由す美 (こんなお店に行ってきました。)
2017年06月02日 (金) | 編集 |


由す美



熊谷からの帰り道、
以前から気になっていたこちらのお店を訪問しました。
由す美1



住宅街の中ではありますが、広い道路に面していますし、
駐車場も広く、停めやすいです。

店内は、右側に10人以上掛けられる長テーブルと、
正面の小上がりには、丸い座卓がいくつか。
長テーブルの方に。
由す美8




由す美3



「天ぷら等揚げ物や、うどんが美味しい」との先行レビュアーさん達の口コミから
◆天せいろうどん 
そして、夫がどうしても食べたいと言う
◆カツカレーうどん
をお願いしました。

◆天せいろうどん 1360円
天ぷらは、ぷりぷりの立派な海老や旬のお野菜等も使っていて、
揚げ方もいい。
うどんは、武蔵野うどん、でしょう?w
もっちりとしたコシのある美味しいうどんです。
1360円というお値段は、高めのように思う方もいらっしゃるでしょうが、
大きな車海老を2本も使っていますし、
その美味しさから、納得のお値段のように私は思いました。
由す美5




由す美7



◆カツカレーうどん 1150円
名前通り、カレーうどんにカツがのったもの。
さっくりと揚がったロースカツがカットされてのっています。
カレー汁はややこってり。
食べ進めていくと、ちょっぴり塩分が多めのように感じました。
うどんは、汁の中にあっても、やはりコシのある美味しいうどんです。
由す美6





◆舞茸天ぷら
由す美2


この他にも、チーズinクリームシチューうどんや、
ご飯とうどんが一緒になったカレーうどん丼など、楽しそうなメニューも沢山あり、
いろいろ頂いてみたいお店です。
理由は、美味しさばかりではありません。
ホール担当の女将さん?の接客が、兎に角、素晴らしい。

笑顔でお店を後にしました。

我が家から車で少しかかりますが、再訪してみようと思います。



関連ランキング:うどん | 行田駅持田駅


鮨 久いち (こんなお店に行ってきました。)
2017年05月29日 (月) | 編集 |


鮨 久いち  再訪


初めて訪れた時に、
●ボイルされ頭の味噌も一緒に握られた車海老
●絶妙に炙られニンニクの香りがつけられた大トロ
●握られる直前に叩かれ、悶えるようにシャリに抱きつくとり貝

この3種類の握りのあまりの美味しさに感動すら覚えた。
http://kotaroumamachun.blog61.fc2.com/blog-entry-899.html

再訪を願っていたものの、なかなか機会がなく、
3年近く経ってしまっていた。(苦笑)

土曜、昼、訪問。
カウンター席を予約済。

店内の清潔感も、ぐっさん似の店主さんの明るさも、変わらず。
この日は、半個室もカウンター席も満席。
給仕担当の女性や奥の厨房にもお弟子さん?店員さんの数も増えて、
お店の雰囲気はちょっと変わったように感じられた。

◆おまかせ握り(握り15貫・巻物3種類・お椀・若布の酢物)8800円 を。
シャリのサイズは小さめ。
「大きくも小さくもできます。」との事。
握り加減は固すぎず柔らかすぎず、口に入れた瞬間、はらりと広がる。
タネの質も良く、美味しい握りであることは間違いない。
CPもいいと思う。
久一2-1




久一2-2




久一2-3




久一2-4




久一2-5




久一2-6




久一2-7




久一2-8




久一2-9




久一2-10




久一2-11




久一2-12




久一2-13




久一2-14




久一2-15




久一2-16




久一2-17



ただ、
前述の3貫が食べたくて、前と同じコースをお願いしたのだが、
残念なことに、
●車海老には、頭の味噌はなし。
●トロの炙りはなし。(高価なものなので、炙っては勿体無いらしい。)
●貝は、悶えなかった。




関連ランキング:寿司 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅


悠久 (こんなお店に行ってきました。)
2017年05月28日 (日) | 編集 |


悠久




GW、ひたちなか海浜公園のネモフィラを観に行った帰りに、訪れました。
ひたち5





開店時間より少し前に大洗に着いた為、
大洗漁業協同組合近くの直売センターで、ウニの貝焼きや牡蠣などを食べながら時間を潰していると、
目の前の食堂大洗町漁協かあちゃんの店には、待ちの長い列ができています。
『もしかしたら、悠久さんも、同じかも。』
と、慌ててお店へ。
同じでした。トホホ。
並び始めたのは開店30分前でしたが、一巡目には入れず、約1時間以上待って入店できました。

カウンター席と、小上がりに大きな座卓が3つ。
カウンターの奥の方に着席。
すぐ横で、カウンター越しに会計をするため、なんだか落ち着きません。w

◆まぐろ丼 1540円 を頂きました。
厚めに切られた中トロ4枚と赤身4枚、中落ちもあります。
最後にガリをたっぷり乗せてあり、パッと見、それほどではないように思いますが、
まぐろの量はかなり多めで、立派です。
中トロは脂の入り方もちょうどよく、とても美味しいものでした。

悠久1




悠久





この丼に、お漬物とお味噌汁がついて、このお値段はいい。
お味噌汁の中には、しらすがたっぷり入ってはいましたが、
しらすのお味はほとんどなく、普通のあら汁でした。
あ、でも、美味しかったです。
悠久4




悠久3





◆がっつり丼 2060円
夫は、まぐろだけではなく、いろいろなお魚が食べたいと、こちらを。
まぐろをはじめ、帆立や海老、いくらなど12種類の魚介が入っていました。
夫の感想
「おいしかったけど、
 やっぱり、ママと同じまぐろ丼にすればよかった。」
 フッ(-.-)

車だったので、ノンアルコールビールを頂きましたが、
あまり冷えておらず、オイチクナイ。
悠久5




悠久6




悠久7




悠久8




これだけの人気店ですから、大変なのはわかりますが、
板さんはじめスタッフさん達の元気の無さ。
お疲れな様子に、こちらのテンションも下がってしまう程。

まぐろ丼は確かに美味しかったので、まぐろ好きなかたにおすすめしますが、
サービスや雰囲気などを気にする方には・・・。



関連ランキング:寿司 | 大洗駅


つちのこ (こんなお店に行ってきました。)
2017年05月27日 (土) | 編集 |


つちのこ 再訪


前回、2次会的な使い方(飲み目的)で訪問。
お料理も美味しいお店と知った。

土曜、夜、3人で再訪。

狭い店内、相変わらずの人気。賑わっている。
奥の小上がりもカウンター席もテーブル席も、すべていっぱい。
カウンターの方に着席。

トリビー(←とりあえずビールの事。懐かしい言い方だw)と日本酒。
お料理は、本日のおすすめメニュー等を見ながら、次のものをお願いした。

◆生ゆばとろ刺 650円
つちのこ2-7



◆ホタルイカ沖漬け 480円
つちのこ2-4



◆白子ポン酢 650円
つちのこ2-3



◆栃尾の油揚げ 450円
つちのこ2-17



◆えびからタルタル 680円
つちのこ2-10



◆納豆巾着揚げ 380円
つちのこ2-15



つちのこ2-16



◆鰤かま焼き 680円
つちのこ2-11





◆らーめんサラダ 680円
つちのこ2-5



◆せせり串(3本)480円
つちのこ2-6



◆とり皮串(4本)500円
つちのこ2-12



お通し
つちのこ2-2



期待通り、居酒屋さんのお料理としては、充分満足なレベル(←偉そうにすみません)
沢山揃えてあるメニューのどれをたのんでも、
まず失敗は無いだろう的な安心感すら感じられた。

口数は少ないが好印象の板さんは、
やっぱり好みのタイプ。るん♪ w
お料理もお酒も美味しく、
加えて、なんだか妙に楽しかったのは、
カウンター越し間近に、板さんを見ることができたからか?w
お店の造り自体は、正直趣きもないし、若干席も狭いが、
もうそんな事は、全然許せる。w
再訪は確実。
つちのこ2-1



つちのこ2-9



つちのこ2-14



つちのこ2-13



つちのこ2-8


美味しいお料理が頂ける居酒屋さん。
桶川駅周辺では、貴重な存在
だと思う。



関連ランキング:居酒屋 | 桶川駅


サリュート (こんなお店に行ってきました。)
2017年05月17日 (水) | 編集 |


サリュート 再訪


2017年5月 昼 再訪

前回は、冬限定の白いボルシチを頂いたので、今回は赤いボルシチ目当て。

◆ピロシキランチ(飲み物付き) 1180円
(サラダ・ボルシチ・ピロシキ(プレーン)・アイスコーヒー)
を頂いた。
   
市内の農家のビーツを使っているというボルシチ。魅惑的な深紅色をしている。
その中央にはサワークリーム。
ビーツの他、玉葱や人参、柔らかく煮込まれた牛筋肉。かなり具沢山。
まろやかで、深みもあり、とても美味しい。
サリュート2-5


ピロシキも具沢山。
香辛料の量は控えめ。素材の美味しさが感じられる優しいお味。
こちらのお店のピロシキは揚げずに、焼いてあるためか、
全く油っこくなく、いくつでも食べられそう。
サリュート2-4



サリュート2-3



サリュート2-1




テーブルの上にあるメニューを見て、とても気になったものを追加で頂いた。

◆カツ丼ピロシキ 300円
名前の通り、ピロシキの中身はカツ丼
真ん中のカツは、ヒレ肉を使っていて、とても柔らかい。
たっぷりの玉葱とグリンピース、煎り玉子、玉子が絡めてあるご飯。
お味も、まさに、カツ丼。
ピロシキ自体は、他のものと同様、焼いたものなので、
全体的には思った程はこってりしていない。
失礼ながら、料理名を聞いた時は(見た時は)、
こんなに美味しいとは思わなかった。
サリューロ2-6



サリュート2-2


このカツ丼ピロシキは、
お客さんのリクエストに応えたもの、との事。
人気アニメ『ユーリ!!!on ICE』に登場したものに近いものを、
オーナーさんが試行錯誤しながら完成させた。
いや、参りました。

最近は、このカツ丼ピロシキを目当てに、遠方から訪れるかたも多いようで、
私達のお隣の席のかた達は、東京から、このピロシキの為に・・・、だった。
数量限定なので、お出かけ前に、電話予約した方がいいと思う。

アニメ、と言えば、
こちらのオーナーさんが描くイラスト、とても上手。
テーブルに置いてあるノートに、お客がコメントを書くと、
オーナーさんが、お返事とイラストを描いて下さる。

美味しいボルシチやピロシキ、
可愛らしいオーナーさんのサービス溢れる素敵なお店

訪れる度に、どんどん好きになりそう。



関連ランキング:ロシア料理 | 桶川駅