旬彩よこ川

                     <2011年9月 訪問>


桶川市東西を繋ぐ紅花陸橋の近く、県道川越栗橋線沿いに、昨年オープンしたお店です。
駐車場は、お店の左右に、数台分あります。
1





2


それほど大きな店舗ではありませんが、靴を脱いでお邪魔するタイプのお店。鍵のついた下駄箱が用意されています。

廊下をはさんで、左側手前にはテーブルが二つのお部屋、その奥にお座敷。
右側に厨房。その奥にはカウンター席もあるようです。

オープンされてもう一年以上は経っていますが、新しい木の香りがまだ残る店内。
華美な装飾等はありませんが、清掃も行き届いており、テーブルの上には生花が綺麗に活けてあったりと、
とても気持ちがいいです。
3







お昼のメニューは、
950円の海鮮丼から3500円の松花堂弁当まで、数種類。
4







旬の彩り膳 1500円 を頂きました。
5





6






盛り込み皿
7





8





9
 







お造利
10





茶碗蒸し
11





小鉢2皿
12





13





サラダ
14





白飯


香の物


味噌汁
16






デザート 
アイスコーヒー
15





全体的に薄味。
おぉ!と、ときめく様な味付けのものもあると思えば、
お出汁の旨味も素材の良さも全く感じられないものもあり、その差は大きい。

例えば、
盛り込み皿では、茗荷にときめき、南瓜と蓮根にがっかり、という感じ。
小鉢のオクラは、青臭さが強すぎて、完食がきつかった。

また、彩りを意識して添えたのでしょうか?
茹でただけのブロッコリーは・・・、
はっきり言ってなくてもいいような。。。
        

海鮮丼を食べた同行者も
「美味しかった。かなり満足。ただブロッコリーはいらない。」
と、苦笑い。(決してブロッコリー嫌いな訳ではないです。)

海鮮丼 950円
17





18





年配の女性をターゲットにしたと思われるこちらの旬の彩り膳は、
薄味、野菜中心、品数多く、量は少なめ。
健康を考えれば的な内容ですが、
できれば、揚げ物をもう少し増やしてほしいなぁ。
盛り込み皿の椎茸の揚げ物が、私は一番美味しいと思いました。

お膳全体の色彩や盛り付けは、もう一歩。
【旬の彩り膳】と名前はついてますが、
食材にも見た目にも旬をそれほど感じる事ができなくて、ちょっとだけがっかり。

しかし、
鮮度の良さが感じられる綺麗なお造利をはじめ、
ポテトサラダの下には胡麻油で和えた水菜があったりと、
丁寧に作られているものもあり、
食後の満足度は、決して低くはありません。



落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと日本料理を楽しめるお店。
桶川市内には、数少ないと思います。
頑張ってほしいです。
応援します。
 ↓
(板さん、20代後半のようです。ぐふふ。)



関連ランキング:懐石・会席料理 | 桶川駅


埼玉のお店