竜海ままのいろいろ

Entries

無宗教な弱者の独り言

このブログを始める際(もう4年も前になる)
長女から注意点をいくつか言われ、守ってきたつもりだが、
今回、その約束のひとつを敢えて破ろうと思う。

ちなみに、注意点は、
① 国、国籍、民族に関する事は書かない。
② 政治、政党に関する事は書かない。
③ 宗教に関する事は書かない。
④ 自分や家族だけでなく、どの方の顔写真も、絶対に載せない。
等々。

日本国民、無政党、無宗教の私。
特に、言いたい事があるわけではないので、守るというより、
書きたい事もなかったわけだけど。。。

この約束③の宗教の事を書きたいと思う。
(もしかしたら、アップしてすぐに削除しちゃうかもしれないけどね。)

オウム裁判が終結した。
今朝のニュースを見ながら、16年前、地下鉄サリン事件の日の事を思い出した。

その日、いつものように公園で、当時2歳の次女を遊ばせていると、
遅れてきたママ友が、
「都内の地下鉄で毒が撒かれたらしい。
 無差別殺人みたいで、死者もでているらしい。」
と言った。
都内に勤める夫の身が心配で、慌てて帰宅すると、留守電のランプが光っている。
もしや、とドキドキしながら聞くと、
それは、私の夫を心配しての私の実家の者達からの電話だった。
夫からのものはなかったので、
夫の会社に電話して無事を確認。
ホッとしたものの、テレビの中継で、事件の残酷さを知り、
被害に遭われた方がお気の毒でならなかったのを憶えている。

そして、後に、この事件や坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件が、オウムに関係していると知り、
この宗教団体に強い怒りを抱いた。

そもそも宗教団体が、私は大嫌いだ。
こんな事書くと、このブログの読者がかなり減っちゃうかも。(笑)
その位、私の身近にも、宗教団体に入っている人が多いという事。

先日行われた桶川市議会選挙。
宗教が関係している政党が圧勝だったのも、その延長と思え、
私は大変残念でならない。

両親が信者で、生まれた時には、もう信者とされていた人、
嫁いだ先に、信者になる事を強要された人、
こういう人が、いつのまにか、信者になって、広がっていくのも残念だけど、

友人に勧められてとか、興味半分でとか、軽い気持ちで入っていくのだけは、やめてほしいなと思う。
独特な雰囲気にのまれて、いつのまにか洗脳されてしまう人も沢山いるだろうと思うから。
洗脳、
全国に沢山信者を持っているSやR,またはキリスト関係の宗教も、
オウムと同じと思っている私の考えは、ちょっと偏りすぎかもしれないけど、
その位、強い意志を持っていなければ、いけないと思うのは、
私も弱い人間と自覚しているから。

人間って、とことん落ち込むと、
追い詰められると、
また希望を失うと、
誰かに助けや救いを求めたくなるもの。

それが人間ではもう叶わないとなると、
人って、神にすがりたくなるんじゃないかな


そういう時、たまたま、こういう宗教と出会ってしまうと、
のめりこむんだろうな、と思う。

最悪の勧誘のパターンが、病院。
入院施設のあるところでは、時々見受けられる光景らしいが、
病に罹っている方に、見舞い客が、
「この病は、あなたに宗教心がないから…。
 今、宗教心を持たないと、この災いは、あなただけでなく、あなたの大事な家族にまで…」
と、病で精神的に落ち込んでいる方を、
ますます不安にさせ、勧誘する。
最低な人間のする事だと思う。

しかし、問題なのは、
この勧誘している人が、自分は悪い事をしているという意識がまるでなく、
むしろ、ボランティアと思っている事。
いいことをしていると勘違いしている事。
洗脳されてしまっている事だと思う。




現実には、
自分の子への輸血を許さず、死に追いやってしまう。
教祖様への献金が一番大事と、薬代も、それにあててしまい、家族を死なせてしまう。
など
信じられないような事が起こっている。


信仰は自由かもしれないけど、
命を奪うような事は絶対許されてはいけない。
オウムが犯した殺人と、
輸血とか献金の話は違うと思う人も、絶対多いと思うけど、
どの宗教にも、
洗脳されてしまっては同じになってしまう危険性があると思う。

幅広い知識を得て、正しい目を持ち続ける強い人間にならなければいけない。

でもね、
こんな事書いている私だって、
何かにすがりつきたくなる時もある。

弱い人間だもの。

そんな時、私は、父親から言われた言葉を思い出すようにしている。
「神様は、自分の心の中にいる。」

右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました