今福屋
                           <2009年5月訪問>

創業明治24年という老舗です。
中山道沿いにあります。

CIMG2709.jpg


同じ敷地内で製造された生麺を使っているようです。
お店入り口のすぐ横では、素麺や冷麦、お蕎麦など様々な乾麺が売られてました。

店内、カウンターに数席、テーブル席、小上がりに座卓、テラス席もあります。

店内



レジで注文、会計をして、番号札を貰い、出来上がったら、自分でとりに行く、
お水もおしぼりも自分で、という全くのセルフです。


◆ 天つけうどん 450円を頂きました。
注文を受けてから茹で始めるようで、少し待ちました。
天つけうどん



天ぷらアップ



うどんアップ




ザルに盛られた冷たいおうどん、
温かいつけ汁の中に天ぷらが最初から半分浸かった状態で出てきました。

麺は、色がちょっと茶色。
よく見ると、茶色のプツプツが入っています。(1枚目の写真でちょっとだけわかって頂けますでしょうか?)
味は特に普通のうどんと変わらないようですが。。。  
これ、何?  はて?
    ↓
帰宅後、HPで調べて、この茶色のものは“胚芽”である事を知りました。(栄養価が高いらしい)
もっちもちとしてて、かなりコシがあります。
つるつると喉越しのいい麺 というよりは、”噛み応えのある麺” と言えます。
これが、“武蔵野うどん”というのだそうです。

つけ汁は、ちょっと甘くて濃いめ。
わかめが入っています。

天ぷらは、かき揚げ。
揚げたてサクサク。

うどんの重さを伺いませんでしたが、かなり量もあると思います。
450円はCP良過ぎでしょう。(笑)

夫の注文した◆ 鴨汁うどん 740円も頂いてみました。
鴨汁うどん



鴨汁アップ


こちらは、鴨肉がかたくて、少ししか入っていません。鴨肉の旨味がそれほど感じられず、チトがっかり。
麺は、【天つけうどん】と同じでとても美味しいのですが、
お値段の事も考えても、
やはり【天つけうどん】の方が美味しくてお得感もあると思います。


このあたり(北埼玉)では、昔は、おうどんは家庭で打つのが当たり前だったようで(地元の友人談)、
上手におうどんを打てるのが、いいお嫁さんの条件だったとか。
「うちの嫁のうどんが一番」と来客に振舞っていたことと、おうどんのお店が多いこと、
関係があるのかもしれませんね。

武蔵野うどん、
私は自分では打てないけど、(いい嫁は諦めただ)
これから、いろいろ頂いてみようと思っています。


所在地   埼玉県桶川市西1-12-13
電話番号   048-771-1101
営業時間   11:00~20:00
埼玉のお店 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示