竜海ままのいろいろ

Entries

リハウス

長閑なこの土地に越してきて、早20数年。
途中、区画整理の為、曳いたり(曳家とは→http://www.nihon-hikiya.or.jp/hikiya.html
リフォームを2度程してきた我が家。さすがにガタガタ。
そろそろ、新築を、と。
今住んでいるこの場所に、新しい家を、と考え始めていた。

なのに、
夫は、
「駅から歩いて20分以上もかかるのは、
 この後、通勤に不便だから、
 駅の近くに越したい。」
とな。

何を、今更。。。だ。

バスの便も悪く、
夜は人通りも疎らになる駅からの道なので、
歩いて帰宅となると…、
娘の帰りを心配して、駅まで迎えの車を出していたのはずっと私。
20数年間、夫を毎朝、駅まで送って行ってたのも私。

「駅の近くに越したい。」
これは、私が、数年前までずっと言い続けてきた事だった。
夫は、この願いをずっと無視。

そして、
子供達は大きくなり、ふたりの子供は家を出て、それぞれの生活を始めた。
夫も定年まであと数年。
私の送り迎えもあと数年だなぁ、と思い始めていた。

リハウス、
子供達にこの話をしたら、3人とも
「何を今更。」と口を揃えた。(笑)
そして、この愛着のあるこの場所を離れることには、
3人、いや、私もなので、4人とも反対。

しかし、
頑固な夫は、こうと思ったらこう、の人。

さっさと、駅の近くに新しい家を見つけ、購入。
(勿論、ローンも組んだが。)

明日、引越しとなった。

今度の家は、駅から歩いて数分。
確かに、便利。
庭は、今より少し狭くなるけど、(庭と呼べる程もない。が正解。笑)
新築の家に住めるのだから、
有難いと思わなければいけないんだろうけど。。。

大好きだったお隣さんと、お隣の関係でなくなるのが寂しい。
3人の子供や小太朗と過ごしたこの愛着のある場所を離れるのが寂しい。

新しい場所でうまくやっていけるかも不安。

単純に喜べないまま、
明日、いや、今日だ。
引越しをします。


話はそれますが、(って、こんなところでそれる私。笑)
春の歌って、寂しい歌が多いですよね。
お別れの季節だからかしら。
例えば、
山口百恵さんの
『いい日、旅立ち』
 
 いい日、旅立ちなのに、
 この歌、
 どうしてこんなに暗いんだろ。(笑)

右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました