*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
馬子とやすべ (こんなお店に行ってきました。)
馬子とやすべ


「北海道で海鮮丼を食べたい。」
と、夫が急に言い出し、
函館に行ってきた。
2泊3日の旅。
観光もしたが、主なる目的は、海鮮丼はじめ海のものを食べる事。
無事に旅を終え、帰宅した時は、しばらくは、生の魚は食べなくていいなぁ、と思った。
(実際は、翌々日には、もう食べたがw)
訪れたお店を少しアップしていきます。
よろしくお願いします。

まずは、
函館の朝市で、海鮮丼。
同じようなお店が沢山並び、どこに入っていいものやら、とても迷う。
珍しく(?)下調べを充分にしてきた夫が、こちらのお店に決めた。

どんぶり横丁という建物の中にある。人気店のようだ。

気に入ったのは、呼びこみをしていない事。w
店内に入ると、函館朝市に来ているのを忘れてしまうような
街中にある普通の食堂の雰囲気なのは、ある意味残念な気もするが、
何より、店内はとても清潔で、安心。

沢山ある丼メニューの中から、次のものをお願いした。
あ、ビールものんだ。(朝から、ビール。なんて素敵。w)

◆生うにいくら丼 2160円
酢飯ではない普通の白飯の上に、生うにといくらが、4:6くらいの割合でのっている。
生ウニは、苦味などは全くなく、美味しい。
いくらは、醤油漬けにしてあるもの。
まさかのピンポンいくらではないと思うが、
皮がちょっぴり硬く、期待程ではなかった。
馬子とやすべ5



馬子とやすべ4



馬子とやすべ6



◆朝市五色丼 1500円 (夫の)
生うに、いくら、サーモン、甘海老の4種。あとのひとつを、蟹か帆立、好きな方を選ぶ。
見た目も豪華。
甘海老を1本味見させてもらったが(奪ったとも言う)、甘くて美味い。
↑の生うにいくら丼と比べて、660円も安く、いろいろ楽しめていいように思う。
馬子とやすべ3



◆活イカ刺  時価、この日は1300円。
舟形の器に盛られて登場。
透明で綺麗なイカ。そして、まだもにょもにょと動いている足。ウヒャ~~。
馬子とやすべ2



馬子とやすべ1


お店の方に、この足を刺身にするか?焼くか?聞かれ、
焼きでお願いした。
(わたしゃ~、実は、心優しいので、動くものを口にできない。)
10分程待ち、焼かれた足に生姜が添えられてでてきた。
ビールに海鮮丼、イカ刺しと冷たいものばかり口にしていたのもあってか、
この温かさが嬉しかった。(そうそう、ここは北海道だったんだわ。)
馬子とやすべ7


シコシコとした食感が良かったイカ刺しは、美味しく、
当たり前に新鮮なのがよくわかったが、
イカのワタがなかった事は残念だった。新鮮なワタを食べてみたかった。


馬子とやすべ8



馬子とやすべ9





関連ランキング:海鮮丼 | 函館駅函館駅前駅市役所前駅(函館)



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

QRコード
QRコード
ブログ内検索
食べログ

掲載されました