竜海ままのいろいろ

Entries

第2回南陽醸造・花陽浴新酒まつり

3月17日の日曜日、
友人に誘われて、南陽醸造の新酒祭りに行ってきました。
http://www.nanyo-jozo.com/

羽生市は、我が家から車ですと、40分位かな?
でも、当たり前だけど、
新酒祭りですから(笑)
車ではなく、電車で。

秩父鉄道に揺られて、新郷という駅で降りました。
この駅、普段は、無人駅という事ですが、
このお祭りの為に、駅員さんがいました。(驚)

駅で降りた20人位の乗客、
たぶん、
全員、
このお祭りが目当てのようで、
皆、もくもくと南陽醸造に向かって歩いていきます。
どの人も呑む気満々。フフフ、お友達ね。

歩く事、10分位で到着。

かなりの人出です。

まずは、【飲酒運転はしませんよ】というお約束の署名をさせられ、
このシールをに貼ります。

ハハ、
額に、というのは、冗談です。見えるところでOK.
でも、実際、額に貼っている愛すべき酔っ払いもちらほら。(笑)
1





4




・大試飲大会
・酒蔵見学ツアー
・きき酒選手権
・酒粕詰め放題大会
・地元とれたて市場
・本格屋台村

とイベントは盛り沢山。

◆試飲は、小カップ1杯100円。
(古酒など一部のものは200円)
樽酒はじめ古酒まで、数種類。
たぶん(?笑)全部呑みました。(笑)
『どれも美味しかったわ。』
ってその程度の感想しか書けない私。(笑)
自慢じゃないけど、
私は酒量は多いけど、きき酒とかまるでできないのだ。
(大笑)

◆酒蔵見学は予約の人だけでもう定員になってしまったようで、
私達はできませんでした。

◆酒粕詰め放題大会
参加料は500円。
制限時間2分間。
利き手にビニール手袋をつけ、もう片手にビニール袋を持ち、
詰め込んでいき、(山盛りもOK)
重さで競うようです。
2






3



去年の優勝者は4キロ位。
ところが、今年はそれを簡単に上回るキロ数が続出。

まぁ、お祭りだから、なんでも笑って許せるんだけど
(南陽さんも許していたんだろうけど)
こんなところでも、ズルをして勝とうとする人が、何人かいたのには、
ちょっとがっかりでした。

最後まで見なかったけど、
私達が去る時、1位だった若い男性、
片手で、という決まりを無視、
両手で、でした。

「あの人が優勝したのかしらね?
 なんだかねぇ。。」
と友人と、ちとぼやいてしまいました。
ま、でも、お祭りだから、いいのかな。

そして、コツ(ズルではなく)をしっかり把握した私、
心密かに、
『来年は参加してみよう。』
と。(笑)

会場には仕込み水も置かれ、
無料の甘酒も振舞われ、
羽生市のゆるキャラむじなもんも出没。
なかなか楽しいお祭りでした。


そして、
帰りの駅、
改札周辺に集まった電車待ちの人。
みな、新酒祭り帰り。
みな、ほろ酔い状態で、にこにこ。
みな、お友達。(笑)

ひとりの男性は、気前良く、
自分で購入したお酒を、周りの人に振舞っていました。
駅員さんは、紙コップを用意して下さってました。(笑)
6



私も勧められて頂きました。

でも
実は、
私のバックの中にも
720mlのお酒が。(違う種類ですが)
でも、
皆さんに振る舞いはしませんでした。
ちと、心が動きましたが、
すみません。
これは、家でお留守番をしている夫君へのお土産だったので…。
すみません。
ごっつぁんでしたっ!



夫へのお土産。
重かったわ。(笑)
5



右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました