1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

四つ葉 (こんなお店に行ってきました。)

四つ葉


今日から3月。
明後日はひな祭りですね。
ひな祭りと言えば、白酒、ひなあられ、ちらしずし、そして、蛤のお吸い物。

はい、
今日は、
【蛤そばのお店】を紹介します。
  って、無理やりもってきたわ。(笑)

蛤そばと言っても、こちらは、日本蕎麦ではなく、蛤ラーメン。
ラーメンやさんです。

お店のある川島町は、埼玉県のほぼ中央に位置する自然豊かな町。
【都会に一番近い農村】とか。
名物として、すったてやかわじま呉汁があります。

土曜、午後1時30分頃、訪問。

最寄駅からは、ちょっと遠く、ほとんどのお客は、車利用だと思います。
駐車場は結構広め。
でも、この時はすでに満車。食べ終えて出てくる人を待つ感じでした。

お寿司屋さんの端に改築されたと思われる店舗の前には、四つ葉と白く染め抜いた緑のテント看板。
その前の屋根つきガレージが待ちスペースのようで、椅子がいくつか並べられ、メニューが置かれています。
yo1




待っている間にお店の方が、注文を聞いてくれますので、着席してからは、さほど待たずに、頂けます。


店内は、カウンターと奥にテーブルふたつ。
仮店舗のような簡素な雰囲気ですが、清掃は行き届いています。

お店の中程に、お隣のお寿司やさんと繋がる扉があって、満席の時には、そちらの席に案内 される場合もあるみたい。
お寿司屋の店主さんとは、親子のようです。

なるほど、
ラーメンの他にしめ鯖の握りなどがサイドメニューとしてあるのは、そこからなのでしょう。


蛤らーめん 800円

具材は、2枚のチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、三つ葉、そしてちょっと小ぶりの殻付き蛤が5つ。

麺は細麺ストレート。硬めの茹で加減。

スープは、潮汁のようなものではなく、醤油味
最初のひと口は、蛤の風味を少し感じましたが、
食べ進むうちに薄れてしまう、というか、醤油の風味が勝ってきてしまうような。
醤油のしょっぱさが気になってしまいました。
ちょっと残念。
yo2





yo3



しかし、店主さんのツイッターによれば、
【四つ葉そばは鶏だけ、蛤そばははまぐりだけ、煮干しは煮干しだけというスープ。】との事。
手間はかかっていると思います。
醤油の割合を見直されたら、もっと蛤の旨さが引き立つのではないでしょうか?
(すみません。生意気な事を。。。)


蛤丼 300円

生姜風味の効いた蛤がたくさん乗っています。
やはり蛤はかなり小さめ。
こちらは、醤油などの味付けが薄く、さらっとあっさりした丼でした。

yo4




蛤そばも蛤丼も、上に乗っている三つ葉がいいアクセントになっています。
なんとなく和に感じられ、ほっとしました。

スタッフさんは、皆さん元気いっぱいで感じもよく、一生懸命さが、伝わってき て、思わず応援したくなる程。
いいお店になると思います。


四つ葉そば 700円

yo5




<全くの余談です>
【四つ葉】英訳すると→【フォーリーブス】
【フォーリーブス】といえば→にっちもさっちもどうにもブルドック。
     すみません。これがわかる人は、仲間です。




関連ランキング:ラーメン | 川島町その他


【 2014/03/01 】 埼玉のお店 | TB(-) | CM(-)