東屋

                  <2011年7月 訪問>



最高気温35度を越した土曜日
気の置けない友人達と4人で川越に遊びに行ってきました。

「小江戸」と称されている川越には、
神社仏閣や国の重要文化財が多く、蔵作りの町並みや菓子屋横丁など、楽しめる場所が沢山。

途中で水分(実はビールだった)補給をしながら、ゆっくりと散策。
江戸情緒に浸り、素敵なひとときを過ごせました。
が、
が、
暑かった~~~!!
この暑さ、老体には辛い。(4人の内、3人は老体です。笑)


夕方5時、こちらのお店を訪問。(お席のみ、友人が予約してくれてました。)
8


鰻やさんが多い川越の中でも、こちらは、、かなり人気のある老舗のようです。
が、
が、
正直、もう、美味しさよりも、涼しさが欲しい と、
『エアコンが効いているお部屋でありますように。』と祈りながら(笑)、入店しました。

2階のお部屋に案内されました。
9


途中には、床が少し沈んでいるような廊下や急な階段。
建物の老朽化がかなり進んでいるようで、
メンテナンスもあまりされていないような。。。
お庭がよく見える2階の廊下の窓は、
ひょ!
開け放たれてます。
もしや?
と恐れながら、お座敷の戸を開けると、

きゃあ~~!!
涼し~~い
10


お部屋は、エアコンが効いてました。(嬉×∞)
皆、ほっとしたせいか、
ビールを沢山飲んでしまいました。えっ?(笑)
11



頂いたものは次の通り。
うざく 730円
1


どぜうから揚げ 300円
2



特白焼(大) 2200円 
3
      



うな重 1780円      
     (香の物と肝吸いがつきます。)
4



5



6


友人の蒲焼
7


どじょうのから揚げは、正直あまりお味がわからなかったけど(笑)
さっぱりとしたうざくも、ふっくらとした焼き上がりの白焼も、大変美味しい。

うな重は、普通、上、特上とありましたが、違いは鰻の大きさのみとの事だったので、
私達は普通のものを頂きましたが、
特上の白焼ほどのふっくら感はない。
そりゃあ、普通だもの、特上より厚みがないんだから。当たり前か。(笑)
次回は、特上にするわ。
しかし、おいしく炊かれたご飯と、ちょっと辛めのさらさらとしたタレのバランスがよく、
最後の一粒まで美味しく頂きました。

食事の途中で、ごーん、と聞こえる鐘の音。
時の鐘の音かしら?と思ったら、
「すぐ前の成田山のです。自動でなるようになってるんですよねぇ。」
と、さらっと答える店員さん(笑)、
とっても愛嬌があるというわけではないけど、なかなか親切で好印象。

綺麗に清掃の行き届いた和室で、ゆっくりと素敵な時間を過ごせました。



関連ランキング:うなぎ | 本川越駅



埼玉のお店