古都 (こんなお店に行ってきました。)
2015年12月15日 (火) | 編集 |


古都


埼玉でデカ盛りのお店と言えば、こちらのお店が一番有名なのだそうな。。。
知らなかった。
早速、
「行くぜ!」
と、情報を得て最初の休日に、車で向かう大喰い夫婦。(笑)

開店10分前に到着。一番~~♪
想像していたより、綺麗で大きな店構え。

古都1


駐車場は、お店横と、道路を挟んだ向かい側にあります。
店内には、
小上がりに座卓、テーブル席がいくつか。奥には、20名以上可能の個室。

夫は、カキフライ定食
私は、古都冷やし をお願いしました。

注文してすぐに、おでんや切り干し大根などがサービスされます。

古都2


ほとんど待たずに、古都冷やしの登場。

◆古都冷やし 980円
高さがあまりないビジュアルなので、ぱっと見、それほどの盛りには見えませんが、
実は、器が大きくて深めなので、おうどんの量はかなりありそう。

古都3



古都4


注文の際に、「量を軽めにしましょうか?」と、お気使いの言葉を頂きましたが、
「いえ、普通で」と言ってしまった手前、
『もし、食べきれなかったら、、、』という心配が、一瞬頭を過ぎりましたが、
完食。

古都8


うどんは、(提供時間がとても早かったので)茹で置きなのでしょうが、
コシが強く、美味しい武蔵野うどん。
天ぷらは、海老、イカ、ピーマン、ナス、サツマイモ、カボチャ。
そのお野菜の切り方も、衣のつけ方も、かなり大雑把
ピーマンの種はそのままついた状態でした。ヒョ。
やはり粗い切り方のきゅうりも沢山入っていて、
太いうどん、大きなお野菜、ワシワシと食べ進め・・・、ちょっぴり顎が疲れました。
決して美味しくないわけではありませんが、
やはり、おうどんの量の多さだけが魅力的なお料理かもしれません。

古都5



◆カキフライ定食(1300円)
注文の際に、特に何も聞かれなかったので、普通盛りは、それほどでもないのだろう、
と思っていたら、
ご飯が、超てんこ盛りで登場。
あまりの多さに、完食は無理と思った夫は、テーブルに置かれる前に、
「ご飯の量、減らして下さい。」と願いでました。
夫も私も大喰いですが、残す事は大嫌いなので、これは明らかに自分で食べられないと思ったら、
素直に負け(?)を認めます。
しかし、1/3程減らして貰ったご飯は、やっぱりてんこ盛り(大笑)
そして、
「足りなかったら、おかわりして下さいね。」
という優しい言葉も。

古都7



カキフライは、中位の大きさのカキを2~3個まとめて一緒に揚げたもの。
1個がかなり大きく、揚げ方も良し、美味しいものが6つ。
他に、漬物、味噌汁、小うどん、付けあわせの野菜もたっぷり。

古都6


夫も完食


こちらのお店の大盛りの特徴は、何と言っても、ご飯がてんこ盛りで配膳される事だと思います。
てんこ盛りご飯を前にして、嬉しい悲鳴をあげるお客さんでいっぱいでした。

ご飯のてんこ盛りは、確かにお行儀はよくありませんし、
少しずつよそって貰って食べる方が、実際は美味しいと思いますから、
否定的な意見もわかります。
ただ、
「お客さんにお腹いっぱい食べてほしい。」
「満腹、満足してほしい。」
というお店側(女将さん?)の想いから、サービスがどんどんと増して今に至ったようですので、
やはり、これは、お客さんを想う優しさなのではないかと、私は思います。


てんこ盛りのご飯はあくまで最大量。
その範囲において、自分で食べられるだけ、最初にお願いすればいい
のですから。
また、ミニサイズのものも、用意されています。



関連ランキング:定食・食堂 | 入間市駅仏子駅稲荷山公園駅