*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
東白庵 かりべ (こんなお店に行ってきました。)



東白庵 かりべ



土曜、夜、訪問。
お席のみ10日程前に電話予約済み。
その際、個室を希望。(個室の場合、10%の使用料が加算。)

神楽坂の路地裏のわかりにくい所にあるマンションの1階。
赤茶色のどっしりとした木材で作られた塀は、山小屋風の喫茶店のよう。
でも、その横のソテツの緑や、抽象的な壁飾り。
お蕎麦やさんには珍しい佇まいだと思う。
好みにもよると思うが、
(失礼な表現ですみません。)ヘンテコな印象の外観。
ka1




ka2




店内に入ってまず、目につくのが、(アール・デ・コというのかな?)洋風のとっても立派な椅子。
しかし、これが木を意識した内装と上手く調和されていて、なんとも素敵な空間が作られている。
外観をヘンテコなんて思った私の方がヘンテコだったのかも?と反省。(テヘヘ。笑って下さい。)
ka3




トイレの中も綺麗
ka4




奥の方の個室へ。
ふたりで使用するには広く、ゆったりとくつろげ、居心地がいい。
窓際に置かれたユニークなワニの置物など、遊び心もちらり。
ka5




外観といい、店内といい、店主さんは独特な感性をお持ちなのかしら?、と頂くお料理に期待が膨らむ。

『どんな変わったお料理がでてくるのかしら?』と思いながら注文。頂いたお料理は次の通り。

蕎麦味噌 (お通し)
ka6




才巻海老の頭の素揚げ(お通し?サービス?)
ka7





前菜盛り合わせ 1000円
  (にがり豆腐の梅肉和え・穴子煮こごり・貝柱の粕漬け・玉子焼き・空豆)

ka8




海老の味噌焼(2本)700円
ka9




白魚の酒浸しの唐揚げ 600円
ka10





もりうむどん 1000円
ka11




ka12




せいろ 1000円
ka13




蕎麦湯はさらさらタイプ
ka17




ka18




ka19




結果は、
お料理は、風変わりなものはひとつもない。
風変わりなものはないけど、どのお料理も大変美味しい。
量的には少し物足りなさはあるものの、蕎麦前の肴としては、申し分ない。

初めて頂いたもりうむどんは、店員さんの説明によれば、
「う~~む~~。」と感激で唸る程美味しいので、
もりうどん→もりう~む~どんもりうむどん 
という名前になったらしい。

おぉ、そうなんだ、と素直に聞き入れ、口にする。
確かに美味しい。
「う~~む~~。」と唸ってみた。(なんて素直なんだろう、私。)
この細くて美しいうどんは、どうやら水沢うどんらしい。(帰宅後の調べ)

続けて登場したお蕎麦もすすってみた。
「う~~む~~。」唸った。
これもまた美味しい。
喉越しがとてもいい。そして、噛めばお蕎麦の旨味が口に広がる。
ちょっと濃い目のつけ汁も好み。
こりゃ~~、【もりう~~む~~蕎麦】だわ、と勝手に命名。(笑)

日本酒は福井の生原酒 花垣 越の雫と、福島の天明、而今 を頂き満足。
ka14




ka15




ka16




ka20




ka21






才巻海老の頭の素揚げが、天ぷらやさん顔負けの美味しさだったので、
今回は頂かなかった天ぷら類も、絶対美味しい筈。
次回は是非それも頂いてみたい。
きっと唸るだろう。
「う~~む~~。」




関連ランキング:そば(蕎麦) | 牛込神楽坂駅飯田橋駅神楽坂駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

QRコード
QRコード
ブログ内検索
食べログ

掲載されました