地場産食材 宝 (こんなお店に行ってきました。)
2013年10月23日 (水) | 編集 |
地場産食材 >



長瀞駅周辺は、東西に伸びる通りの両側に、お土産やさんや食堂が立ち並び、観光地ならではの状景。
食堂は、鮎やとろろを使った郷土料理のお店もありますが、お蕎麦やおうどんのお店がほとんど。
てんこ盛りの野菜天ぷらが人気のお蕎麦やさんや、くるみ蕎麦のお店もあり、
『どこのお蕎麦屋さんにしようかしら?』と迷う、迷う。
しかし、結局、
【豚みそ丼】のお店に決定。
(笑)

「折角、秩父に来たんだもの、秩父名物を食べてみよう。」となりました。
【豚みそ丼】、秩父名物のようです。

幟や看板で賑やかなお店の前にはテラス席がいくつか。
店内は、カウンター席。テーブル席。小上がりに、大きめの座卓もあります。

お客の入りは半分ほど。
お水はセルフ。趣きのある甕に入っていますが、お水自体はオイチクありません。

豚みそ丼は、
(小)650円、(並)850円、(大盛)1100円、(特盛)1600円。

1>



(並)をお願いしました。
待つこと、20~30分ほどで、漬物とお味噌汁のついた豚みそ丼が登場。
2>





3>





4>





5>




炭火で炙られ、焦げ目のついた味噌付け豚肉が、たっぷりと乗っています。
使われている豚肉は、(たぶん)肩ロース。
ほど良く柔らかい。
炙ってあるためか、余分な脂がおとされていて、豚肉のしつこさ等は、全く感じません。
味噌が主張しすぎず、全体的にまろやかな味わい。

ペロっと完食。(笑)
これなら、大盛でも(特盛でも?)、きっと、私は大丈夫。(笑)
でも、お値段はちょっと高めだと思います。


接客に関しては、
ホール担当の(バイトかな?)女の子ふたりの一生懸命さが伝わってきて、
私は、特に不満を感じることはありませんでしたが、
お店全体を見渡す力は、いまひとつかもしれませんね。(慣れの問題でしょうか)

他に中年の女性スタッフさん達も厨房にいましたが、
豚丼担当は、(たぶん)男性がおひとりのみ。
一枚ずつ丁寧に焼いている後姿が、見えました。
でも、だからでしょうか、
提供時間は、かなりかかると思って間違いないです。
私達は、運よく、入店した時にお料理待ちの人がおふたりだけでしたので、20分ほどでしたが、
私達の後に、沢山のお客さんが来店され、たぶん、
この方達は、1時間待ち位にはなったのでは?と思います。
(皆さん、提供時間が長く、イライラしている様子でした。)
待つことが嫌いな人や、小さなお子さん連れ、時間に余裕の無い方は避けたほうがいいと思います。


また、
こちらのお店だけではなく、周辺の商店街で、
「阿佐美冷蔵のカキ氷、あります。」
の看板をいつくか目にしました。
これは、
阿佐美冷蔵の氷を使って、阿佐美冷蔵ではないお店が作ったかき氷です。
食感などは同じようなものもあるかもしれませんが、
蜜やシロップなどは、全く違いますので、ご注意下さい。




関連ランキング:丼もの(その他) | 長瀞駅上長瀞駅