サリュート (こんなお店に行ってきました。)
2017年01月11日 (水) | 編集 |


サリュート



角地に店舗があり、
駐車場は大きな通りに面した場所に3台分。
横道に面した場所に2台分。ちょっと狭いかも。(←運転下手っぴの私にはです。)
この横道は、一方通行なので、注意が必要。

外観から想像していたより広い店内。
窓からの採光もあり、とても明るい。
ソファ席もあって、雰囲気はレストランというよりは、喫茶店。
サリュート201602



サリュート201601


各テーブルに、落書きノートのようなものが置いてあり、
お客さんのコメント、お店の方のお返事が書いてある。
そのお店の方の挿絵が可愛らしい。

朝9時からの営業。
モーニングサービスもあり、確かに喫茶店ではあるのだが、
飲み物だけがウリではない。
ロシア料理が頂ける喫茶店なのだ。
『ふん、桶川のような田舎町に、ロシア料理の専門店なんてあるはずないでしょ。』
と、思った人も多いはず。実際、私もそうだった。スミマセン。

地元農家さんが栽培しているビーツを使用したボルシチが人気らしい。
「私は、時々、お鍋を持って買いに来るのよ。」
と、同行した友人の嘘のような本当の話。楽しい。

ランチメニューは、このボルシチとピロシキが一緒になったセットものはじめ、
ビーフストロガノフ等数種類ある。
サリュート201603



◆A ピロシキランチ(ドリンク付で)1180円
ボルシチ・サラダ・ピロシキ・ドリンク
サリュート201604



サリュート201605



サリュート201610



ボルシチは、赤と白があり、好きな方を選べる。
ビーツを使った赤ボルシチしか知らなかった私は、白いボルシチが気になって仕方ない。w
【白ボルシチ】を選んでみた。
ライ麦粉を湯で溶いて醗酵させたジューレクという汁で作る酸味のあるスープ。
もともとはポーランドの郷土料理らしいが、
ベラルーシやウクライナなど(旧ソビエト連邦)でも、白ボルシチとして食されているという。
具は、きのこ、人参、玉葱、セロリ、ソーセージ、鶏の肉団子、ゆで卵、
そして、自家製のサワークリームが入っている。
具沢山。セロリの食感が楽しく、あっさりとしていて食べやすい。
薄味で体にとても良さそうなスープだが、コクのような深みも感じられる。
今まで味わったことのない不思議な、そして美味しいスープだった。

サリュート201606



サリュート201608



ピロシキは、揚げたものではなく、焼いたもの。
具の味付けも薄めで、牛肉や野菜の美味しさが感じられる。
やや小ぶりなのもあるが、全く油っこくないので、いくつでも食べられそう。
焼きなので、ヘルシーのはずが・・になるね。w
サリュート201607



サリュート201609



『寒い国のお料理なので、濃い味付けのパンチあるものが出てくるだろう』と、
かなり勝手な私の思い込みは、見事はずれ。
優しいお料理でした。

我が家から歩いても行ける範囲にあるので、
次回は、夜、ウォッカや爆弾カクテルに挑戦! 予定。



関連ランキング:ロシア料理 | 桶川駅