*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
和しょく えびはら (こんなお店に行ってきました。)
和しょく えびはら


梅雨入りをした土曜の夕方、
いつもの仲間と5人で、訪問しました。
(お席とお料理は、ひと月以上前に、友人が電話予約済との事。)

お店は、地下鉄牛込神楽坂駅を出てすぐ。
たとえ雨降りでも、傘が必要ない程、本当に、駅を出てすぐ横のビルの1階。
シンプルでセンスのいい店構えです。

全席数が16と、それほど広くない店内ですが、カウンター席もテーブル席もあり、
その時々によって、使い方を変えられているよう。
この日は、私達と、他にもうひと組のお客さんのふたつのテーブルが配置されていて、
カウンター席は使われていませんでした。
え1




え4




頂いた8000円のコースの内容は次の通り。

先附:蓴菜 車海老 フルーツトマトの生姜ジュレ掛け
え2




え3



酒肴 : 山くらげの胡麻酢和え 稚鮎の青さ揚げ 山もも
え5




造り:平貝 鯛 縞鯵
え6




椀 :結び鱚 万願寺とうがらし 小メロン 椎茸
え7




焼物:鮎の一夜干しと生姜のべっこう煮
え8




揚物 : 白えび もろこしの揚げ物
え9




炊合:加茂茄子とのどくろ山椒煮
え10



え11



食事:蛸めし 赤出汁 香の物
え12



え13



え14



え15



え16




水菓子 : 熊本のすいか キウイ さくらんぼ
え17




え18




彩り的に、ちょっと地味目な印象をもったものもありましたが、
どのお料理も、素材本来の旨味が充分にひきだされていて、
なんだか、しみじみ美味しいものばかり。


新鮮なお刺身や、雅鮎の青さ揚げ、のどぐろの山椒煮など、
お魚を使ったお料理が、特に素晴らしく、
生姜のべっこう煮のようにさりげなく添えられているものまで、丁寧な仕事が施されています。

この日、日本料理に詳しい友人と、お店の方の会話から、
【こちらの店主さんは、京都にある茶懐石の老舗『柿傳』さんで、修行をされたかた】 と知りました。
お料理全体から感じた上品さは、その辺りからきているのでしょうか。

本格的な日本料理のお店ですが、構える必要はありません。
水泳の北島康介選手似(もっとイケメンです。ウフ)の若い店主さんも、
和服姿の女将さんも、穏やかな方で、
店内の雰囲気は家庭的。居心地はとてもいいです。

美味しい日本酒と共に、
旬の食材を、ゆっくりと時間をかけて愉しめる、しっとりとした大人のお店
だと思います。
え19



え20



え21



え22




え23



え24



え25




え26










関連ランキング:割烹・小料理 | 牛込神楽坂駅神楽坂駅飯田橋駅

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

QRコード
QRコード
ブログ内検索
食べログ

掲載されました