする事ができず残念。
『方言は、もう廃れてしまっているのかな?仕方ないかぁ。』
と思っていたところ、
見つけた。
こちらのお店の中、カウンターの上に、
【豚骨があるけん、博多たい】の張り紙。
なんだか、ちょっぴり嬉しかった。




関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅東比恵駅


福岡のお店


鮨 かんび


日曜、昼訪問。
電話予約済み。

外観も店内もすっきり。
かんび1



かんび4



かんび5





お鮨屋さん独特の凛としたいい雰囲気が漂っています。
ゆったりと配置された椅子の並んだカウンターの方に着席。

◆おまかせ握り(5000円)を頂きました。
 ランチタイムの握りはこのコースのみと思っていましたが、
 予約の際にお願いすれば、夜のおまかせコースもいただけるようです。
 お隣の方、美味しそうなおつまみを沢山召し上がっていました。ウゥ。

飲み物は、ビールと日本酒を。
九州のお酒を意識して、◆鍋島◆東一(どちらも佐賀県)等を頂きました。
かんび2



かんび14



かんび13



まずは、沖縄の海ソーメン。
かんび3



その後、程よいテンポで、握りが出てきます。
赤出汁が握り5貫の後に出てくるタイミングは、ちょっと微妙のような。
かんび11



コハダから始まり、中トロ、ウニ、蟹など握り14貫と巻物。
福岡ならではのネタとか、初めて口にしたネタはありませんでしたが、
唐津産はじめ玄界灘で獲れたものもいくつか。
♪小倉生まれで玄海育ち。口も荒いが気も荒い。♪
の歌詞から、私が勝手に想像したw豪快な握りではなく、
小ぶりで、繊細な握り
かんび6



かんび7



かんび8



かんび9



かんび10



かんび12



かんび15



かんび16



かんび17



かんび18



かんび19



かんび20



かんび21



かんび22



かんび23


シャリには赤酢が使われ、
丁寧な仕事が施され、煮きりの塗られた江戸前寿司がベース

若干握り方が気になったものもありましたが、
どれも美味しく頂きました。

CPもいいように思います。


また、先行されたレビュアーさんの多くの方が書かれていますが、
こちらのお店の魅力のひとつは店主さん。
店主さんがいい。
お鮨に対するひたむきな姿勢が感じられます。
謙虚で物腰が低く、隅々まで優しい心配りをして下さいます。
これだけお客を大切に扱って下さる寿司職人さんは、滅多にいないように思います。
私は初めてでした。
「・・・ですぅ~。」
と尻上がりの明るい声が、今でも耳に残っていて、
思い出す度、なんだかとても温かい気持ちになります。

優しい店主さんがいる素敵なお鮨屋さん
また福岡に行くことがあれば、(店主さんに会いに、かな?笑)再訪したいです。



関連ランキング:寿司 | 呉服町駅中洲川端駅千代県庁口駅


福岡のお店


やま中 赤坂店


福岡最初の夜は、こちらのお店で、もつ鍋。
かなり人気店と、福岡に出かける前から友人や家族から聞いていた。
土曜の夜なので、電話予約済。

通りに面している階段は普通。それほど目立ってはいない。
ところが、2階に上ると、雰囲気がガラっと変わる。
やま中2



やま中1


ゴージャス?ぽく見えるエントランス。
黒と白を基調にした広い空間に、黒と白の服のスタッフさん達。
ここまでは高級感が漂うが、客席は普通。
かなりの大箱。(220席らしい)
(ホール担当のスタッフさんの数が足りていないのか?)
色々放置され、かなり気分がダウン。

同行した娘の勧めで、3種類あるもつ鍋の中から、みそ味を。
◆もつ鍋(みそ味)1600円(一人前)
  ※二人前から注文が決まり
調理済みの状態で登場。
IHヒーターの電源を入れて、ニラに火が通ればOKとの事。
やま中8



やま中9


みそ味は甘め。
ニンニクが効いている。
こってり、濃い~~味付けで、かなり私好み。美味しい。
もつを食べなくても、これに麺を入れただけで満足できそうだ。(おいおい。笑)

もつはぷるぷるの弾力で臭みはなし。
やま中10


残りの野菜は別皿に盛られてくる。自分で調理。
乾燥ぎみの野菜達。
やま中7



見た目よりボリュームがあり、『少食の娘と2人で完食はキツイかな?』
と思ったが、この美味しいスープに麺を入れないわけにはいかない。
◆ちゃんぽん 300円
美味しく完食。(結局食べられるのだ。笑)
やま中11



やま中6



やま中12



やま中4



やま中5




ちょっと余談です==========m(_ _)m
こちらのお店は【高校生未満のお子様入店お断り。】
やま中3



それほど大人の雰囲気の店内でもないし、
静かに食事をしている客よりワイワイ賑やかな客が多い。
「高級感を出したいのかしら?」
と、嫌味をこぼした我儘な母(私)に、
「熱いもつ鍋は、火傷したら大変だからよ、きっと。」
と返した娘の優しい言葉に、ちょっと反省。
しかし、
【支払いは現金のみ。】
これだけゴージャスなカウンターで、カードが使えない不思議。

サービス面では???なお店だが、もつ鍋は確かに美味しかった。




関連ランキング:もつ鍋 | 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)


福岡のお店


ジョルジュ マルソー


福岡で最初に訪れたお店が、こちら、ジョルジュ・マルソー
食べログで福岡フレンチNo1にランキングされているお店。
いつも楽しくレビューを拝見させて頂いている食べログレビュアーさん(mさん)の口コミを参考にして選びました。

地下鉄の赤坂駅から歩いて数分。
電通などのビルを眺めながら進みます。
お洒落な外観から、すぐにこちらのお店とわかりました。
ジョルジュ1


予約時間まで余裕があったため、外観やメニュー看板の写真を撮っていると、
お店の方が、ドアを開けて、笑顔で迎えて下さいました。
注1)外から店内は見えませんが、店内から、外は丸見えです。ひゃ~~w

白を基調とした大変センスの良い店内。
客層も店内同様、上品でお洒落な方ばかり。
静かで落ち着いた雰囲気が漂っています。


ジョルジュ17


ランチタイムのコースは、2550円から10300円まで5つ。
電話でお席を予約の際に、3600円のコース(内容はすべてシェフにお任せ)をお願いしてあります。

【ランチコース 3600円】
◆熊本県産とうもろこしの冷製スープ コンソメジュレと共に
ジョルジュ4



ジョルジュ5



◆唐津産さざえとキノコのブルゴーニュ風オーブン焼き
ジョルジュ9



ジョルジュ10


◆唐津産スズキのポアレ あさりの白ワインソースで
ジョルジュ12



ジョルジュ13


◆ジョルジュマルソー特製デザート盛り合わせ
ジョルジュ14



ジョルジュ15


◆小菓子
ジョルジュ16


◆パン
ジョルジュ7



ジョルジュ6


◆飲み物

この時期、あえて熊本県産の食材を取り入れたのか?
常にそう心がけていらっしゃるのかは、わかりませんが、
九州の食材を意識して使われているのがわかります。

福岡(九州)で頂けるフレンチ。

盛り付けが美しく、品の良さが感じられます。
素材の良さを活かしたお料理。
熊本県産のとうもろこしの甘さは、ちょっと驚く程

また、他に印象に残ったのが、さざえのオーブン焼き
立派なさざえです。
エスカルゴバターが美味しく、
ぷりぷりのさざえとキノコがたっぷり入っています。
これ(さざえ)がふたつも。
美味しさに加えてボリュームのあるお料理でした。

この内容で3600円は、かなり良心的。
もっと上のコースへの期待も高まります。

ただ、ワインなどアルコース類はお値段若干高め。
一番お安いグラスシャンパンが1700円でした。w
ジョルジュ3



ソムリエさんはじめ、ギャルソンさんもセルヴーズさんも、大変丁寧な接客態度。
常に笑顔と共に応対して頂き、
全く緊張することなく、美味しいフレンチを堪能できました。

注2)可愛い形のバターナイフ、どこを握っていいのか、無知な私達、ちょっと迷いました。w
  まぁるい所を握ります

ジョルジュ8





関連ランキング:フレンチ | 赤坂駅大濠公園駅

福岡のお店


ブラッセリー&ラウンジ 「シアラ」 ヒルトン福岡シーホーク


BUMP OF CHICKENのライブを観に、福岡までお出かけしてきました。
少しだけですが、博多の街も散策できましたので、
何件かアップしていきたいと思います。
よろしくお願いします。

ライブ会場のヤフオクドームのすぐ横にあるこちらのホテルに2泊。
朝食ビュッフェを2回、ディナー1回、そしてケーキを購入お部屋で頂きました。
(店内かなり混みあっていたため、お料理の写真はありません。
 お部屋で頂いたケーキのものだけです。)

◆朝食
宿泊料金に含まれていたので、朝食のみの料金はわかりません。
バイキングのお料理の種類、内容共に、他のホテルのものと大差はありませんが、
やはり明太子にお客は集中。
ただ、明太子が綺麗にカットがされていないため&マナーの悪いお客もいたためかな?
ちょっとぐちゃぐちゃ状態。
オムレツやパンケーキは、注文してその場で焼いて下さいますが、
常に数人~10人位の列ができていました。

◆ディナー
ニュージーランドフェアーが開催中でした。
やはりバイキング形式。
朝食と料理内容は変わってはいましたが、特に美味しいものはありません。
ステーキは、注文してその場で焼いて下さいます。
ステーキが食べ放題という事になりますが、料金4100円は、ちょっと高いような・・・。
(これにサービス料も消費税も付きます。)
しかし、私達は、飲み放題(2300円)も付けましたので、
充分元は取りました。はい、い~~ぱい飲みました。(笑)

◆ケーキ
フランボワーズムース 570円
ひるとん9



季節のタルト 570円
ひるとん10


可愛らしさ、美味しさ共に◎。
お値段が若干高めですが、納得の美味しさ。


朝食もディナーも、普通のバイキングで、料理内容も平凡でしたが、
店内の雰囲気はとてもいいものでした。
天井が非常に高く、斬新な設計の建物に、帆船を意識したような飾りつけ。

シアラ1


広々としていて、開放感に浸られます。
朝食時は、光が降り注ぎ明るく、とても気持ちがいいです。
夜は、ちょっと大人の雰囲気。
スタッフさんの接客も丁寧。
ゆったりとした時間を過ごすことができました。

シアラ2



また、こちらは、ヤフオクドームのすぐそば。
ドームでイベントがある時は絶対に便利です。

フロントのある4階の出口から外に出れば、数十メートルでドームの入り口。
ライブ終了後、駅又はバス停までの人混みを避けられます。
ライブ中、立ちっぱなしのオバサンには、とても有り難い近さでした。

お部屋からの眺め
ひるとん1





関連ランキング:バイキング | 唐人町駅西新駅藤崎駅

福岡のお店


うを徳


東武伊勢崎線「東向島駅」より徒歩5分位。
近くに向島百花園 があります。

下町の風情ある外観。

うを徳1



うを徳2



玄関で靴を脱いでお邪魔します。
すぐに畳のお部屋。右側に6人座れる掘りごたつ式カウンターがあり、着席。
2階にもお席はあるようです。
昭和のお家のような独特の雰囲気の店内。
洗練さや高級感はありませんが、落ち着いていて、温かみが感じられます。

うを徳3



うを徳4



メニューは、握りやちらしの他に、
京料理と江戸前にぎりのおまかせ、というコースが5600円から11500円まで4つあり、
それ以上のお値段のもの(要予約)も、お願いできるようです。

うを徳5



うを徳6



うを徳7



◆京料理と江戸前にぎりのおまかせ 幸 9500円

こごみの胡麻和えから始まって、おつまみだけで11品。
全国各地の厳選された食材が次々に出てきます。
蟹や雲丹など高級食材も、惜しげもなく、そしてさりげなく使われていて、
CPはかなりいいと思います。
また、鰹の藁焼きや雅鮎、ウドの天ぷらなど、旬も充分楽しませて頂きました。
見た目の美しさや繊細さはあまり感じられません。
しかし、素材が活かされた素晴らしいお料理の数々。
「おすもじ処」という店名から、
おすしやさんと思って訪問しましたが、ここは割烹料理店ですね。

うを徳10



うを徳11



うを徳12



うを徳13



うを徳14



うを徳15



うを徳16



うを徳17



うを徳18



うを徳19



うを徳20



うを徳21




握りは、7貫(だったかな?忘れたw)
小さめのシャリは、店主さん独自の割合で赤酢がブレンドされたものとの事。
握りの前のお料理ほどの感動は、正直ありませんでしたが、
シャリとネタのバランスがとれた握りだと思います。

うを徳22



うを徳23



うを徳24



うを徳25



うを徳26



うを徳27



うを徳28



うを徳29



入店当初は無口だったご主人に、ちょっと緊張しましたが、
時間と共に、笑顔も会話も増え、楽しいひとときを送ることができました。
「鱧は冷たい湯引きより温かい料理の方が好き。」
と私が言った時の、ご主人の優しい笑顔。
穏やかな人柄が見えたように思います。

うを徳8



うを徳9



京料理と江戸前のおすしが楽しめるいいお店です。
再訪したいです。



関連ランキング:寿司 | 東向島駅曳舟駅京成曳舟駅

東京のお店
 | HOME |