粟まんじゅう、食べてみてくなんしょ。
2014年02月13日 (木) | 編集 |
小池菓子舗の粟まんじゅう


先週、上尾のまるひろで、開催されていた【全国うまいもの物産展】で、
こちらのおまんじゅうを買った。

特設会場と言っても、それほど広くないスペースに、様々な物産が並んでいる。

全体的にお客の入りがかなり少ない中で、
このブースの前だけ、行列ができている。
皆、立ちどまり、覘く。
勿論、私も。(笑)

ガラスの向こうで、職人さんが、餡子を黄色い皮で包みながら、おまんじゅうをつくり、
四角い蒸篭に並べている。
どれも同じ大きさに、そして、かなり手早くて、実に見事。

黄色いおまんじゅうの正体は、粟まんじゅう

福島県の柳津の名物です。

子供の頃、家族で旅行に行った時に、あつあつのを食べた記憶がある。
懐かしくなって、列に並んだ。

ところが、この列、全く進まない。
どうやら、蒸しあがるのを、待ってるよう。
まさに、できたてのものが頂けるのだから、
頑張って並ぼうと思った。

でも、
1回に蒸しあがる数は、決まっている。
前に並ぶ人が、大量に買うと、かなり待つことになる。
10分位並んでもさっぱり列は進まない。
何度も、諦めて帰ろうかと迷ったが、
『今まで待ったんだもの…』
と、最後は意地になって並んだ(笑)
30分以上並んだように思う。偉いわ、私。

蒸しあがった蒸篭を、売り担当の女性が、あかべえのうちわでパタパタ。
すこし冷めたところで、ひとつずつ、包んでいく。


粟まんじゅう 10個 840円。
awa1





awa2




餅米と粟を混ぜた皮。
餡子はこし餡。
awa3





awa4




温かいうちは、包丁を使っても切り難い。
おまんじゅうというより、お餅に近い食感。
これは、かなり私好み。
10個の内、4個以上(詳細は不明)は、私が頂きました。(笑)
awa5



日持ちは、あまりしないため(2日位)、
保存は冷凍で、とのこと。
美味しく頂き、冷凍にする分もなかった。

他に、栗が1個丸ごと入ったおまんじゅうや、普通の茶まんじゅう、
最中や、羊羹なども売っていました。

写真はありませんが、栗まんじゅうも購入。
茶まんじゅうをおまけしてくれました(嬉)

待っている間、
お店の人が、試食に、茶まんじゅうや栗まんじゅうを出してくれて
「これ、食べて、待っててくなんしょ~~。」って。
会津弁、懐かしかった。

上尾のまるひろは、もうこの催しは終わってしまいましたが、
今月は、↓で購入できます。
http://koike-manjyu.com/moyoosi/index.html






関連ランキング:和菓子 | 会津柳津駅




テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ