乙女寿司 (こんなお店に行ってきました。)
2012年08月10日 (金) | 編集 |
乙女寿司



金沢旅行2日目のお昼は、こちらのお店。
 (お席は予約済みです。)

カウンターの方に着席。
お隣には、今風(チャラオ君)カップル。
ぐずる赤ちゃんを交互に抱きながらお食事をするご夫婦。
奥の小上がりからは、おばさんたちの笑い声。
と、想像とかなり違って、ゆる~~い雰囲気の店内
お鮨やさん、というと、異様に緊張してしまう私には有難い。
ヘ(・_・ヘ)エヘヘ

特に、お品書きなどはなし。
つまみも希望か、握りだけでいくかの選択となるようです。
(アルコールは、お願いすれば、メニューがあったのかもしれません。)

早速
握りをお任せでお願いしました。

前日の居酒屋で地酒をお猪口2杯飲んだだけで、調子を崩してしまった娘を思って、
日本酒は我慢した優しい私。
でも、やっぱりビールを飲んでしまった心の弱い私。(笑)
1





3




お茶は、温かいもの、冷たいもの、どちらも頂けます。


お任せ握りは次の通り。
比較的、ゆっくりめに出てきました。

甘海老
2







烏賊
4






アラ
5






中とろ
6






雲丹
(海苔あり、なし、希望を聞いて下さいます。)
7






ばい貝
8







蝦蛄
9







蟹のすり身の入ったお味噌汁
10







鉄火巻
11







穴子
12






 
鰻と胡瓜の手巻き
13





シャリは小さめ。
ふんわり握られています。


食べログで好きなレビュアーさんが最近の口コミで、
『お鮨は、握られて置かれた瞬間から急速に劣化が始まる大変繊細な食べ物。』と書かれていましたが、
まさにその通り、と思いました。
目の前で、ネタの重さで、シャリがほんのわずかですが沈んでいき、
握りの形が変化していくのがわかります。
  (写真は2秒で撮りましたので、写りがよくありません。←言い訳。笑)
口に入れると、ほろりと優しく崩れます。

鉄火巻き以外のすべてのネタには、塩や煮きりがされています。
ネタも、たぶん、厳選されたいいものを使っているのでしょうが、
ご主人の手によって、
その素材の美味しさが、より一層素晴らしいものとなっているように思いました。
大変美味しいお鮨の数々。

特に、感動したのが、穴子。
こんなにふっくらやわらかい穴子は、生まれて初めて頂きました。
塩と柚子の味付けも見事。
娘は、
「なんじゃ、こりゃ~~!!!」って、なんとも意味不明な感想。(ちと恥ずかしいわ。笑)
感動マックスだったようで、
二日酔いで食欲がなかったはずなのに、追加で穴子をお願いしていました。
(美味しいお鮨達のおかげで、二日酔い、治ったか?(笑))

ビールと追加でふたつ握って頂いて、
ふたりで9000円台って。
見間違えじゃないかと思っちゃいましたよぉ。ヘ(・_・ヘ)エヘヘ
CP,良過ぎ。


ご主人は、口数が少なく、物静かな雰囲気の方。
リズムある握り方、美しい包丁さばき。
時折見せる笑顔。優しい眼差し。
赤ちゃんを抱きながら、片手でお鮨を食べている方には、
手を伸ばさなくても頂ける様に、カウンターにではなく、お皿にのせて近くに置いてさしあげてました。
こんな細やかな心使いができる方だからこそ、
繊細で美味しいお鮨を握れるのでしょう。


気取らず、気負わず、自然体で、
しかし、最高のお鮨を提供してくれるお店。

次回、金沢を訪れる際には、是非再訪したいと思います。


<余談です。>

お店の方には、大変失礼な話ですが、実は
① 食べログ金沢ランキングNO1の某鮨店の予約が取れなかった。
② 車を使わない私達が、観光の合間に訪れるには、便利な場所にある。
が、こちらのお店を選んだ理由でした。
予約取れなくてよかったぁ。
車の運転、下手っぴでよかったぁ。(笑)

私の中では、金沢(金沢の人)は、上品、繊細、優しい、真面目 というイメージ。
まさに、その通りのお鮨に出会えて、嬉しさでいっぱいです。
金沢、やっぱり大好き。




関連ランキング:寿司 | 野町駅