大好きな赤坂詠月さんの支店ができたということで、
いつもの仲間達と4人で訪問しました。

ビルの地下1階。
居抜きで開いたと思われる店舗は、以前のバーの内装がいい感じに使われていて、お洒落な雰囲気。
蔓1



蔓2




蔓3




蔓4


1万円のお任せコースを頂きました。
(アラカルトでの注文も可能なのでしょうか?
 入り口にそのメニューが貼ってありました。)
蔓5



コース内容は、
先付から始まり、椀物、向付、鉢肴・・・と続く会席料理。

皿数の多さ、メニュー構成、使われている器のセンスの良さ、
そして、いい日本酒の品揃えの多さ
は、本店の赤坂詠月と同じです。
蔓6



セリと椎茸のお浸し
蔓7



白子のポン酢・味噌牡蠣・公魚の唐揚げ
蔓8



穴子の棒寿司
蔓9




蔓10



海老しんじょうのお吸い物
osuimono




お刺身
蔓12



蔓13



鰤の照り焼き
蔓14




蔓15



牛ステーキ&合い鴨
蔓16




蔓17



お鍋
蔓18




蔓19




蔓20


土鍋(きのこの炊き込みご飯が入っています。)
蔓21



きのこの炊き込みご飯
蔓22



香の物
蔓23


 
ラフランスとマスカット
蔓24




蔓25


しかし、いくつか気になるところが。。。
まず、最初にでてきたお浸しのセリは、
(訪れたのが11月)旬を外しているためか、セリ特有の香りもお味も感じられません。
お吸い物のお出汁は、美味しいのですが、
すっきりストレート過ぎていて、深みのようなものがいまひとつのような・・・。
蟹の水っぽさも気になりました。
一番残念だったのが、きのこの炊き込みご飯です。
固めの炊き上がりが好きな私ですが、これは、固めとかいうレベルではなく、
・・・お米の芯が残っていました。(T_T)
小さな土鍋で、2~3人分ずつ炊き上げ、混ぜる前の様子をお客に見せるというサービスは、
最近、他の日本料理店でもよくありますが、
炊き上がりを、店側は実際食べて確認できませんので、そのまま知らずに提供してしまう
という事になるのでしょうか。。。
目で楽しませて頂くことも有難いですが、
やはりお料理は、味、美味しさが一番かと思います。

かなり辛口な感想を最初に書いてしまいましたが、
穴子の味付けがとても美味しい棒寿司。
お刺身は新鮮で質のいいものを使ってあり、盛り付けも綺麗。
和牛のステーキは、量は多くありませんが、ステーキ専門店も顔負けな程美味しいもの
でした。
会席料理には珍しいお肉を取り入れたのも、
「お客さんが喜んで下さるので」
と、謙虚に話す板さんの姿勢には好感が持てます。

赤坂詠月のご主人と嘗て一緒に働いていたという板さんは、温厚そうな方で、
お料理等についての質問にも丁寧に答えて下さいます。
ホール担当の女性も、明るくて、接客は大変丁寧。
おふたりとも、感じがよく、店内の雰囲気はとてもいい。
何より【お客が心地よく過ごせるようにとの心配りができている】ように感じました。

正直、赤坂詠月で頂いたほどの感激は、こちらのお料理からは頂けませんでしたが、
おふたりを見ていると、応援したい気持ちに。

「本店(赤坂詠月)が満席だから、支店の蔓(こちらのお店)に行こう。」
ではなく、
「今日は、蔓に行きたいなぁ。」
と、思えるようなお店になってほしいです。
蔓ならではの何かがあったらもっと楽しいかもしれませんね。
これからに期待します。




関連ランキング:懐石・会席料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

東京のお店