レストラン リューズ (こんなお店に行ってきました。)
2013年11月23日 (土) | 編集 |
レストラン リューズ



日展鑑賞の前にランチを、ということでお店探し。
食べログを参考にして、日展会場にも近いこちらのお店を選びました。
予約の際、電話に出られた方の受け答えが大変丁寧で、好印象を持ちました。


地下鉄日比谷線六本木駅から歩いて数分。
緩やかな坂道を登った先のビルとビルの間の幅広の外階段を降りていくと、
左側に看板が見えてきます。
r1





r2




お店は地下1階にありますが、
エントランスに面したガラスからさしこむ光のお陰で、店内は暗くはありません。
そして、全体的に落ち着いた色調の店内は、シックで大人の雰囲気。
夜利用もかなり素敵でしょうね。


厨房の見えるカウンターに数席、奥には、半個室のような席もあるようですが、
私たちは、窓際のふたり席に案内されました。
バックを椅子の横の床に置こうとしたら、真っ白な布を敷いて下さいました。
接客は、大変丁寧。

この日の客層は、ほとんどが中年の女性グループ。
『美味しいお料理とともに、お喋りも楽しみたい』という方がかなり多かったように思います。
でも、この時は、このざわざわ感が、この手のお店に慣れていない私達には、有難かった。(笑)
全く緊張することなく、食事が楽しめました。

さて、まずは食前に飲み物。
「この後の日展鑑賞に、酔った状態ではさすがにねぇ。。。。」
と、
軽く、
ビールを頂きました。(-_-) (呑むんかいっ!笑)
私としたことが、なんとこのグラス1杯のビールで結構酔ってしまいました。(不覚だ。)
r3




お昼のお料理のメニユーは、3600円、5800円、8400円の3種類。(サービス料が10%つきます。)

前菜、メイン、デザートそれぞれ数種類の中から好きなものを選ぶプリフィックススタイルの
3600円のランチコースをいただきました。
r4





r5



アミューズ
冷製のスープとブルーチーズのマドレーヌ

r6







前菜
フランス産鴨フォアグラのソテーをビーツと共に フランボワーズの香りで(+800)

フォアグラのソテーは、火入れの状態も大変良く。しっとりまったり。
素材もかなり良いものを使っているように思えました。
何もつけずにそのままでも充分な美味しさですが、
フランボワーズのソースや下に敷かれたビーツ(赤カブのようなお野菜)とともに頂くと、
また違った美味しさを楽しめます。
r6




r7






メイン
根室産真鱈をモンサンミッシェルのムール貝とポテトピュレと共に パセリ風味で

盛り付けも味付けも、繊細で美しく、上品。
厚みのある真鱈を覆うように添えられたポテトピュレの口当たりの滑らかさと、
粗く刻まれたムール貝とパセリのソースが、全体を優しくまとめている感じ。
上質と言う言葉がふさわしいようなお料理でした。
r8




r9




デザート
レモンのクリームを詰めたフロマージュブランのムース ライムのジュレと共に

可愛らしい盛り付け。
ふわふわムースの甘みとライムジュレやレモンの酸っぱさが、うまく調和していて、
まるで、素敵なハーモニーを奏でているよう。(←フフフ、詩人みたいな感想だわ。)
r10




r11





食後の飲み物
珈琲

r12






小菓子
フィナンシェとパートドフリュイ

r13



メインといい、デザートといい、
こんなに優しい味わいのフレンチを、私は初めて頂きました。

しかし、娘が選んだメインやデザートは、味付けがしっかりとしたもののようでしたので、
どのお料理も、薄味で優しいというイメージではなく、
お料理によって、変化をつけてるようですね。
あ、勿論、娘のお料理もとっても美味しかったそうです。


娘のメイン
豚肩ロース肉のブレゼ 粒マスタードのソースと共に 焼野菜とサラダを乗せて

r14





r16






デザート
キャラメルムーストプラリネのガトー ヘーゼルナッツのグラスを添えて

r17






r18





パン
とっても美味しくて、ぱくぱく。
お料理を待つ間に籠の中のものを全部食べちゃいたい位でした。
ぐっと、我慢して(笑)
メインのためにひとつずつ残していた、という健気な私達(大笑)
r19




ところが、ギャルソンさんは、このあたりもちゃ~~んと見ている。偉い!(笑)
お替りを持ってきて下さいました。
パンは、やはり熱々の状態。
さすがに、もうかなりお腹がいっぱいでしたが、
折角温めて下さったのに、全く手をつけないのも申し訳ないわね、
と、パクリ(笑)
勿論、籠全部は食べませんでしたよ。
r20




サーヴのテンポはかなりゆっくり目。
お手洗いから戻った時にも、必ず椅子を押して下さるほど丁寧な接客。
帰り際には、シェフが、わざわざ挨拶に出てきて下さいましたし、
イケメンのギャルソンさんは、お外まで。(嬉)
お料理は勿論ですが、サービス面でも、大変満足できたお店でした。



=====ちょっと余談。m(_ _)m=========

食べログのお店の詳細に、【日本酒あり】と表示してあったことを思い出し、
ギャルソンさんに伺うと、
その日は、八海山と何か(←忘れた)と…。
シェフが新潟出身というのも関係しているのでしょうか。
いや、それにしてもフレンチのお店に日本酒とは・・・。素敵。
自由な発想というか、お客のニーズに応えたものなのかしら。
私的には有難いですっ。(笑)

私: 「よし、次回は、カウンターで。日本酒をちびちび。そして、この素晴らしいフレンチね。」

娘: 「はいはい。(-_-)   はぁ~~。」




関連ランキング:フレンチ | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅