竜海ままのいろいろ

Entries

ふく田 (こんなお店に行ってきました。)

         ふく田

平日18時4人で訪問しました。

場所は・・・
門前仲町から歩いて10分くらいのところ。
都内に詳しい方のあとをチョンチョン(ドタドタではない)とついていきました。

外観



店内、カウンターと4人掛けのテーブルが3つだけ。
ご夫婦ふたりだけで営まれているお店のようです。


お通しは、漬けの握りと出し巻き玉子。

お通し
つきだし


お刺身は、お席の予約をした時に、3人前でお願いしておきましたが、
後は、みんなでワイワイと相談しながら、選びました。
メニューが割合豊富なので、多少の好き嫌いがある方でも、大丈夫です。

以下、頂いたものです。

◆ お刺身盛り合わせ
◆ ポテトサラダ
◆ 鮑
◆ ジュンサイの酢の物
◆ 穴子白焼き
◆ 蟹春巻き
◆ 煮物 (里芋・椎茸。牛蒡・蓮根等)
◆ 焼き椎茸
◆ 鱧の天ぷら
◆ 牛炙りの握り



味付けがすべて私好み。(嬉)
創作料理とまではいきませんが、
ひと工夫されたお料理の数々に、包丁を握るご主人のセンスの良さを感じます。

例えば、サラダ。
ポテトサラダの下の水菜には、程よくごま油がまぶしてあります。
ポテトサラダだけを頂いても勿論美味しいのですが、
ごま油の風味が加わることによって、大人向けの味というか、ピシっとしまったお味になってます。
これは、酒飲みには堪まりませ~~ん。うひょ。

ポテトサラダ
ポテトサラダ



煮物、揚げ物、焼き物、和え物とすべて頂きましたが、
どれもとっても美味しいです。

そして、お刺身。
これは予約しててよかったな、と思えた一品でした。

角がたつように厚くきられた鰹、
甘みを感じる烏賊、ウニや赤貝等
新鮮なものが綺麗に盛り付けられています。
見事です。

お刺身
お刺身


でも、新鮮なだけでは、浜で生まれ育った私は感激なんてしません。
お刺身にも、いやお刺身こそ、包丁の入れ方ひとつで、違いが出てきます。
素材だけで、調理人の技が感じられないものは、私はお料理とは思っていませんが、
ここのお刺身は、確かに“お料理”でした。

ん、
ちょっと漠然としちゃったかしらん、へへへ。
例えば、しめ鯖ですが、
こちらのしめ鯖は、中までしっかりと酢が入ったものではなく、中が生に近いもの。
これは、新鮮なものを使うだけでなく、酢の割合や漬け込む時間、血合骨の処理等、調理人の腕が必要とされます。
ぱすぱすでやたら酸っぱかったり、生臭かったりするしめ鯖とは、全く違うものに仕上がってます。
これが本当のしめ鯖なんですね。

お酒は、とりビー(とりあえずビール)から始まって、途中から焼酎をロックで。
美味しいお料理の数々のお陰(?)で、どんどんいけちゃうから、困ったもんです。(笑)

ロックで
酒







鮑






じゅんさい
じゅんさい






穴子白焼き
穴子の白焼き






蟹春巻き
からあげ







煮物
煮物







椎茸
しいたけ






鱧の天ぷら
からあげ2






牛炙りの握り
牛炙りの握り



次回はカウンターで、ご主人のキラリと光る技を拝見しながら、他のお料理も頂きたいな。
再訪したいお店、またまた増えました。るん♪



所在地     東京都江東区牡丹3-30-1
電話番号    03-3820-5602
営業時間    [火~金]   17:30~23:30(L.O.22:30)
         [土・日・祝]  17:30~22:00
定休日     月曜日


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました