Toshi Yoroizuka Mid Town (こんなお店に行ってきました。)
2014年08月28日 (木) | 編集 |


Toshi Yoroizuka Mid Town



今までアップした私の食べログの口コミを見てみると、
ケーキなど洋風スイーツのものが極端に少ない。
(お味ではなく、見た目重視でご紹介したものが、2件のみ。)

『まぁ、のん兵衛ですから、甘いものにはそれほど興味がない。』 というのは確かなのですが、
それでも、イチオウ(←強調)は女子ですので、ケーキなんぞも、普通に食べてはおります。
ただ、驚く程のものに今まで出会えていなかったため、こちらにはアップしていなかった、というのが本当のところ。

そんな私が、『こりゃぁ~~!!スンバラシイ~~!!』と唸ったケーキの事を、今回書いてみたいと思います。

知る人ぞ知る、というより、誰でもみんな知っている?(なのに私は全く知らなかった。笑)
トシ・ヨロイヅカのデザートです。

ル・ポ 420円
固めのシューがカットされたものに挟まれたクリームがやばい、もとい、コホ、美味しいです。
甘めのクリームにラム酒の風味。
下のシュー生地に、ラム酒が少し浸みていて、ちょっとサバランのような感じではありますが、
サバラン程アルコールが主張していません。
甘いものもお酒も大好きという大人のかたに、超お薦めです。
t1




t2




t3





クレーム・ピスターシュ 360円
派手な飾りつけなどはありません。
見た目、透明なカップに入った普通のピスタチオのプリン なのですが、
これは、
ピスタチオ風味豊かなとても美味しいクリームのかたまり。
ひと口頂いて、
「あぁ、お豆の味がする。」
と、デザートなのに、素材をここまで上手に活かしている事に感動しました。
そして、生クリームも沢山使われているのでしょうか、
まるで、クレーム・ブリュレのようにやわらかく、滑らかな食感です。
ピスタチオ好きなら、是非食べてみて下さい。絶対気に入ること間違いなしです。
t4




t5



今回購入した六本木のミッドタウン店は、テイクアウトだけでなく、
店内のお洒落なカウンターで、目の前でデザートが作り上げられていく様子を眺めながら、頂くこともできるようですので、
次回は、是非、アシェットデセール( 皿盛りのデザート )を目で舌で楽しんでみたいと思いますが、
お店のHPや他のかたの口コミを拝見すると、
テイクアウトのものと比べると、お値段がかなり高価になっているようですね。
CP的にどうなのでしょう。
お店の雰囲気やサービス、一瞬の芸術作品にたいする感動が、どれだけ影響するか…。
楽しみです。

今回の私の評価は、あくまで、この上記のふた品についてのものです。

※ケーキ等要冷蔵商品のテイクアウトは、保冷剤で1時間まで(無料)。
 専用の保冷バック+保冷剤なら2時間まで可能。(有料)



<余談です。>============
長女と「うひゃ~~!!美味しい~~!!」と、ニコニコ食べている横で、
ブランドものが嫌いな頑固な夫は、
「俺は、ガ○ガ○君がいい。」
と、冷凍庫から取り出して、ガリガリ。(`ε´)
「まぁ、そう言わず食べてみてよ。」 ( ・_・)ρ
と、無理やり口に入れてあげたら、
なんと素直に
「美味しいな。」
って。
そして、なんと
「どこで買えるんだ?」
と。。。
興味を持ってくれたみたい。
オミヤに期待できそうです。

フフフ。
【ブランドを知らなくても、ブランド嫌いな人でも、この美味しさは認める】って事ですね。




関連ランキング:ケーキ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅