竜海ままのいろいろ

Entries

PTA発行の広報誌って、必要でしょうか?

昨夜、次女の小学校時代に知り合ったママ友と、飲んだ。
かなり久しぶり。
もう5年位会ってなかったけど、
話が弾んで、お酒もすすんで(ん?)
楽しかった。

友人が一番興奮していた話題がPTAの必要性

ここ埼玉の公立小学校中学校は、
新年度になってクラス替えがあると、
最初の保護者会で、PTAの役員決めがある。
学校によって、係りの数は違うだろうけど、
学年、厚生、環境、広報、等。
希望者などでるはずもなく、
結局、じゃんけんかくじ引きで決めることになる。
運悪く中ってしまうと、
「家族に介護が必要な年寄りがいます。」
「仕事をフルで働いています。」
「乳飲み子がいます。」
「自分は対人恐怖症、絶対無理です。」
「下の子の幼稚園で役員をしています。」
などなど、
まず聞き入れてもらえないだろうと知りながら、
なんとか逃れようとする母親達。(気持ちはわかるわ。)

たまに、
「じゃあ、私が代わりに。」
なんて、親切な人もいるけど、
まず、ほとんどの人は、無視。
睨み合いに発展しちゃうクラスもある。

結局、新しいクラスの保護者達は、気まずい雰囲気でスタートするのね。

私も何度か、くじ引きやじゃんけんで負け、役員をした。

一番大変だったのが、広報部。
広報誌を発行するのが一番の仕事。
毎週、集まりがある。

過去の広報誌を参考にして、文面を少しかえるだけ。
写真ばっかり、イラストばっかり。
まるで、小学校低学年の壁新聞並み。
なのに、毎週集まる。
で、
やっとできあがった広報誌。
所詮、素人がつくるものだから、大した広報誌なんかできっこない。
(それを手作りの良さ、なんて言うひともいるけどね。。。)

一番最初に発行するものに、すべてのクラスの担任の先生の顔写真を大きくだすんだけど、
これは、どんな先生がいるか、顔を覚えるためにも必要かなぁ。
これしか見ないって、親がほとんど。(笑)
これだけでいいと思う。
てか、これって、
学校側で発行すべきじゃないの?

年に4~5回も発行するけど、
一体、隅から隅まで、目を通す保護者なんて、
広報部以外にいるのかしら?と思う。
必要ないって。
全国PTA広報誌コンクールなんて、馬鹿げたものに、出品するとか。(呆)


また、厚生部も酷かった。
この時は、やはりくじ引きで、副部長が中ってしまった。
広報部よりは楽だろうと思っていたが、
部長、副部長なんてのになっちゃうと、そりゃぁ、もう大変。
行事が沢山。
全部、参加しなくちゃいけない。

厚生部の仕事にも、かなり疑問があった。
偉い先生様をお迎えしての講演会の企画、運営。
お料理教室、フラワー教室、なんたらかんたら教室の企画、運営。
親のために、お教室を開いてあけよう、ってのが仕事なのね。
でもね、
今の忙しい世の中、
子供の学校のPTA厚生部が企画したお教室に、のこのこ顔を出してくれる親なんて、ゼロに近い。
いないのよ。
全くいないと言ってもいい。
でも、そうなると、講演などをお願いした先生に申し訳ないからって、
厚生部は全員参加は勿論のこと、知り合いに声をかけて、
人を集めるの。
これが、大変。集まらない。
最悪、
講演会に参加した人達=厚生部員+他の部の部長副部長のみ
なんて、ことも。(笑)
自分達のために、自分達で企画、運営。(内容については執行部がウルサク指示してくる。)
「こんなのなくていいよね。」
と、何度みんなで呆れたことか。

勿論、この運営費は、PTA会費からでるんだから、
無駄以外の何ものでもない。


陰で、ぶつぶつ文句を言っていただけではない。
「広報誌、年に一回だけの発行で十分なんじゃないですか?」
「この行事は、必要性がないと思われるので、今年はやめましょう。」
と、私は、なんどか執行部(PTAの上の方の偉い人達)に、直に、意見したこともある。

すると、
「新しいこと(活動内容を減らす)をするのは大変なんです。」
と、あっさり却下された。



さて、
次女が通った愛知県岡崎市の中学校(公立)は、全然違う。

イチオウ、PTAもあれば、クラス役員もいる。
ただ、役員の仕事があまりないらしい。
広報誌も年に一回、一枚だけだったし、
保護者のための講演会などは、学校が企画していたように思う。
役員の中でも、執行部の人と、ちょっとだけお話をしたことがあったんだけど、
執行部でも、年に数回集まるだけらしい。
「よく、他県の人が、PTA役員について、云々と、仰ってるけど、
 大変というのがわかりません。」
と笑っていた。

役員決めも、保護者会で決めるのではなく、
クラス全員の名前が書かれた用紙を、子供が持ち帰ってきて、
各々が、適任を思われる方を選び、学校に提出する。
その結果を参考にして、クラス担任が、直接、電話でお願いするようだ。
だから、クラスで睨み合いなんて全くない。
スンバラシイ~~!!

スンバラシイのは、愛知、岡崎の先生達なのね。
だって、広報誌は年に一回だけだけど(PTA発行のもの)
子供達の様子が書かれたお知らせのようなものは、
毎日発行してくる。

たとえば、お昼に、お鍋パーティをクラス毎に開催すると、
その時の様子を、写真入り、生徒のコメント入りで、
その日のうちに、配られてくる。
先生は大変だろうね。
でも、そのお陰で、親は、学校の様子がよくわかるし、安心。

先生に感謝だったわ。
一生懸命さに、頭が下がる程だった。
その毎日の積み重ねが、信頼にも繋がっていったんだと思う。
そして、先生の一生懸命は、親だけじゃなく、子供達にも伝わっていく。
子供達、クラブも勉強も頑張る子が多いらしい。(次女の話から)
中学校のすぐ近くに岡崎高校があって、
ここに入りたいと頑張る子が多いようだし、
実際、一番多く合格者を出している。
最近知ったんだけど、
東大合格者を出している高校ランキングで、
県立高校のトップって、岡崎高校なのね。
と、
おっと
話が横にそれたわ。(苦笑)

とにかく、
岡崎の先生達は、ホントよく働く。
反面、
・・・・・・・・
あぁ、埼玉の公立の先生が見たら、怒りそうだ。(笑)
でも、本当にそう思う。


次女は、岡崎のこの中学校を卒業後、
こちらの私立の高校に進学した。
有難いことに、この高校も、岡崎のPTAスタイルと一緒。
先生達も実に一生懸命。
有難い。



PTA、全く必要性ないとは言わないけど、
活動内容、見直してもいいんじゃないかなぁ。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  • from  
  • at 2011.05.04 09:44

右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました