梅乃寿司 (こんなお店に行ってきました。)
2017年04月17日 (月) | 編集 |


梅乃寿司


住宅街の中にある。
最寄り駅は、函館市電の柏木町だが、五稜郭から歩いてもいける距離。

平日、昼、訪問。
梅の寿司2



梅の寿司1



L字型カウンターに数席。小上がりに座卓、個室もあるようだ。

カウンターの方に着席。
つけ場越しに中庭を眺める事ができる。
握りは2人の板さんが担当。

お昼の握りコースは3つ。
其々のお値段は忘れたが、おまかせの一番高いものでお願いした。
一番高いと言っても4000円台だった。かなりお手頃価格。
尤も、予約時にもっと高いコースもお願いできたようだが・・・。

ビールも飲みたかったので、つまみに、
◆鮟肝
◆あぶらぼうずの西京焼き

もお願いした。

握りは、すべて丁寧な仕事が施された江戸前鮨。
シャリ、ネタ共に小ぶり。バランスはいい。
中トロはじめ蟹、いくら、うに、帆立といった高価なネタも使われ、
大好きなうにが、塩水うにで、とても美味しい。
熟成したものを使っているという鮪(中トロ)は、とても美味しく、
「お鮨に使う魚は、新鮮な魚ほど美味しいというわけではない。」
というお話も伺い、その通りだとしみじみ思った。

食べログ函館No1のお鮨やさん。
写真撮影禁止。
未就学児の入店は相談が必要。

となると、職人気質を振りまく気難しい板さんかしら?と思ったが、
そんな事は全く無く、笑顔で対応して下さる。
ただ、
握りの出されるペースが早く、
食べ終えるとすぐに次が出され続け、
あっという間に食べ終えてしまいそうに。w
(私は、握りは、出されたら、すぐに食べるものとしている為)
最初から、「ゆっくり目で出して下さい。」とお願いすればよかったかな。

観光客目当てのお店ではない。
違う言い方をすれば、北海道らしさを求めていくと、
ちょっぴりがっかりするかもしれない。
ネタは地元のものを多く使っているのだろうが、
珍しいネタはなく、
どれも美味しいのだが、特に印象に残ったものがなかった。
しかし、
CPはとてもよく、気軽にお鮨を頂けるいいお店だと思う。



関連ランキング:寿司 | 柏木町駅杉並町駅深堀町駅


ラビスタ函館ベイ
2017年04月13日 (木) | 編集 |


ラビスタ函館ベイ


朝食が美味しいと噂のこちらのホテルに2泊した。

大正ロマンをイメージした客室からは、函館山、元町教会群等の函館夜景を満喫できる。
目の前には金森赤レンガ倉庫、朝市までも徒歩で行ける、観光するには立地的にも最高。
ラビスタ8



ラビスタ10


最上階にある露天風呂は天然温泉。15時00分~翌10時00分利用できる。
館内は大変綺麗に清掃されていて、
スタッフさんの対応もとても丁寧。

客層は、隣国のマナーの悪い方達も少しいたが、
日本人の若いカップルやグループが多く、年配者は少ない。
ラビスタ6



ラビスタ7




ラビスタ16




お部屋には、珈琲豆とミルが置いてあり、
自分で挽いておとして飲むことができる。
ラビスタ5



カップ類も、絵柄が統一してある。
ラビスタ11




さて、期待の朝食。
2階にある朝食処「北の番屋」で頂く。
入り口に20~30人の列ができていたが(両日とも)
それほど待たずに席に案内してもらえる。
四角いビュッフェ台の左右に同じものが並び、
ふた手に分かれて取っていける形となっているため、
思った程の混雑にはならない。

炉端焼きコーナーには、ししゃもや鮭、イカ、じゃがいもなどが焼きたて状態。
鮭やベーコン等は、他ホテルの朝食ビュッフェに並ぶものより厚みがある。
ラビスタ2



海鮮コーナーには、いくら、イカ、サーモン(マグロ)、たらこ、甘海老などが綺麗に並び、
取り放題
 (いや、すべてがとり放題なのだけど。w)
自分で好きなネタを選んでオリジナル海鮮丼を作る。
ラビスタ1



勿論、お刺身として取って、白いご飯で頂いてもOK。
台の中でテキパキと動いている係りのおばさんが、
次から次にネタを補充、とても綺麗に盛り付けている。感心する程。
(お客さんが沢山いたため、写真撮影はなし。綺麗な状態を見て頂けなくて残念。)

帆立の味噌汁(2日目は蟹の味噌汁)や蒸篭で蒸された地場野菜、
ひと口サイズのイカ飯など北海道らしいものも、さりげなく並んでいる。
ラビスタ3



「カツゲン」という北海道限定販売の乳酸菌飲料もあった。

お料理の種類はとても多く、すべて頂くのは、普通は無理。
私は、今回、ほとんど頂いていないが、洋食もの(パンやサラダ、揚げ物やハム等)も勿論ある。

デザートは、プリンはじめ3種類ほど頂いたが、どれも美味しかった。
ラビスタ4



朝食タイムは、 6時30分~10時00分。
開店前には列ができていることがほとんどのようだが、
早くに行かなくても、補充が常に良くされているので大丈夫。
ゆっくりと好きな海鮮丼を頂ける。

こちらのホテルから、函館朝市場まで、徒歩で行けるが、
わざわざ朝市に行かなくても、ここで海鮮丼が頂けるのはいいと思う。
天候の悪い時などは尚更だ。
うにや蟹はないが、いくらは、前日、朝市の某店で頂いたものよりずっと美味しかった。
こんなにいくらを思いっきり食べられたのは、生まれて初めて。幸せだった。w
いくら好きな人に、超オススメのビュッフェだ。



関連ランキング:旅館 | 魚市場通駅十字街駅末広町駅(函館)



馬子とやすべ (こんなお店に行ってきました。)
2017年04月07日 (金) | 編集 |
馬子とやすべ


「北海道で海鮮丼を食べたい。」
と、夫が急に言い出し、
函館に行ってきた。
2泊3日の旅。
観光もしたが、主なる目的は、海鮮丼はじめ海のものを食べる事。
無事に旅を終え、帰宅した時は、しばらくは、生の魚は食べなくていいなぁ、と思った。
(実際は、翌々日には、もう食べたがw)
訪れたお店を少しアップしていきます。
よろしくお願いします。

まずは、
函館の朝市で、海鮮丼。
同じようなお店が沢山並び、どこに入っていいものやら、とても迷う。
珍しく(?)下調べを充分にしてきた夫が、こちらのお店に決めた。

どんぶり横丁という建物の中にある。人気店のようだ。

気に入ったのは、呼びこみをしていない事。w
店内に入ると、函館朝市に来ているのを忘れてしまうような
街中にある普通の食堂の雰囲気なのは、ある意味残念な気もするが、
何より、店内はとても清潔で、安心。

沢山ある丼メニューの中から、次のものをお願いした。
あ、ビールものんだ。(朝から、ビール。なんて素敵。w)

◆生うにいくら丼 2160円
酢飯ではない普通の白飯の上に、生うにといくらが、4:6くらいの割合でのっている。
生ウニは、苦味などは全くなく、美味しい。
いくらは、醤油漬けにしてあるもの。
まさかのピンポンいくらではないと思うが、
皮がちょっぴり硬く、期待程ではなかった。
馬子とやすべ5



馬子とやすべ4



馬子とやすべ6



◆朝市五色丼 1500円 (夫の)
生うに、いくら、サーモン、甘海老の4種。あとのひとつを、蟹か帆立、好きな方を選ぶ。
見た目も豪華。
甘海老を1本味見させてもらったが(奪ったとも言う)、甘くて美味い。
↑の生うにいくら丼と比べて、660円も安く、いろいろ楽しめていいように思う。
馬子とやすべ3



◆活イカ刺  時価、この日は1300円。
舟形の器に盛られて登場。
透明で綺麗なイカ。そして、まだもにょもにょと動いている足。ウヒャ~~。
馬子とやすべ2



馬子とやすべ1


お店の方に、この足を刺身にするか?焼くか?聞かれ、
焼きでお願いした。
(わたしゃ~、実は、心優しいので、動くものを口にできない。)
10分程待ち、焼かれた足に生姜が添えられてでてきた。
ビールに海鮮丼、イカ刺しと冷たいものばかり口にしていたのもあってか、
この温かさが嬉しかった。(そうそう、ここは北海道だったんだわ。)
馬子とやすべ7


シコシコとした食感が良かったイカ刺しは、美味しく、
当たり前に新鮮なのがよくわかったが、
イカのワタがなかった事は残念だった。新鮮なワタを食べてみたかった。


馬子とやすべ8



馬子とやすべ9





関連ランキング:海鮮丼 | 函館駅函館駅前駅市役所前駅(函館)



ウチキパン (こんなお店に行ってきました。)
2017年03月26日 (日) | 編集 |


ウチキパン


横浜元町界隈を散策していると、
こちらのお店の袋を持った人が沢山いる事に気付いた。
ウチキパン1


さりげなく、そしてじっとw、袋の文字を読み取り、スマホで検索。
お店を目指した。わたしゃぁ、ミーハーなのだ。(←古い言い方だ。

ガラス張りの店舗は、極々普通の街のパン屋さんという感じ。
しかし、レジ待ちの列が、お店の外までできている。
一瞬並ぶことを迷ったが・・・、 並んだ。
その列に並びながら、陳列されているパンを選んでいく。
後戻りは、チト難しい雰囲気。w
惣菜系、菓子パン系、そして食パン。
お客の皆さんは、最後に必ずと言っていいほど、食パンをトレイにのせる。
真似て、私も。w

食パン(正式にはイングランドというらしい)をはじめいくつか購入。帰宅後頂いた。

◆イングランド
どっしりとした重み。
ふんわりとした生地だが弾力がある。
そのまま食べても美味しいが、トーストするとさらに美味しい。

◆ライブレッド(クリームチーズ入り)
ドライフルーツが生地の中に入っている。
クリームチーズの風味が感じられ、また、パン生地との相性も抜群。
ウチキパン3



◆メープルクーヘン
メープルシロップが生地に練りこまれているのだろうと思う。
パン生地自体が甘くて美味しい。
ウチキパン2


  
◆カレーパン
オーソドックス揚げカレーパン
生地には、きちんとターメリックが塗り込んである。
カレー自体は辛さ控えめではあるが本格的

◆アップルパイ
細長いスティック型。
食べやすい形なのだが、表面のジャムがちょっぴりベタベタしていて食べにくい。
ただ、お味は、かなり私好み。
バターの風味がとても豊かで美味しい。

一番高いのが、イングランドで300円超えではあるが、
他は、100円~200円という値段設定。
人気店&元町というお洒落な場所にしては、かなり良心的

お店のスタッフさんも、中高年の普通のおじさんおばさんがほとんどで、
なんだかとてもいい。

明治時代から続いている老舗らしいが、
その老舗という肩書きに甘えることなく、
(たぶん)時代に合わせて、創意工夫をしているのだろう。

近くにあったら、とっても嬉しいパン屋さんだ。



関連ランキング:パン | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅


横濱元町 霧笛楼 (こんなお店に行ってきました。)
2017年03月23日 (木) | 編集 |


横濱元町 霧笛楼


横浜元町にあるお店です。

1階はテーブル席+カウンター席、2階は個室、3階は宴会場。
1階の方へ。
開港当時から続く横濱のプチホテルのラウンジをイメージしたというメインダイニング。
確かに趣きはあるものの、半地下となっている為か老朽化の為か、明るさはありません。
お席の間隔も狭く、思い描いていた程の雰囲気の良さは、残念ながら感じられませんでした。

ランチメニューは、3800円、5500円、8000円の3種類。
8000円のコースをお願いしました。

【百段坂ランチコース 全6品】
◆北海道産・帆立貝とフランス・ブルターニュ産アワビのタルタル
国産・緑アスパラガスのブランマンジェ
ロワール産・白アスパラガスのブルーテ ほのかなトマトと炭火の香り

霧笛楼3



霧笛楼20



◆フレッシュ・フォアグラ(欧州・スペインより空輸)の網焼き
春カブのリゾット シャンピニョン・パリのソース トリュフ風味
牛蒡のフリットとシブレットを散りばめて

霧笛楼8



霧笛楼9


◆ほうぼう(白身魚)の「西洋風・茶碗蒸し仕立て」
フランス産・乾燥レンズ豆のソースと日本のフレッシュな豆類を添えて

霧笛楼11



霧笛楼10


◆カナダ産オマール海老のソテーとそのビスクスープ
春野菜(新キャベツ、うるい、菜花など)の自家製・乾燥トマトと粒マスタードの風味 レモンビネガーのソース

霧笛楼12



霧笛楼14



霧笛楼15



◆鴨(バトー・ド・カチャ)胸肉のポワレ 
ポテトのアンナ風とLED横浜菜園サラダ添え

霧笛楼16



霧笛楼17


◆春のデザート三種「トライアングル」
パイナップルの氷菓子 アールグレイティーと西洋ねずの香り
赤いフルーツ類とホワイトチョコレートのパルフェ
旬の柑橘類とそのコンフィチュール合え ヨーグルトのソース

霧笛楼18



◆飲み物と小菓子
霧笛楼19



霧笛楼21



長い料理名を読んで頂ければ、お料理の詳細はわかるかと思いますw

個性的な絵皿に綺麗に盛り付けられたお料理は、
フレンチではあるものの、和も取り入れているような、
所謂創作フレンチの類かと。
アワビやフォアグラ、オマール海老と、高級食材が使われ、
お皿毎に工夫されたソース。
2皿目のフォアグラの網焼きとトリュフ風味のカブのリゾット等は、
美味しくて、思わずうなってしまいました。w
ただ、最後のお皿(鴨胸肉のポワレ)は、非常に残念。
胸肉の淡白さに加えて、硬い。ウゥゥ。
運悪くスジの部分に中ってしまったのか、いつまで噛んでいても無くならず、
とても困りました。
霧笛楼2



霧笛楼6



今回頂いた【百段坂ランチコース】は、
霧笛楼開店35周年を記念した、この冬特別のスペシャルコースらしい。
え?
ん?
開店35周年?
もっと昔からの老舗かと思っていたのは、私だけでしょうか?w

消費税の他にサービス料(1階は10%、2階は15%)がかかります。
飲み物のメニューに、ワイン、シャンパンがありません。
「グラスで少し頂きたい。」とお願いしたところ、
「お料理に合ういいワインをご用意致します。」
と。。。
メニューを見せて頂けなかったので、ちょっぴりハラハラしたのは内緒。w
お会計見て、やっぱり高いなぁと思ったのも内緒。ww
霧笛楼5





関連ランキング:フレンチ | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅