猿田彦珈琲 アトレ恵比寿店


アトレ恵比寿西館1階にある珈琲屋さん。
【猿田彦】という変わった店名が気になり、ずっと入ってみたかった。
いや、入るというより、通路との隔たりが全くないスペースに、2人掛けのテーブルと椅子がいくつか置かれているだけなので、
飲み物をカウンターで購入後、そこに着席して・・・と、とても気軽に気楽に利用できそうな感じのお店。
ところが、どっこい、こちらかなりの人気店のようで、いつ訪れても満席。
たまに、空席を見つけても、通路のベンチに腰掛けて順番待ちをしている先客がいる事がほとんど。

時間の関係で順番待ちは無理な私には、なかなか利用できないお店だった。

挫折(オーバーダゼw)数ヶ月、
ついに、全く待ちなしで着席できる時がきた。

係りの方の「お席、ご用意できますので、ご注文をどうぞ。」
という言葉を受けてからカウンターで注文。

たぶん、珈琲が物凄く美味しいのだろうが、大好きなココアをお願いした。
お洒落なトランプを渡され、これを持って、指定された席で待つ。

猿田彦2



お店の方が飲み物を席まで持ってきてくれる。
全くのセルフではないスタイル。

◆ココア (Tサイズ) 460円
無料で、ホイップクリームも付けられるというので、それもお願いした。

熱々のカップに、こんもりと盛られたたっぷりのホイップクリーム、その上にココアパウダー。
ココアは、ホットチョコレートではなく普通のココア。
しかし、粉っぽさなどは全く感じられない美味しいココアだった。
ホイップクリームを、鼻の頭に付けながら頂くこの変な満足感wに浸りながら、
とても美味しく頂いた。

猿田彦1


この立地で、このお値段とサービスは、なかなかいいように思う。
ただ、やはり、待ちの人が目の前のベンチで待ち構えているという状況に、
『ゆっくりはできないよなぁ』と思ってしまう人(私も)もいるだろう。
反して、(この時)私の両隣の席の方々のように、カップが空になっても、(たぶん)1時間以上居座っていられる神経の図太さがあるお客もいる。
だから、いつ訪れても空席がないのだろうなぁと思う反面、
お店が目指すものが、喫茶店としての提供なのか、テイクアウトを主としての提供なのか、
???は残るところだ。



関連ランキング:カフェ | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅