クチーナ・ヒラタ (こんなお店に行ってきました。)
2013年08月12日 (月) | 編集 |
クチーナ・ヒラタ


またまた、最初っから余談ですみません。m(_ _)m=====

私、友人と都内で飲み遊ぶ際は、
大抵、「お蕎麦屋さんで昼酒」から始まります。

銀座であろうと、赤坂であろうと、今回訪問した麻布十番であろうと、
どんなオサレな処に行っても、
「蕎麦やで昼酒」から、スタートすることがほとんどな私に、娘達は、いつも呆れ顔。(笑)

しかし、
今回は、
な、
なんと、
「イタリアンで昼酒」でスタートです。(えっへん。)
って、やっぱり昼酒は同じなんですけどね。ヘヘヘ。
=========================


お店は、麻布十番の広場(パティオ十番というらしい)の近く。

ビルの3階。
1階の通りに面したところには、ランチメニューの書かれた看板が立っていました。
9




エレベーターを降りるとすぐの店内は、縦に長い造り。
高級そうな調度品に囲まれていますが、
丸いテーブルが、お店全体を優しい雰囲気にしているのでしょうか、
あまり緊張感を持つことなく、お食事が楽しめそうです。
10



奥の方の窓際の席からは、通りが見下ろせるようですが、
私達は、入り口近くの席へと案内されました。
(お席、予約済みです。)


ランチメニューは1,800円から5,000円まで4種類。

前菜、前菜、パスタ、パン、ドルチェ、珈琲という内容のランチC(3800円)が目にとまりました。
前菜をふたつ選べるって、ちょっと珍しい&酒呑みには嬉しい。(笑)
私と同じくお酒大好きの同行の友人と、
「できれば、すべて半分こして、いろいろ頂けたら嬉しいよね。」
と、下記のものでお願いしました。

(前菜×2×2人分・パスタ×2人分)

前菜 
真タコのテリーヌ
鮮魚のマリネとサラダ

1







小いかと帆立のガーリックバター焼き
2






ポナータのモッツァレラチーズ焼き
3





4







パスタ
冷製フェデリーニ つぶ貝のジェノベーゼソース
5







本日のリゾット (アスパラガスとからすみ)
6



ふたりで、お料理をシェアしたい旨を告げると、
すべて、ひとりひと皿に盛り分けて下さいました。
また、焼き物などは、焼きあがったものを、分けて・・・、ではなく、
最初っから、それぞれに、ひとり分の量を、ひとり用の器で焼いて出して下さいました。
こういう手間のかかるサービスもさりげなく提供して下さるお店のようです。

お料理は、どれも申し分ないほど美味しく、
特に、小いかと帆立のガーリックバター焼きは、ワインがすすんでしまうのは、もう仕方ないわ的な一品。
(私が酒呑みだからではありませんよね。えっ?笑)

パスタもアルデンテのリゾットも、、私が今まで頂いた中では、トップクラス。
(過去に訪問してきたお店のかたには、失礼な言い方になるかもしれませんが、)
今まで頂いたパスタやリゾットのレベルをはるかに超えるものでした。


7





8




ビールはプレミアムモルツ
(好き嫌いがある銘柄かなぁ。。。)
私は、OKですけど。(笑)
11





白グラスワイン たぶん1000円位かな?
マダムと相談してチョイスしました。
葡萄の芳醇な香りが楽しめるフルーティなワインです。
12




赤グラスワイン
13




この日の客層は、OLさんと思われるような若い女性がほとんど。
中には、記念日利用なのか、
全員で写真撮影をされるグループもあり、賑やか。
しかし、
満席の店内のすみずみに目を配るマダムの存在が、
お店の品格を、高くしているように感じた
のは、私だけではなかったようです。


(ワインと一緒に)、ちょっと贅沢なランチを、
この麻布十番界隈でお探しでしたら、
こちらは最適なお店だと思います。

===============
いつもはままも族と言われている私、
帰宅後、年ごろの娘に、いっぱい自慢しちゃいました。




関連ランキング:イタリアン | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅