てんtoてん


6月下旬、沖縄に遊びに行ってきました。
ほんの少しですが、沖縄のお店をアップしていきます。

沖縄初日、飛行機を降りてレンタカーに乗り込み、向かった先はこちら。

平日、13時30分過ぎ、訪問。
駐車場はいっぱい。
道路で待つにも、道路が狭すぎて、通行の邪魔になってしまう。
お店の方に伺うと、(この日だけかも?)近くの空き地に停めていい、との事。
ご親切に、わざわざ、お外に出てきて、案内していただきました。

蔦の絡まる鬱蒼とした外観に、ちょっと身構えて入店しますと、
テンとテン6



店内は、雰囲気がガラっと変わり、お洒落なカフェ風。
とっても素敵です。
お座敷のフロアーの先の階段を下りると、テーブル席もあり、そちらへ。
テンとテン5



メニューはシンプル。
木灰すば、古代米のおにぎり、あまがし。
ぶくぶくー茶、コーヒー(温・冷)、オレンジジュース、ビールのみ。
単品でいくか、セット(木灰すば+古代米のおにぎり+コーヒーかあまがし)にするかです。
テンとテン4



セットにした方がお得ではありますが、
ぶくぶくー茶というものを頂いてみたかったので、次のものをお願いしました。

◆木灰すば  650円
木灰を使っているらしい麺は、中太の縮れ麺。
モチっとしているものの、サクっと噛み切れるようななんとも気持ちのいい食感。
今まで埼玉で何度か沖縄そばを頂いたことはありましたが、この食感は初めてでした。

スープはあっさり系。
優しい味わい。

肉は厚めのロース肉。
脂身が少ないためか、ややパサついた感があり、
やはり薄味のためか、濃い~~味付け大好きの夫はちょっぴり不満顔。(無視しましたけど。w)
テンとテン2




◆古代米のおにぎり 160円
とても綺麗な紫色をしています。
私の知っている古代米より、もちもち、粘り気があり、しっかりとしたおにぎり。
一緒に付いてきた肉味噌を付けて頂くと、とても美味しいです。
テンとテン3



ボリューム的には、すばとおにぎりで丁度良かったように思います。

さて、食後に登場したのが、
◆ぶくぶくー茶 540円
これについては、全く知識がなく、
卓上に置かれた説明書を読みながら、ぱくりぱくり。
お茶なのに、ぱくりぱくり。
そう、これは、【泡を食べるお茶】  らしい。
これが、正直、
おちょぼ口の私(←流して下さい)には、結構食べ難い。
『スプーンを使いたいなぁ、
 でも、そんな飲み方をしたら、失礼なんだろうなぁ、』
と思い、迷い、悩み、
結局、夫のアイスコーヒーに付いてきたストローで飲み干した大馬鹿者(私)です。
本当は、下に沈んでいたお茶を先に飲み干した私がいけなかったみたいです。
テンとテン1



※一般的な飲み方
スプーンやお箸などを使わずに、 両手で茶わんを持って、
盛られた泡を上からパクッと噛むようにして飲む。
茶わんの中にあるお茶を先に全部飲んでしまわずに、
泡が少なくなってから、お茶を飲むと良い。
茶わんに残ったご飯や泡は、指ですくって食べる。


泡が口の中で溶けていく食感を楽しむようです。
気短な人には、向いていないかもw
お味もとても美味しいという程ではありませんでした。
でも、
ぶくぶくー茶は沖縄にしかない珍しいお茶。
体験できてとても良かったと思います。



関連ランキング:沖縄そば | 安里駅


沖縄のお店
« Prev | HOME |