*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
五代目 野田岩 (こんなお店に行ってきました。)
五代目 野田岩



都内で有名な鰻やさんのひとつ。
ずっと行ってみたかったお店のひとつだった。

友人とふたりで、平日、昼、訪問。

最寄駅からお店を目指して歩くこと数分。
こちらの建物を発見した。
てっきり、こちらがお店だろうと・・・、
いやいやいや
ちと、様子が変。
1




「お店は、この先になります。」
という丁寧な説明を頂き、
ちょっとだけ歩いて、
お店に到着しました。

1






IMG_3063.jpg





何階まで、お席があるかは、確認できませんでしたが、
私達は、入り口入ってすぐの、1階のお席へ。
かなり狭いです。
1




まずは、ビール。
1





箸置きが、可愛いざんすね。
1





彩りコース4,500円をお願いしました。

お通し
お写真、アップで撮りました。
実際は、かなり小さい。
1





一口志ら焼の器が登場
1





薬味もきました。
1





じゃ~~ん。

えっ!
ちっさ!
薄くて、ぺらっぺら。
尻尾部分のみって。。。
(ちと怒り)
写真、かなりアップで撮ったので、おわかりにならないかもしれませんが、
串を抜き取った後の穴の大きさから、推察して下されば、
どんなに薄いか、小さいか、おわかりになりますよね。
1

ま、
でも、一口志ら焼き、
一口って書いてあるから仕方ないか。
ホントひと口だった。(大笑)




ま、
でも、鰻重は大丈夫だろう、と。。。
1





じぇじぇじぇじぇじぇ×∞
後日、この写真を見た友人達が、
「フランス国旗かっ!」と、大爆笑した。

ご飯の部分の三分の一しか、鰻が占めていないって。。。。
まして、
薄くて、ぺらっぺら。
やっぱり、尻尾の部分しかないって。。。

いくらなんでも、これは酷すぎ。

こんなに薄い鰻は、初めてでした。

えっ?
味?
そんなのわからなかったわ。
歯に詰まってお終いだったから。(笑)
1








肝吸
1





香の物
1




デザート
正直、不味い。
いったい、これ、なんなの?と言いたくなる。
プリンだったのかしら?、と、今でも謎。


1


「お値段がお値段だから、こんなもんじゃない?」
と、同行の友人は言ってたけど、
いやいや、

ビール1本と、
この内容のお料理で、
ひとり6000円近くもするなんて・・・。


このコースを選んだのも悪かったのよね。
やっぱりひとり1万以上の支払いが必要なのかしら?(←嫌味。笑)
だってね、
あの超有名な『尾花』だって、
ひとり6000円も出せば、もっともっと美味しい(立派な)鰻が食べられるよ。


ホール担当の女性店員さん全員のチレイな着物代も、
このお値段に入っているんでしょうね。



二度と行かない。




関連ランキング:うなぎ | 赤羽橋駅神谷町駅麻布十番駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

QRコード
QRコード
ブログ内検索
食べログ

掲載されました