トマト
                 <2011年5月 訪問>

平日、昼、訪問しました。

荻窪駅南口から歩いて数分 。
開店20分前にお店に到着。
待ちの人はいません。やったぁー!一番乗りです。
この日は、午後一番に、所用があったので、最初の入店組みに絶対入らなければいけない。
待っている間、気になる周辺をお散歩することもできず(←荻窪は、学生時代に住んでいた懐かしい街なんです。)
待ちました。
お店の前で待ちました。
待ちました。
「20分間待つのだぞ。」
そう、じっと我慢の子であった。シトシトピッチャン。(って、ぼんカレーかよっ。古っ!笑)

1



待って正解でした。開店時間前にお店の前には待ちの列ができました。
平日なのに、やっぱり人気があるんですね。

店内は、3席あるカウンターと、テーブルがいくつか。
こじんまりとしています。

壁には、こちらのシチューとカレーへの拘りが書かれたボードがかけられています。
「カレーは、香味野菜やフォンドボーなどをたっぷりと使ったソースに、
36種類のスパイスをブレンドして、1週間以上かけて丹念に仕上げたもの」
とか。


カレーの種類は10種類くらい。
お値段は1780円から2580円までと、カレーにしては(失礼な言い方でごめんなさい)、高い。


海老カレーと仔牛のミルクカレーをお願いしました。


海老カレー 1780円    
海老はかなり大きいものが3~4個、ごろっと入っていて嬉しい。
カレー自体に海老の風味や旨味は感じられません。
しかし、
私にはよくわからない独特なスパイスがいくつか混ざり合ったような、
この複雑で濃厚な味は、なんとも魅力的。
美味しいです。
2





3





4





5



仔牛のミルクカレー 1780円    
海老カレーと違って、こちらは、カレー自体に牛肉の旨味が沢山でています。
やはり複雑で濃厚。
そして、辛さだけでなく、まろやかさもあって、かなり私好みです。
う~ん、と唸ってしまいました。
6




付け合せの福神漬けも玉葱のマリネも美味しく、
また、ランチのサービスのカシスのシャーベットは、食後にさっぱりと美味しく頂きました。
7





8



ホール担当の奥様の接客は大変素晴らしく、
お客さんを大切に思って下さっているおもてなしの心のようなものが感じらました。



滞在時間はわずか30分と少しでしたが、
私は、こちらのお店が、なんだか、西洋の絵本にでてくる街の小さな洋食やさんのように感じられて仕方がありませんでした。
木枯らし吹く寒い季節、
一歩店内に入ると、温かいシチューとカレーが待っている。
お店のご夫婦の優しい笑顔。
心も体も温めてくれそうなお店。

この暑い季節に雰囲気は伝わらないかな?(笑)

今度は冬に訪れてみたいな。

荻窪の素敵な素敵なお店でした。




関連ランキング:欧風カレー | 荻窪駅




.
東京のお店