竜海ままのいろいろ

Entries

福臨閣 (こんなお店に行ってきました。)

福臨閣



12月の日曜日11時前、
夫と車で、冬休みに入った次女を迎えに行った帰り道、
突然、夫が「ラーメンでも食べて帰ろう。」と、言い出した。

『どこのラーメンやさんに連れていかれるのだろう。。。』
と思っていたら、
なんと、
車を中華街の近くの駐車場に停めて、
「さて、まま、オススメのお店は?」
って、急に言われたってねぇ。。。わかんにゃいわよ。

食べログで検索する時間も貰えず、中華街大通りに向かって歩き出す。

途中、J飯店の別館を発見。るん♪
「ここがいいな。」
と言ったものの、
開店時間までまだ30分近くある。
気短な夫は、「待てないな。」 とな。(泣)

結局、【1日30食限定の白玉コース2,500円が半額の1,250円】という看板と、
呼び込みの綺麗なオネエサンに惹かれて、
こちらのお店を選びました。夫が!(笑)




中国古典様式をモチーフにしたと思われる店内。
2階と奥の方には、円卓もあるようですが、見える範囲は、すべて四角のテーブルのみ。
開店からそれほど時間が経っていないにも関わらず、お客の入りは6割程。
(帰りには、待ちの人もいました。)

コース料理は、1800円から10000円まで6種類。

頂いたものは、
勿論(笑) 白玉コース
10





 

三種前菜の盛り合わせ (3人分)
1






海鮮豆腐の卵白スープ
2






芝エビのチリソース炒め (3人分)
3






豚肉とピーマンの細切り炒め (3人分)
4






鶏肉の香味ソースとマヨネーズかけ (3人分)
5






小籠包
カニ卵入りシューマイ
6






五目チャーハン (3人分)
7






杏仁豆腐
8




芝エビのチリソース炒め初め、どのお料理も、味付けは濃くなく、食べやすい。
エビはぷりぷり、野菜はシャキシャキ、チャーハンはパラパラ。
素材、技術等は、悪くない、と思うけど、
「では、何が美味しかった?」と聞かれると。。。難しい。
インパクトにかけるような。。。

しかし、9品すべて頂くとお腹はいっぱいになる。
チャーハンはかなりの量だった。(笑)
質より量を好む人向きなコースだと思う。
定価の2500円なら、不満の残る内容だが、1250円なら、CPはまずまずかと。

接客は、女性スタッフさん達がかなり良いのに比して、
男性スタッフさん達は、かなり・・・。
笑顔や返事は全くなし。
無言で、お料理を、テーブルの端にドンと置いていく。
何が面白くないのかわからないが、
食べている私達まで不愉快になるような態度に、入店をちょっと後悔。


そして、
もっと後悔したのが、
オーダーの際、温かいウーロン茶をお願いしてしまった事。
「飲み物はこちらから選んで下さい。」という言葉に、
てっきり無料でウーロン茶がつくのだろうと、思ってしまった私が悪いんだろうけど…。
おちゃ~~!!じゃなかった。あちゃ~~~!!
有料だった。
500円。
まして、このウーロン茶、風味は全くなく、美味しくない。

9



白湯のようなウーロン茶のついたこのコース料理が、1750円と思うと、
CPは全然よくなくなる。(笑)

ほひゃ~~!!と苦笑いする私に、
「現地(中国)じゃ、お茶が有料は当たり前。」
と、さらりと言う夫。
って、知っていたなら、オーダーする際に言ってくれれば・・・、
ビールにしたのにさ。(笑)

お水は無料なのかしら?


最後にまたまた余談です。========

お店をでて、車に向かう途中、
次女が、
「ちょっと、あのお店に寄ってっていい?」
と言い、一軒のお店に入って行き、
一階の売店で、杏仁ソフトクリームを買い、
ニコニコしながら、ソフトをペロペロ。
「ここのソフト美味しいんだよ。
 実は、昨日、ここでサークルの人達と飲み会だったんだ。」
とな。
見れば、レストランには、待ちのお客がいっぱい。
人気店のようだ。
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000099/
『う~~ん、
 ここにすればよかったなぁ。』
と思う私の心を見たかのように(笑)
「さっき、ママ達が、お店選びを迷っている時、
 このお店の事、言おうかな、と思ったんだけど、
 きっと、パパとママのことだから
 このお店で人気の食べ放題のコースにするだろうな、って思ったから、
 言わなかったよ。」
と、笑いながら言う。

うん、
いい子だわ。
両親のメタボを心配してくれて。(笑)
それに考えてみたら、
次女にとっては、
連日中華だったのよね。
それでも、
文句のひとつも言わないし。
元々、あまり主張する子ではなかったけど、
ますます大人になってきたのかな。(笑)


帰りは、ベイブリッジを渡り、横浜の海や街を眺めながらの湾岸ルート。
海大好きの夫。
船大好きの次女。
なんだかとっても嬉しそう。
年末の穏やかなひととき、
ちょっとしたドライブだった。




関連ランキング:広東料理 | 日本大通り駅元町・中華街駅石川町駅

右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました