海鮮れすとらん さすいち

                          <2010年9月 訪問>


小名浜
一部の方からは東北の湘南なぁんて呼ばれています。
(こらこら、ここで笑うなよっ!)
(´ェ`;)ゞ
確かにお洒落なところでは全くありません。
お魚の匂いが漂う小さな港町です。

港のすぐそばには、アクアマリンふくしま(水族館)やいわき・ら・ら・ミュー(いわき市観光物産センター)があり、
休日には、県外からの観光客でなかなか賑わっています。

そのいわき・ら・ら・ミューのすぐ近くにあるこちらのお店を、
9月連休の初日(土曜日)昼に、家族で、訪問しました。

1







2







3



1階が鮮魚浜土産の直売所、2階はレストラン。経営者は一緒。
直売所直営の海鮮レストランのようです。

店内の真ん中には、大きな船を意識した仕切り(?)のようなものがあります。
お客が船内で食事をしているような雰囲気を持てるようにと、作られたのでしょうが、
実際は・・・、
はて?( ・。・)? 私はあまり感じませんでした。
しかし、綺麗に清掃の行き届いた木造の店内は、明るく、
お席の配置もゆったりととってあり、広々としていて気持ちがいいです。

4






よくばり膳 2480円を頂きました。

5








お造り (鮪、サーモン、帆立、ハマチ)
6










天ぷら (海老、カレイ、シシトウ、さつまいも)
7








ミニ茶蕎麦(冷)
8








茶碗蒸し
9








サラダ







小鉢
10







香の物







ミニいくら丼
11








又はミニうにおこわ又は白飯(白飯にした場合セット料金は2280円)
12








デザート
13




大きな四角のお膳に並んだ沢山のお料理達。
女性に人気とメニューに書いてある通り、ひとつひとつの量は少なめ。
でも、器とのバランスが・・・。
どのお料理も大きな器の真ん中にチョンと盛られています。
これが、ひとつずつ出てくるのなら、いいのですが、
大きなお膳に一緒に乗せられていると、
空間ばかりが目について、かえってお料理の量の少なさが強調され、全体的に寂しいお膳に感じます。


天ぷらはサクッと綺麗に揚がっていますし、
茶碗蒸しには、海老、帆立、蟹、そして小さいけれどうにまで入っていました(これは嬉しかった~♪)が、
肝心のお刺身の新鮮さが、あまり感じられませんでした。
帆立貝柱は炙ってでてきましたが、
炙る事によって、帆立の美味さを引き出そうとしたのでしょうか?

ちょっと乾燥したキャベツの千切り(サラダ)や、全く特徴のない茶蕎麦は、
う~ん、なくてもいいような・・・・。

地魚を使ったお料理もなく、
鮮魚直売所直営のお店らしさは、全く感じられませんでした。

浜辺ならではの素朴なお料理を楽しむだけならば、
1階の直売所店頭にある【海鮮屋台さすいち】の方が、いろいろと楽しめていいかも?
(ただし、落ち着けませんっ。笑)

お料理は期待した程のものではなかったものの、
お店に対して不満が残らなかったのは、サービスの良さがあったからかな。
ホール担当の若いスタッフさんの丁寧な接客態度にはとても好感が持てました。



所在地   福島県いわき市小名浜字辰巳町16-1
        鮮魚・浜土産 さすいち直売店 2F
電話番号  0246-73-0141
営業時間   11:00~20:30(L.O.19:30)
福島のお店