竜海ままのいろいろ

Entries

昔ながらの水戸納豆

 
    昔ながらの水戸納豆

                  <2011年6月 購入>

福島からの帰り道、友部サービスエリアで購入。
納豆大好き次女へのお土産です。(笑)

わら包みのものが3つ束になっています。
1




からしとたれもちゃんとついています。
2



子供達は、スーパーで買ったパック入りのものしか知らないだろうから、
こんな昔ながらのわら包みのもの、
きっと驚くだろうなぁ、
と買ってきたんだけど、
・・・・・・・・・・
以前、長女が水戸のお友達のところに行った際、
お土産に買ってきたことがあったのね。(すっかり忘れてたおバカな母)
あぁ、
そうだった、そうだった、と言いながら、
開けてみたら、

おぉ
納豆が直接わらについている。

てっきり、
雰囲気を出すためだけの包装で、
中の納豆は、ビニールに包まれた状態で入っているんだろう、と思ってたから、
びっくり。(って、前回がどうだったかも忘れている。やっぱりおバカな母)

3

600~700円位だったような。

かなり大粒。
でも、不思議と、
あの納豆独特の匂い(臭い?)が、ほとんどしない。

納豆好きな人は、物足りなく感じるかも。
美味しさは、いまひとつ。

「本格的な納豆は、本当はこんな風ににおわないのかしら?」
と、次女と話しながら、食べていたら、
夫、
「昔、家で作った時は、かなりにおってたぞ。」
って。

ひょ~~!!
夫の実家では
納豆も作っていたのね。


そうか、昔は、お味噌だって、お家で作っていたんだから、
納豆も作るか。

「作ってちょうだい。」
と頼めば、夫も作れるかも。(笑)
だってね。
小豆と寒天を買ってきて、練り羊羹を、レシピなしで、何もみないで、
ひとりで、鼻歌歌いながら、作れる人だから。
  (※夫は普通のサラリーマンです。飲食関係の仕事ではありません。)




右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました