竜海ままのいろいろ

Entries

鮨 かんび (こんなお店に行ってきました。)



鮨 かんび


日曜、昼訪問。
電話予約済み。

外観も店内もすっきり。
かんび1



かんび4



かんび5





お鮨屋さん独特の凛としたいい雰囲気が漂っています。
ゆったりと配置された椅子の並んだカウンターの方に着席。

◆おまかせ握り(5000円)を頂きました。
 ランチタイムの握りはこのコースのみと思っていましたが、
 予約の際にお願いすれば、夜のおまかせコースもいただけるようです。
 お隣の方、美味しそうなおつまみを沢山召し上がっていました。ウゥ。

飲み物は、ビールと日本酒を。
九州のお酒を意識して、◆鍋島◆東一(どちらも佐賀県)等を頂きました。
かんび2



かんび14



かんび13



まずは、沖縄の海ソーメン。
かんび3



その後、程よいテンポで、握りが出てきます。
赤出汁が握り5貫の後に出てくるタイミングは、ちょっと微妙のような。
かんび11



コハダから始まり、中トロ、ウニ、蟹など握り14貫と巻物。
福岡ならではのネタとか、初めて口にしたネタはありませんでしたが、
唐津産はじめ玄界灘で獲れたものもいくつか。
♪小倉生まれで玄海育ち。口も荒いが気も荒い。♪
の歌詞から、私が勝手に想像したw豪快な握りではなく、
小ぶりで、繊細な握り
かんび6



かんび7



かんび8



かんび9



かんび10



かんび12



かんび15



かんび16



かんび17



かんび18



かんび19



かんび20



かんび21



かんび22



かんび23


シャリには赤酢が使われ、
丁寧な仕事が施され、煮きりの塗られた江戸前寿司がベース

若干握り方が気になったものもありましたが、
どれも美味しく頂きました。

CPもいいように思います。


また、先行されたレビュアーさんの多くの方が書かれていますが、
こちらのお店の魅力のひとつは店主さん。
店主さんがいい。
お鮨に対するひたむきな姿勢が感じられます。
謙虚で物腰が低く、隅々まで優しい心配りをして下さいます。
これだけお客を大切に扱って下さる寿司職人さんは、滅多にいないように思います。
私は初めてでした。
「・・・ですぅ~。」
と尻上がりの明るい声が、今でも耳に残っていて、
思い出す度、なんだかとても温かい気持ちになります。

優しい店主さんがいる素敵なお鮨屋さん
また福岡に行くことがあれば、(店主さんに会いに、かな?笑)再訪したいです。



関連ランキング:寿司 | 呉服町駅中洲川端駅千代県庁口駅


右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました