FC2ブログ
和さび (こんなお店に行ってきました。)
2018年05月26日 (土) | 編集 |


和さび


JR出雲市駅から歩いて5分程のところ。
駅前大通り沿いにある。
外観も内装も木を意識した和風の造り。

和さび12



カウンターに6席。小上がりに座卓が結構な数並び、奥には個室もあるようだ。
電話予約済み。

金曜、夜、訪問。
カウンターの席に通された。
店内、ほぼ満席。

予約の際に、飲み放題の付いた5000円のコースをお願いしてある。
(お料理3000円+地酒純米酒もOKの飲み放題2000円)

コース料理は、
ぶり平(ぶりと平政がかけあわさった魚)のお刺身から始まって、
穴子と梅の釜飯安納芋の豆乳プリンまで8品。
綺麗な器に、センス良く盛り付けられ、お味もいい。

和さび1




和さび2




和さび4




和さび3




和さび5




和さび6




和さび7




和さび8




和さび9


さりげなく添えられている筍の煮物からは、お出汁の深い味わいが感じられる。
また、デザートのプリンは、和を飛び越えて、有名パティシエが作ったものと思えるようなしっかりとしたもの。
調理されている方の豊かな経験や感性が、なんとなく感じられるような創作料理の数々だった。
が、
実は、一番美味しいと思ったのが、追加でたのんだ
◆ホタル烏賊のお刺身 580円 
だったりして。
生のホタル烏賊、私は初めて食べた。
沖漬けとは比べ物にならない程美味しかったのよ。

和さび10



◆平目えんがわ刺し 780円
和さび11



コース料理は勿論申し分ないのだが、
アラカルトで、気になるものをお願いするというのもいいかもしれない。

和さび13




和さび14




和さび17




和さび15




和さび16


スタッフさんは、全員20代~30代と思われる若い方ばかり。
皆さんとても丁寧な接客をされている。
いいお店だと思う。

ただ、たまたま、訪れた時が、カウンターのすぐ後ろの小上がりの席すべてを使って、
(地元の会社の歓迎会と思われる)宴会が催されていたため、
兎に角、うるさかった。



関連ランキング:居酒屋 | 出雲市駅電鉄出雲市駅出雲科学館パークタウン前駅


若竹寿し (こんなお店に行ってきました。)
2018年05月20日 (日) | 編集 |


若竹寿し


食べログ、島根県、海鮮丼ランキングNo1のお店。

駐車場は道路を挟んだ所に、数台分あります。

若竹寿司3



カウンターに6席、テーブル2つのかなりこじんまりとした店内。
訪問時(平日、昼12時頃)お客の入りは、3割位。
カウンターの方に着席。
店主さんと思われる方が、握りをすべて担当されていました。
こちらから話しかけもしませんでしたので、よくはわかりませんが、
もくもくと仕事をこなし、雑談は全くなし。(どのお客さんにも同じ)
外人さんには、流暢な英語で対応。ちょっぴりかっこいい。w

握りは、並(1200円)・上(1600円)・特上(2000円)の3種類。
海鮮丼は、並(1500円)と プレミアム(2000円)


◆プレミアム海鮮丼を頂きました。
◆しじみ汁(450円)も一緒に。

海鮮丼は、中トロ、うに、蟹、いくら、帆立、かんぱち、サーモン、鯛、海老等、
全部で20種類位のネタはあったように思います。
帆立の貝殻なども添えて、盛り付け方にも工夫をされていて、
とても豪華な海鮮丼に見えます。

若竹寿司1



うにや蟹、いくらは少量でしたが、
他のネタは、厚めに切られていて、ボリュームがあります。
特に地元島根に拘っているというものはなかったように思いますが、どれも新鮮。

ただ、
器が、丼が深すぎるのでしょうか、
とても食べにくい。
ちょっぴり変なストレスを感じながら、頂きましたが、
それは、夫も同じだったようで、
お店を出て最初の言葉が、
「器を変えるか、盛り付け方法を変えた方がいいよな。」


しじみ汁は、素朴で美味しいものですが、しじみの数は数個のみ。
450円というのは、ちょっと高すぎかも。

若竹寿司2




また、こちらの器も、
(器の話ばかりですみません。)
かなり使いこまれた天然木のお椀でした。
手に馴染み、温かさを感じるもの、というよりは、
私は、古さは勿論、(口に触れる部分の厚みのせい?)口当たりがあまり良くないのが、とても気になりました。


大袈裟に言えば、
海鮮丼も、しじみ汁も、
器が、お料理の出来を、台無しにしている
ように感じてなりませんでした。
握りを頂けば、また感想は違ったかもしれませんね。w



関連ランキング:寿司 | 玉造温泉駅


八雲 本店  (こんなお店に行ってきました。)
2018年05月13日 (日) | 編集 |


八雲 本店


出雲大社の大駐車場の西側、交差点にあります。

八雲8




八雲5



お座敷とテーブル席があり、清掃は行き届いている広い店内。
中庭には、野点傘が立てられ、新緑に赤が冴えていて綺麗でした。
テーブルの方に着席。
訪れた時が、平日、お昼時を少し過ぎていたこともあってか(14時頃)、
店内はがらがら。

出雲そばの有名店とのことで、お蕎麦のみかと思いきや、
丼ものやうどん、定食などメニューは豊富。
丼ものやうどんは、600円から800円台のものが多く、
名物の割子そばは、一番お安いので三段割子が750円、一番高いもので天ぷら割子1950円と、
全体的に若干高めの値段設定ですが、観光地価格とまでは言えません。
器が大きく、量も比較的多いので、CPはまずまず
と思います。

八雲6




八雲7




お店一番人気という
◆天ぷら割子 1950円
をお願いしました。

配膳される前に、卓上に置かれた割子そばの食べ方の説明を読みます。

八雲9



↓箸置き
八雲10



注文してから7~8分で配膳されました。


八雲2




八雲1




八雲3




八雲4



割子そば3枚と天ぷらの盛り合わせ。

盛り付けがとても綺麗な天ぷらの盛り合わせです。
椎茸や紫蘇、紅生姜など数種類のお野菜の天ぷらと、立派な海老の天ぷらが2本もあり、
カラッと上手に揚がっていて美味しい。

赤い小鉢に入ったそばの上には、海苔とアサツキ、もみじおろしがのっています。
因みに、
私が頂いたこの三段割子は、3つとも同じ薬味で同じお味。
三色割子は、3つそれぞれ薬味が違うようです。


実を皮ごと挽いたというそばの色は濃く黒い。
季節によって変わるのでしょうが、この時はそばの香りは強くはありませんでした。
喉越しもコシも程よく、普通に美味しい。と~~~ても美味しいというまでではありませんが。
だし(つけ汁)のお味も同じ。若干甘めかと思われますが、そばにかけて食べるのですから、この位でいいのでしょう。

割子そば独特のお味というものは、私はよくわかりませんでしたが、
汁を直接かけて頂くという珍しいスタイルを楽しむ事はできました。



お店は、出雲大社の近くではありますが、
鳥居の見える参道沿いではなく、出雲大社の敷地の西側にある大駐車場①の近くにあります。
駐車場②に停め(ここからはお店は見えない)、とりあえず、大社の正面、参道方向へ向かってしまった私達は、
来た道をまた戻る事に。 結構歩きました。
ご注意下さい。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 出雲大社前駅


川京 (こんなお店に行ってきました。)
2018年05月11日 (金) | 編集 |


川京


鳥取・島根旅行が決まってすぐに、食べログの口コミを参考にして、
希望のお店をいくつか選んでいた中で、一番訪れてみたかったお店です。
すぐに予約を取ろうと思ったものの、
【電話予約は、訪問日の1ヶ月前から受付】との事。
きっちり1ヶ月前を待って予約を入れました。

平日、18時30分頃、訪問。

松江の繁華街にあり、
お店の入口周辺及び店内は、かなり雑然としています。

川京20


カウンター席のみ。

川京1



コース料理もあるようですが、
前夜、某店でコースを頼んで失敗していたのもあって、
気になるお料理を単品で頂く事にしました。
が、結局、お願いしたのは、先行レビュアーさん達が頂いたコース料理とほとんど同じ。w

松江に拘った郷土料理の数々。

◆お刺身盛り合わせ
珍しい亀の手は、テレビで見た事はあるものの、初めて口にしましたが、
お味、正直、美味しいのかどうか、わかりませんでした。すみません。
白身魚のお刺身や貝類(名前失念)は、どれも新鮮。

川京2




川京4



◆お助けしじみ
しじみをにんにくの風味がついたお醤油で煮、とろみをつけたもの。
スープは残しておき、後に味噌汁か雑炊にして頂けます。雑炊で。
しじみ本来の美味しさが、にんにく醤油で少し消されてしまっているのが残念でしたが、
珍しいのでこれはこれでOK。w

川京3




川京8


◆川海老(もろげえび・てながえび)の唐揚げと赤天の盛り合わせ
カラッと美味しく揚がっていて、量もたっぷり、
これで650円という素晴らしさ。

川京6


↓赤天
川京5



川京7



↓たぶんサービス
川京9



↓サービス
川京10




また、島根に拘っているのは、お料理ばかりではなく、お酒(日本酒や焼酎)も同じ。
沢山の地酒を取り揃えてあります。
折角なのでといいながらw、いろいろ頂いた夫から、結論として出た言葉は、
「どれも美味しい。」w
私はちょっと変わった◆宍道湖のしじみ割り焼酎を。
しじみエキスとしじみで割ってある温かい焼酎。
これがとても美味しい。
しじみ大好き&焼酎大好きさんに超オススメです。

川京13



お酒に本物の土筆が飾られていたり、お料理の盛り付けにも、野草が沢山使われています。

川京11




川京12



「今朝、近くの山で摘んできたのよ。」
と楽しそうに笑う女将さん。
お料理に使われている食材や地酒の説明を聞いていると、
島根が、松江が、大好きなのが、よくわかります。

拡声器を使ってお料理の説明をするという店主さんは、残念ながら、この時は不在でしたが、
女将さんと娘さん(?)の接客も、とても上手。
大変楽しいひとときを送ることができ、夫も大満足。
また、おひとり様で来店されたへの配慮もさり気なく、そして優しく。
人気があるのは、松江の郷土料理が頂けるというだけでなく、
楽しくお酒が頂ける居心地の良さにあるのでしょうね。


川京18



川京17



川京16



川京15



川京19



川京14



女将さんの「だんだん」(島根弁でありがとう)の言葉に、
私も素直に
「だんだん」
と返しました。



関連ランキング:郷土料理(その他) | 松江しんじ湖温泉駅松江駅


タツザワ (こんなお店に行ってきました。)
2018年05月05日 (土) | 編集 |


タツザワ


島根半島、最西端の断崖にそびえる『出雲日御碕灯台』
徒歩5分程の所に無料駐車場からあり、その途中にはお土産屋さんや食事処が点在しています。
しかし、訪れた時が、平日午後3時頃、観光客はほとんどなし、というのもあってか、
開けているお店はかなり少なく寂れた海辺の町という雰囲気。
その中にあって、こちらのお店の周辺だけ、ちょっと違いました。

店頭に海鮮料理の写真付きメニューが出ているのを除けば、
まさにお洒落なカフェ。

タツザワ8




タツザワ7



いや、実際、店内は外観から想像するより、もっと素敵。
木の温もりが感じられる茶系と白で纏められており、開放感のある勾配天井。
大きなガラス窓から陽の光がたっぷりと差し込む店内は、明るくてお洒落。
着席した状態で、窓ごしに、真っ白な日御碕灯台が見えます。

タツザワ4




メニューは、食事メニューと喫茶メニューに大きく分かれていて、
今回はお茶が目的でしたので、頂きませんでしたが、
海鮮物の丼や定食に加え、ぼべめし(ぼべ貝の炊き込みごはん)等かなり惹かれるものもありました。

タツザワ6




タツザワ5


頂いたのは、
◆シフォンケーキセット 600円
シフォンケーキは、プレーン・抹茶・紅茶と3種類あり、
紅茶をお願いしました。
飲み物はアイスコーヒーを。
待つ事10分弱。
600円というお値段から、それほどのボリューム等は期待しておりませんでしたが、
かなり立派なシフォンケーキに、生クリームたっぷり。メイプルシロップが別添えしてあります。
そして、このクリームに立てかけられいる灯台のクッキー。超かわいい~~!!
女子ウケ間違いなしです。
手作りとの事で、このクッキーだけでも購入できます。

タツザワ1




タツザワ2



シフォンケーキ 紅茶と抹茶
タツザワ3




シフォンケーキは、ふわふわ。紅茶の風味は若干弱め。
程よい甘さの生クリームとメイプルシロップと一緒に頂くと、
メイプルシロップのお味が勝ちました。w でも美味しいです。

ホール担当の女性は、とても丁寧な接客をされていて、
客層も静かな方ばかり。
ゆったりとした心地良い時間を過ごせました。

思わず購入してしまった可愛い灯台グッズ
タツザワ9





関連ランキング:海鮮丼 | 出雲市その他


酒楽 (こんなお店に行ってきました。)
2018年05月03日 (木) | 編集 |


酒楽


喜多八寿司さんを出てホテルに帰る途中に、夫がこちらのお店の前で足をとめた。
夫は、普段あまり居酒屋のはしごをしない。
雰囲気のいい外観に、というのもあるかもしれないが、
店頭にでている毛筆で書かれたお品書きに惹かれたようだ。(写真撮り忘れ。後悔)

平日20時頃、訪問。予約なし。

酒楽8



外観から想像していた雰囲気とはまた違った店内は、
居酒屋さんというより、明るく、綺麗な食堂のよう。
カウンターの方に着席。
店内ほぼ満席。

2軒目というのに、夫は、モサエビのお刺身はじめ他に2つほど即注文。
飲み物は、地酒の純米酒のみくらべ(3種)をお願いした。

酒楽7




酒楽5


まずは、お通しの煮魚。
お通しとは思えないほどのボリューム。
一緒に煮込まれた大根も味が良く浸みていて美味しい。

酒楽6




期待の【モサエビのお刺身】
モサエビというもの自体、私は初めて頂いた。(正確には、前のお店で塩焼きを食べていたのだけどw)
猛者海老(モサエビ)
頭がゴツゴツとして、その見た目の荒々しさと無骨な印象から、猛者海老という名前に。
鮮度が落ちると、すぐに黒く変色してしまうため、遠方への出荷が難しい。
しかも、漁獲量が少なく、ほとんどが地元の消費で終わってしまう幻の海老だ。

10センチ以上の大きさがあり、食べ応え充分。
甘海老より甘さや旨味が強い。

ひと皿に4尾で、(たぶん)650円位だった。
海老好きな方に、超オススメ。
漁時は9月~5月。
この時期に鳥取を訪れる際には、是非召し上がってみて。

酒楽1



酒楽2



美味しい地酒と珍しいモサエビに大満足している私達に、
店主さんは、ニコニコ笑顔で親しげに話しかけて下さる。
所々に方言が入り、独特のイントネーションの話し方。お人柄の良さがうかがえる。
また、お店全体を把握しているのみならず、
私達の箸の進み具合まで、さりげなく見ていて、
『注文したものの、もう食べきれないのでは?』とひとり不安になった私に、
「ご注文頂いたあともうひとつのお料理も結構ボリュームあるけど、大丈夫?
 まだ、作っていないからキャンセルでも全く構わないからね。」
と、優しいお言葉。
夫は自分の注文の仕方を謝罪しながらも、店主さんの対応に感謝。
普段無口な夫が、酔いも手伝ってすっかりお喋りになっている。珍しい&嬉しい。
私はいつも通りヘラヘラだけどね。w
いや、私達だけではなく、いつの間にか、両隣のお客さん達もみんなで和気あいあい。
大変楽しい鳥取の夜となった。

こんなに楽しくお酒が呑めて、美味しいお料理を頂いて、
お値段は、ふたりで5000円と少し。
お会計も、何もかも、すべて良心的なお店。

酒楽3




酒楽4





関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅