室町 砂場 赤坂店  (こんなお店に行ってきました。) 
2010年07月16日 (金) | 編集 |
            室町 砂場 赤坂店
                   
                        <2010年5月 訪問>

5月末、平日。
まだ梅雨入りもしていないのに、朝からシトシトと小雨が降ったり止んだり。
この日は、友人とふたり、昼酒とお蕎麦を楽しみながら、ガールズトークに花を咲かせるつもり。
ヘヘヘ、シブイっしょ。ガールズというより、お江戸の粋なじっちゃんみたいだ。(笑)

お店は、東京メトロ千代田線赤坂駅(6番出口)から歩いてすぐのところ。
木造の一軒家。趣きがあってなかなかいい感じです。

さほど広くない店内には、 入り口付近にテーブル席、奥の小上がりに座卓がいくつか。
奥のお席に通されました。

1



頂いたものは次の通り。

焼き鳥  750円
2






玉子やき 650円
3





あさり 600円
4



↑以上三品はふたりで半分こ。



ビール
お通しは空豆
5




天もり 1450円
6





8






9




甘い玉子やきも濃い目の味つけの焼き鳥もおいしかったけど、私が一番気に入ったのは、あさり。
あさりの時雨煮ではなく、あさりの醤油煮です。
素材が良いのでしょうね、身がぷっくりしています。
あっさり薄味で上品なひと品。
ビールがすすむのは、もう仕方ないです。(笑)

お勤めの方がランチで利用する時間帯をさけて、13時半すぎに訪問したのは大正解。
こちらのお店は中休みなしの通し営業。
時間を気にしなくていいんだもの、最高よ~♪
あっさりあさりとビールで、気の合う友人とのんびりゆったり。なんて素敵なひととき(*´ -`)(´- `*)

さて、〆のお蕎麦には、天もりを。
温かいつけ汁に、冷たいお蕎麦をつけて頂きます。
私の町ではお馴染みの武蔵野うどんと同じ感じ。(温かいつけ汁に冷たいおうどん)

胡麻油を使ったと思われる海老のかき揚げは、最初っからつけ汁に浸かって出てきます。
つけ汁は、かなり濃い目のキリっとしたお味。
お蕎麦はコシのある田舎そば。
この全体のバランスが最高。
大変美味しいと思いました。
美味しいのよ。
美味しいんだけどね。。
量がかなり少ない。
この日は、ビールをたくさん飲んじゃったので、〆で頂くにはちょうどいい量だったけど、
飲んでなかったら、かる~く3~4枚はいけちゃうかも。(笑)

昼過ぎから、お蕎麦やさんで飲む楽しさを知ってしまった真面目な私。(ここで笑ってはいけません。)
困った、癖になりそうです。(笑って下さい。)





所在地   東京都港区赤坂6-3-5
電話番号  03-3583-7670
営業時間   11:00~19:30