びすとろ UOKIN


平日の夕方なら、お勤め帰りのサラリーマンで賑わう新橋も、
日曜日は、駅前を少し離れただけで、人通りもかなり少なくなるんですね。
薄暗くなり始めた路地裏に、
一軒だけ光を放っているこちらのお店を見つけた時は、なんだかほっとしました。
ここだけ別空間のよう。
西欧の飲み屋さん(←たぶんね、行ったことないけど。(´ェ`;)ゞ)のような雰囲気を漂わせています。
1



ぼ~っと外観を眺めていると、
「お久しぶり~。」と、声が。
この日は、愛知ののりくんhttp://blog-norikun.cocolog-nifty.com/blog/さんと飲み会です。
ふたり揃って、入店。

いくつかの小さなテーブルとカウンターにも座席はありますが、
私達は、厨房が見えるカウンターで立ち飲み。(来店数日前にはすでに座席の予約はいっぱいだったそうです。)
私、足腰の弱いお年頃にはなったけど、
アルコールが入れば、立っている事は全く苦ではなくなるから、平気よ。(笑)

開店してすぐというのに、店内はとっても賑やか。
ザワザワしています。
でも、このザワザワ感がなんだか心地良い。わくわくしちゃいます。

再会を祝して、先ずは、ビールで乾杯。
2





お通しは3種類のパン 250円
温められています。
3





壁の黒板に書かれたメニューの人気ランキングや、
お勧めのメニューを参考にして、次のふたつのお料理を頂きました。

パテ・ド・カンパーニュ 480円
かなり厚くて大きな一切れ。
素材の食感が粗く残った感じで、
添えられたマスタード、ピクルス、ザワークラウトと一緒にさっぱりと頂けます。
4








蝦夷鹿のロースト 980円
四角のお皿に、食べやすい大きさにスライスされた鹿肉が並べられてでてきました。
お皿の白、クレソンの緑、ベリーソースの赤が綺麗。
鹿肉は中が少しレアの状態。タタキのような感じ。
甘酸っぱいベリーソースとよく合っていて、美味しいです。
5





お酒はビールの後はず~っと赤ワイン~。るん~♪
6




カウンターごしに伝わってくる厨房の忙しさ。活気が感じられていいですね。
わくわくしちゃうようなザワザワ感はここからきていたのかしら?
どんどん作られていくお料理達、その手際の良さに感心したり、
フライパンから立ち上る香りに、どのお料理を作っているのかしら?と想像したり(笑)
あっという間の楽しい1時間半でした。


※余談
こちらのお店は、(皆さんご存知でしょうが)魚金グループのお店。
私は、以前に池袋のイタリアンバールUOKINには行ったことがあるものの、
和の(普通の?)魚金には一度も入ったことがありませんでした。
「じゃ、近くにあるから行ってみましょう。」と、有難い言葉。(のりくんさん、相変わらず優しい。m(_ _)m)
ふたりで、3~4軒廻りましたが、どこも満席。
人気があるんですね。びっくりしました。



所在地  東京都港区新橋4-6-4
電話番号  03-3438-1477
営業時間  17:00~23:00(L.O.22:30)
 

東京のお店