竜海ままのいろいろ

Entries

マジシャン

私が勤める整形外科は、
田舎にあるにも関わらず、電子カルテを導入している。

これって、凄いなぁ、といつも感心している。

受付で患者Noを入力し、この患者さんが、この日、何を希望するか(診察・検査・レントゲン・点滴・投薬・リハビリ・治療)を伺い、入力する。
それだけで、患者さんは、待ち時間が少なくてすむ。
今、現在、患者さんがどこにいるかがわかるので、空いているところから、こちら(病院側)はお呼びできる。
それほど広いエリアで移動するわけではないけど、
無駄(な時間)がなく、
実にスムーズに、患者さんが望むことができるわけだから、スンバラシイと思う。

そして、もっとスンバラシイと思うのは、
受付した時や診察に入った時に、
患者さんが言った話や、問診表に書いた事(患者さんの情報)が、即座にパソコン上に載るので、
どこでも(私のいるリハビリ室でも)確認出来るってこと。
患者さんに接する際に気をつけなければいけない事とか、治療の面において、とっても役立つ。

そして(でも?笑)
この初診の際に、患者さんが記入して下さる問診表の内容が、
なかなか面白い。

なかでも、職業欄。

実際、職業ってところに記載する際、迷うのはわかる。
だって、
自分が勤めているところが、(実際の仕事内容がどうであろうとも)会社となっていれば、自分は会社員だしね。

そして、
よく見ると、趣味と職業がゴッチャになっている人がよくいて…、
すみません。
笑えます。
だって、
職業欄が、
盆栽。
とか、
登山。
とか
社交ダンス。
とか

盆栽?=バカボンのパパか?
社交ダンスのプロ?
と、思って見ながら、遠まわしに話を進めると、
そのほとんど(全員)が、趣味。
入力するスタッフが、いい加減だったりするのかな?とも思うけど、
そうでもないらしい。

『年老いてからの、趣味と仕事の区別が、実は、難しいのかなぁ。。。』
なんて、漠然と考えていた時、
職業欄に
【マジック】
という文字を発見した。

『こりゃ~~、絶対。趣味の範囲だろう』、と思っていたら、
なんと
なんと、
この方は、プロのマジシャンだった。
それも、
地方のなんたら集会所で披露するような方ではなく、
全国レベルのプロらしい、
という事が、つい最近わかった。

というものの、
やっぱり、
マジシャンって。。。
なんだか怪しく想えてしまうのは、
仕方ないよね(笑)

そんなある日、
彼女(有名マジシャン)が座って待っているところの近くの患者さんが、
3~4人姿を消した。
(実際は、連れ○○○していた(笑)のだが、)



「う~~ん
 ついに、実力発揮。
 神隠しの技を使ったわね。」
と、
リハビリ室のスタッフは、マジシャンに恐れ入った。


右サイドメニュー

QRコード

QRコード

ブログ内検索

食べログ

掲載されました