川千家 (こんなお店に行ってきました。)
2014年11月28日 (金) | 編集 |


川千家



11月初旬、寅さんで有名な柴又に遊びに行った際に訪れたお店を、
いくつか書いていきます。

まずは、こちら【川千家】さん。

昔ながらの趣を今なお色濃く残している帝釈天参道に並ぶ様々なお店は、
古びていてこじんまりとした佇まいがほとんど。
その中にあって、こちらのお店は、周辺の風情を壊さない心使いが感じられるものの、
かなり大きくて立派な構え。老舗のようです。
川千1




参道側と反対側にも入り口があり、中で繋がっています。
どちらから入ってもOKですが、
食堂利用の場合は参道から、
川千2




お座敷利用の場合は反対側から、という感じでしょうか。
川千3



食堂の方へ。
ボックス席に通されました。

頂いたものは次の通り。
鯉のあらい 760円
酢味噌で頂きます。
引きしまった身は、程よい弾力。
しかし、表面がちょっと乾いてしまっているようなぱさつきを感じました。
川千4



川千5



骨せんべい 440円
普通に美味しいです。量は結構あります。
川千6





うな重(松) 4000円
うな重は、梅(2800円)、竹(3300円)、松(4000円)とあり、
これは、鰻の大きさで違うとの事。
ちょっと迷ったものの、『折角だもの』と松をお願いしましたが。。。
出てきた器が他店の通常の鰻重箱より、ふた周り位小さい。
川千7


蓋を開けて見ましたが、
やっぱり鰻も大きくない。
身は薄くボリューム感もありません。
蒸しが入った関東風。柔らかい。タレも程よい甘さです。
それほど特徴は感じられない素朴(普通?)なうな重です。
川千8




川千9




あっさりと美味しく頂きましたが、
やっぱり鰻が小さいのが残念。←シツコイ私(笑)
『ここ数年続いた高騰が今年は落ち着いた、と聞いたような気もするけど。。。』
そして、
松でさえこんなに小さいのですから、他(竹・梅)ならどうなるのかしら?』が正直な気持ちです。

他に、ビール日本酒を頂きましたが、飲み物はお値段がちょっと高め。
川千10




川千11




川千12




今回、私達は、食堂の方を利用しましたが、
お座敷の方は、会食や宴会向きのようで、
すべて個室、要予約、コース料理のみ
、となっていました。
この日は、七五三のお祝いで訪れる家族連れが目立ちました。


<独り言>  ぼそっ。
ホール担当のスタッフさんは、この日は(たぶん)全員が中年の女性。
細やかな心使いやてきぱきとした受け答えをされている笑顔の方がほとんどの中で、
おひとりだけ非常に残念な接客態度の方がいました。(詳細記載後削除依頼予想の為、省略)
このたったひとりの方の影響で、お店全体のイメージがかなりダウン。
人情溢れる柴又ですから、気さくで元気な肝っ玉かあさんのような方ばかりだろうと期待していただけに、
なんだかがっかりしてしまった柴又1軒目のお店でした。




関連ランキング:うなぎ | 柴又駅新柴又駅