万惣フルーツパーラー 本店
                      <2011年10月 訪問>


JR神田駅から歩くこと数分。
大きな交差点に面したビルの中。
1階は、フルーツショップ。
中2階は、フルーツパーラー。
2階は、軽食もできるお店となっています。
1


今回は、ホットケーキが目的なので、中2階の席へ。
フルーツパーラーというと、あっかるい♪、かっわいぃ♪雰囲気のお店を想像しちゃうけど、
こちらは、ちょっと違います。
低い天井、暗めの照明。奥の方には謎の像。(笑)
大人向きというか、落ち着いた雰囲気が漂っています。
2


客層は若干年配の女性が多く、なんだか上品な感じの方ばかり。
大声で話したり、げ~らげら笑うおばちゃんは、いません。

この後、昼酒を予定している私達、
「ホットケーキと飲み物を一人前ずつ食べちゃったら、酒がまずくなる、もとい、おなかがいっぱいになっちゃう」
と、
ふたりでフルーツホットケーキひとつ、飲み物はそれぞれ、珈琲とアイスミルクティをお願いしました。

フルーツホットケーキ単品は900円。
飲み物とセットにすると1350円。
珈琲だけでも500円以上はしましたから、お値段はちょっと高めのような気もします。

ふと、店内をみわたすと、私達の様にふたりでホットケーキ一皿をシェアしているお客さんが何組かいて、ちょっとほっとしました。

バターとシロップ(アングレーズソースというらしい)がおかれ、
程なくして、フルーツホットケーキの登場。
3





4





5


綺麗なキツネ色のホットケーキが2枚。
横に、フルーツ(キウイ・桃・ラズベリー・パイナップル・マンゴー等)がカットされたものが混ざった生クリームがのってます。

ホットケーキは、中央部分も端の方も均一の厚さのふっくらふんわりのものではありません。
表面は少しカリっとしていて、中はしっとり。
何もつけずにそのままで、
次はバターだけで、
そこにシロップを加えてみたり、
横に添えられた生クリームをつけてみたり
と、いろいろな食べ方を楽しみましたが、
私は“バターだけで”が一番ホットケーキの美味しさが味わえたような気がしました。

ちなみに、お店オススメの“おいしいホットケーキの食べ方”は、
① バターは2枚ずらしてそれぞれにぬります。
② 2枚を重ねてお好みのサイズにカットして・・・、
③ シロップをたっぷりかけます。
との事。


“バターだけで”と思った私は、やっぱり甘党ではないから?
いえいえ、
このお店を訪問して気づいたことがあります。
私って、本当は甘いものが好きみたい。
ホットケーキは勿論だけど、
添えられた甘い甘い生クリームもとっても美味しくて、
ひと口食べた時から、
なんだか、心がほっとしたような、優しい気持ちになれたから。


こちらはホットケーキが有名なお店ですが、
江戸時代から続いている果物やさんの老舗ですもの、きっとフルーツも美味しいはず。
「また絶対来ようね。この次は、フルーツオムレツも食べてみようね。」
と、友人と再訪を誓いながら、居酒屋に向かいました。(笑)

※ 11月30日まで、晩秋のご案内として、
   マロンパフェや、洋梨、葡萄を使ったこの季節ならではのものも頂けます。


余談です============m(_ _)m
その後の居酒屋で、日本酒をガンガン、いや嗜む程度よりほんの少し多めにいってしまいました。(´ェ`;)ゞ
酔い潰れてカラオケやさんで一曲も歌わず、爆睡していたらしい私(大笑)
「やっぱ、居酒屋の前に、パーラー行っといて正解やったわ。」と笑う友人。
そして、お仕事帰りに駆けつけてくれた友人。
ふたりの優しさにほっとした一日でした。



関連ランキング:フルーツパーラー | 淡路町駅神田駅小川町駅

東京のお店