警察の事情聴取に、先週行ってきましたので、その事を少し書きます。

まず、車の傷の写真を撮って、
現場に行って、道路の写真を撮って、
さぁ、事情聴取の始まり。

警官 「あなたは、どこで生まれましたか?」
私  「福島県いわき市です。」
警官 「どうしてそう思いますか?」
私  「えっ?」
警官 「ご両親からそう聞いたのですか?」
私  「あ、まぁ、そうですね。(そりゃ、生まれた時の記憶はないけどねぇ。。。)」
って、最初っからこんな感じで、馬鹿みたいに細かい

勿論、「答えたくない事は、黙秘権があるので、答えなくていいですよ。」
と最初に言われてはいたけど、
別に隠すこともないから、聞かれるままに答えてったら、

高校名から最終学歴。就職、結婚、趣味、財産、
現在の貯金額まで聞いてくる。

現在の貯金額、
これって、どうなんだろう?と困ってしまい、
面倒なので、「あぁ、答えたくない、にして下さい。」
と言った。

それから、
娘達の名前や年齢にも
「答えたくありません。」
と言った。
だって、今回の当て逃げと何の関係もないと思うし。。。


調書には、その部分は空欄になるだけだろうと思ったら、
最後にコピーされた調書を見せてくれたんだけど、
そこには、
「貯金額は答えたくありません。」
「娘の名前は答えたくありません。」
って、はっきりと書かれるのね。びっくりだわ。

こんなどうでもいい事は、あれこれ聞いてくるのに、
肝心の当て逃げ犯人との会話とかは、省かれるの。変よね

強調したいところだけでも(肝心なところと思うとこ)書いて下さい。とこちらからお願いしたわ。

朝9時から始まって、休憩時間をとらずに(これは私もそれでいいと言ったから)
終わったのが3時近く。
さすがに疲れた。

でも、真実をはっきりと言ってきたので、
なんだかすっきり。

当て逃げの犯人の主張は、全く違っているらしい。
嘘がどこまで通ると思っているんだか、全く。
でもね、万一、絶対ないと思うけど、
私の話が嘘、そして相手の話が認められると、
なんと、
私、交通安全義務違反になるそうな。(驚)

赤信号で止まってて、後ろからぶつけられて、
免許証がゴールドから、普通(青っていうのかな?)になっちゃうなんて。。。
ありえないよね。

大丈夫、だいじょ~ぶ。
神様も仏様も大岡越前も水戸黄門も、
み~んなちゃんとお見通しさ~~!!


と、自分で自分に元気づけてます。(笑)


事故の事を、うにゃうにゃと呟き、嘆いてばかりです。
楽しい話題でもありませんから、皆さんに読んで頂いただけでも、恐縮ものですのに、
沢山の方から、励ましのメールまで頂きました。
ありがとうございます。



つぶやき