日本橋 玉ゐ 日本橋室町店 (こんなお店に行ってきました。)
2011年08月21日 (日) | 編集 |
      日本橋 玉ゐ 日本橋室町店
                     <2011年7月 訪問>


穴子料理の専門店を訪問してきました。

処は日本橋。

建物自体は古いものですが、
店内は、空調も整ってますし、清掃も行き届いています。
お店の方々、特にホール担当の女性は、とても親切、丁寧な接客をされていました。
1





2



頂いたものは次の通り。

ビール
3




日本酒(冷たいの)
8






あなご天ぷら 1800円
衣が程よくついていて、穴子はふんわり。
以前、天ぷら専門店で頂いたものより、美味しかった。
穴子自体もいいものだからでしょう。
こちらで使用している穴子はすべて天然物だそうです。
4





13

   
   



焼きあなごつまみ 1300円
甘辛味の焼き穴子(つまり穴子の蒲焼だわね。)の上に細かく切られたきゅうりがのっています。
ん~ん、
このきゅうり、いらないかも。
きゅうりの冷たさで、折角の焼きたて穴子が冷めてしまいそうで。。。
穴子の蒲焼(ひと串 500円)をお願いすればよかったな。
6





7






 

箱めし(中箱) 2800円
穴子をひつまぶし風に頂くお料理です。
 まずは、そのまま。
 次は、薬味(ネキ、ゴマ、ワサビ)をのせて。
 さらに、穴子の焼骨からとった出汁(200円)をかけてお茶漬け風にして。
 と3通りの食べ方を楽しめます。
 私は、薬味で、が一番好みでした。

この箱めしにのっている穴子の仕上げ方は2種類。
  ふんわり柔らかい煮上げと香ばしい焼き上げがあり、好きな方を選べます。

小箱(1600円)にのってくる穴子は一枚ですが、
中箱、大箱(3800円)は、2枚となりますので、
「合いのせ」と言って、煮上げ1枚、焼き上げ1枚ずつが乗ったものも、お願いできます。
ふたつの美味しさが楽しめるので、中箱か大箱がオススメ。
ちなみに、大箱には、ご飯の中にも穴子が挟まれているそうです。
9





10





15






16






11



穴子は、脂肪分が鰻の半分とさっぱりしている上に、
ビタミンAやカルシウムは多く含んでいるという健康食品。
7~8月が旬とか。
今でしたら、夏場限定の「穴子のお刺身」も頂けるようです。
さすが、穴子料理の専門店。
他にも、穴子湯引きや西京焼きなど、変わったメニューが沢山ありました。
14




鰻もいいですが、たまには穴子もいいですね。
スタミナ食品、もりもり食べて、元気に夏を過ごしましょう。




関連ランキング:寿司 | 新日本橋駅神田駅三越前駅