*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
イトウダイニングバイノブ (こんなお店に行ってきました。)


イトウ ダイニング バイ ノブ



平日、昼、訪問。
ネットでお席のみ予約済。

運転超下手っぴの私には無理と思われる程の急な坂道の途中にあります。
道の反対側は、強羅公園の敷地。
お店の前に用意されている駐車場は、それほど広くなく、5台も停めればいっぱいになってしまいますが、
店舗情報では7台分と記されてますので、他にもあるのかもしれません。満車の際には、お店に尋ねて下さい。

石の階段を上った先に玄関。
(横に車椅子の方用の道もあります。)
眺望を考えてなのでしょうか?道路より高い位置に店舗を構えています。
ん1



ん2





カウンター席と、テーブル席がいくつか。
個室の場所は確認できませんでした。
お席とお席の間が広く、空間を贅沢に使っていて、大人の雰囲気の店内。

開店一番乗りだったためか、「カウンターでもテーブルでもお好きな方へ」との言葉に、
鉄板前のカウンターで、と思いましたが、
ガラスの向こうに緑が見える窓側のお席がなんだかとても気持ちよさそうで、テーブル席の方へ。
ん3



ん4




ん5



ん6



ん7



ん21




ランチタイムメニューは、
●セレクトランチ 3000円
●コンビネーションランチ 5000円
●神戸ビーフステーキランチ 8000円

の3種類。
お肉の重さをWサイズ(130g)にすることもできるようです。(勿論料金プラスで)
ん18



コンビネーションランチ 5000円 をお願いしました。

旬のスープ   旬?
ほうれん草のポタージュ。
生クリームと胡麻クリームがかけられています。
とても美味しいポタージュスープですが、ほうれん草の風味はあまり感じられません。
ん8



ん9




箱根野菜のサラダ
ベビーレタス サニーレタス コーン オクラ
どれが箱根野菜なのかは、全くわかりませんでしたが(笑)
どれも新鮮でシャキシャキ。
生姜風味のドレッシングが、夏らしく、さっぱりとしてとてもいい。
我儘を言えば、もうちょっと多めにかけてほしかった。
ん10



ん11



フォアグラのグリル (又は本日のシーフード)
大きなお皿に、ちいさ目のフォアグラ。
梅塩ベースのソースがついていますが、フォアグラはそのままで頂いたほうが美味しいように感じました。
ソースは、付け合せの大根と椎茸用として。
ん12




ん14



黒毛和牛ステーキ (この日は鹿児島産との事) 
付け合せがもやしだけなのが、ちょっと寂しい。
ソースは山葵と黒胡椒ベース。美味しく、お肉にとても合います。
焼き加減を、私はミディアムレアで、夫はミディアムでお願いしたのですが、
『この若干の違いが、こんなに柔らかさを変えてしまうのかしら?』 
と、不思議に思えるほど、
夫のお肉(ミディアム)は硬かった。
自分の柔らかいお肉と少しトレードしてあげた優しい妻でした。(←私)
ミディアムレアで をお薦めします。
ん15



ん13



パンまたはライス


デザート
ん16



紅茶または珈琲(アイスもホットも可)
ん17



それぞれのお料理に、
胡麻、生姜、山葵、梅など和のものを使ったソースが添えられていたのが印象に残りましたが、
正直、ソースがなくても充分美味しいものがほとんどかなぁ(生意気ですみません)
しかし、この辺りの拘りというか、創意工夫されている姿勢はいいと思います。(と、上から目線。笑)

サーヴのテンポはちょうど良く、接客も丁寧。
【ちょっと豪華なランチを頂いたという気分に浸れ、結構満足】の私でしたが、
夫は、ステーキの硬さが不満だったようです。

また、頂いたこのランチとセレクトランチとの違いは、フォアグラのグリルがつくかつかないかだけ。
差額は2000円。
セレクトランチが(で)いい
と思います。(笑)

私だけ飲んでしまいました。m(_ _)m
ん19




ん20




<余談です m(_ _)m>
【イトウダイニングバイノブ】
店名から推測できるように、ノブ(松久信幸シェフ)という方とイトウ(伊藤啓輔シェフ)という方がコラボしたお店のようです。
すみません。無知な私は、おふたりとも知りませんでした。(恥

そして、ここからはもっと余談になります。m(_ _)m m(_ _)m
こちらのお店とはたぶん全く関係ないと思いますが、
【イトウヨーカドー】という店名がありますよね。
この店名(実際は、伊藤+羊華堂)は、
伊藤さんと加藤さんが、再会の際に交わした言葉からついた、という話を、私はずっと信じてきました。
「伊藤!」
「よぉ!加藤!」





関連ランキング:鉄板焼き | 強羅駅彫刻の森駅

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

QRコード
QRコード
ブログ内検索
食べログ

掲載されました